中国・オルドス野生動物園七姉妹の午後のひととき

2017/03/18 (2日目) 続き

おやつの後の七喜(チーシー)、自分の手やお腹についたケーキクズを舐め取り終わると、今度は体の痒い所を一通り掻きます。のんびり、まったり。通常パンダは痒い所を掻くときには後ろ足を使いますが、七喜は手(前足)も使うのが特徴的です。

リラックスする七喜


カイカイ・・・あっちこち気になる所を掻きます。七喜のカイカイショーはよく見られる仕草で、まるでギターを弾いているようだとも言われます。七喜たちのママ、奇福(チーフー)も同じような仕草をします。

手を使ってカイカイする七喜


おやつの後、まったりする七喜の動画です。



一通り体を掻き終ったらやっと重い腰を上げ、のんびりと歩いて、食べ物を探しに行きます。
クンクン、主に匂いで食べ物を探しますが、おいしそうな匂いがしない・・・。

食べ物を探す七喜


七巧(チーチャオ)がそばに来て、また一緒にコロンしました。おっと危ない、もう少しで踏んじゃう所でしたね。パンダはトイレの場所が決まっていません。

転がる七姉妹


しばらく諦めずに食べ物を探します。でも、朝ほとんど食べてしまったので、選り好みして捨てた固い部分とかしか残っていないようです。

タケノコの固い部分を食べる七喜


食べ物がないと分かると遊びの時間になりました。と言っても、取り合えずお散歩する七巧の後ろを七喜がついて歩くといった感じです。七喜は他の子とベタベタするタイプではなく、一人でのんびりしている子でしたが、オルドスに来てすっかり性格が変わったようです。

七巧を追う七喜


七巧の後をついて歩く七喜。一番外側、私たちのいるガラス壁の際も歩きます。人に見られる事に慣れているので、人を避けることもありません。

パトロール七姉妹


足元の部分は二重の網になっていてガラスがありません。私がしゃがむとパンダ達の呼吸がよく聞こえます。距離10㎝といった所でしょうか。隣にいたどこかの子供が食べていたパンの匂いにつられて寄ってきたのかも知れません。鼻息が荒く聞こえます。

息遣いが聞こえる網越しの対面


パンダたちは時に食べ物を見つけ、唐突に遊び、きままな午後をそれぞれ楽しみます。
私たちもちょっとお腹空いてきたので、シリアルバーとか食べながらパンダたちの楽しそうな様子を見守ります。

食べ物見つけた七喜と丸太の上で遊ぶ七巧

七巧の方へ行く七喜


お水を飲みに行ってもトレイのお水をこぼしてしまう七喜。遊びモードのようです。

お水をこぼす七喜


七巧とまた合流して転がります。手前が七巧、一緒に転がるのは楽しそうです。

転がる時はいつも一緒


今度は赤と青のボールがぶら下がるエリアに行って遊びます。左が七喜、右が七巧です。

活発な七喜


大人しい子だった七喜がすっかりよく動く子になりました。

七喜


転がる七姉妹の動画です。仕掛けているのは専ら七喜の方ですね。動画を見るとお気付きかと思いますが、園内にハッピーバースデーの歌が流れています。実は朝からずっとでもう耳について仕方ありません。一体誰の誕生日なのでしょう??七姉妹の走り去る音がドスドスと響きます・・・。



次回、遊び疲れて寝る七姉妹などをレポートの予定です♪
(ブタペストからの更新でした)

中国・オルドス野生動物園七姉妹のパンダ釣り

2017/03/18 (2日目) 続き

12:15 お昼時のお客さんがたくさんいるこの時、ちょうど午前中のお昼寝から起きた双子パンダの七巧(チーチャオ)と七喜(チーシー)、飼育員さんが塀の上からおやつを差し入れます。パンダはかわいく見えて凶暴、直接餌やりはできないので、釣り竿のような長い棒で渡します。この様子から通称パンダ釣りと呼ばれています。まずは姉の七巧がパンダケーキをゲットです。

オルドス野生動物園パンダケーキをもらう七巧


妹の七喜もやってきてパンダケーキをもらうと、すぐにコロンの横になって寝食いし始めました。パンダケーキはちょうど中国の月餅くらいの大きさで、穀類などから出来ています。大抵のパンダはこのパンダケーキが大好きなようです。

パンダケーキを食べる七喜


食べ終わるとこぼれたクズを丁寧に舐めます。手に着いた破片なども手を洗うかのようにきれいに舐め尽くします。こちらは七喜です。

舐め手七喜


七巧はこのパンダケーキを食べるのがいつも遅いです。のんびりとマイペースで食べています。成都パンダ基地にいた頃はのんびり食べていると仲間たちに襲われる危険があったのですが、姉妹二人きりだとそんな心配もあまりなくなりました。

のんびりパンダケーキを食べる七巧


七喜はお腹に落ちたクズも残さず舐めとるのに夢中です。パンダの体はとてもやわらかく、人間だったら腹筋背筋鍛えないとできないポーズもへっちゃらです。

お腹に落ちたクズを拾う七喜


そして七巧が2つ目のパンダケーキをもらいました。おねーちゃんずるい、私に頂戴、そんな感じで七喜が寄っていきます。七巧は手(前足)でさりげなくブロックです。

七巧それ譲ってと言う七喜


そこへすかさず飼育員さんが七喜の鼻先に次のパンダケーキをぶら下げました。
七喜の頭の中は目の前のケーキでいっぱいになります。

ほら七喜の分だよ


七喜はパンダケーキを追いかけて立ち上がります。
足が短い?いえ、足の黒い部分が短いだけです。

張り切って立ち上がる七喜


両手を広げうまくバランスを取りながら二足歩行でパンダケーキを追いかけます。
飼育員さんはパンダの後ろ足を鍛えたり運動させる目的でわざとこうして歩かせているのです。

歩いてケーキを追う七喜


パンダケーキをゲットしたら七巧の隣に座って仲良くおやつを味わいます。
成都パンダ基地にいる時からたくさんいるパンダの中でもアイドルのように人気のあった双子姉妹、パンダのかわいらしさをアピールしながら写真撮ってと言わんばかりのツーショットを披露です。

並んで仲良くおやつを食べる七姉妹


パンダケーキがおいしいので、段々寝食いになります。この姉妹はおやつを高々と持って食べるので、仲間が多かった時は、簡単におやつを横取りされていました。今は誰も横取りする仲間はいないので、無防備におやつを楽しみます。

挙げ手高々でおやつを食べる七姉妹


パンダ釣りの様子、動画も用意しました。
(一つめのケーキの余韻を楽しんでいる七喜から2つめのケーキを食べる所が映っています。子供にどつかれ手ぶれはするし、ブブゼラが鳴ったりやかましい様子がわかるかと思います。)



ケーキを食べ終わると、あーおいしかったと言うような満足気な表情を見せる七巧、七喜はまだ起き上がれません。成都にいた頃などはパンダケーキの後には大好きなリンゴをもらっていたのですが、今日のおやつはケーキ2つで終わりのようです。

ごちそうさまの七巧


七喜はおやつの後、ひたすら手などを舐めて余韻を楽しみます。七喜、本当に手舐め好きだね、と七巧が呆れ顔で見ているようにも見えます。

余韻タイムに入った七喜を見守る七巧


ケーキはちょとボソボソするので七巧はお水を飲みに行きました。七喜はおやつの後はしばらく動けません。

水を飲みに行った七巧


七巧は一足先にタケノコの食べ残しを漁りに行きました。どっしりとした座り方、もうすっかり大人パンダの体格です(2歳なのでまだ子供です)。

タケノコの食べ残しを食べる七巧


次回もかわいいパンダの様子をレポートします♪
(ハルシュタットからの更新でした)

中国・オルドス野生動物園虎豹館~パンダ館

2017/03/18 (2日目) 続き

11:05 虎豹館の館内にも入ります。入口に売店と休憩スポットがあり、左右にたくさんの室内展示場が広がっています。猫科の動物のためだけの施設ですが、規模が大きいです。

オルドス野生動物園虎豹館屋内


ですが、動物一頭あたりのスペースは小さいです。日本のワンルームマンションの一室くらいかな、ロフト付ではありますが、狭くて可哀想な感じです。ホワイトタイガーがウロウロと同じ行動を繰り返しています。

オルドス野生動物園の白虎


こちらの虎はすごい決め顔です。実は私の隣に来た子供が持っている風船をガン見しているのです。

ふわふわ浮かぶ風船を見ている虎


豹もうらめしそうに人間をにらみます。そう言えばこの動物園の名前はオルドス野生動物園、どのあたりが野生なのか頭をひねりたくなります。広大な敷地があるのだから、もっと野生に近い環境を用意することはできるような気がするのですが・・・。

うらめしそうな豹


こちらはリンクス、山猫です。せっかく寝ていましたが、そろそろ人間たちがやってくる時間、あーあ仕事の時間かといった顔に見えます。

オルドス野生動物園の山猫


一通り見たら外に出ると、先ほど子ライオンたちを見たのと逆の方の外にも虎たちがいました。どうやらたくさんいるので1頭1頭の運動場スペースは細長いようです。

外でポーズを取っているホワイトタイガーと虎


疲れてきたので、レストランの方へ行く事にします。亚洲区には虎豹館以外にもいろいろあるようですが、また明日の楽しみということにしておきましょう。この丘は亚洲区のほんの一部です。

オルドス野生動物園亚洲区


園内にはあちらこちらにこうした地図や道案内があります。道が平坦ではないし、移動は距離があって大変です。なので、みな観光車の順路に従って見学をしているのも納得です。

オルドス野生動物園の道案内


観光車はプチトランの他にもいろんなタイプがあるようです。動物の絵柄のオープンカートや、大小バスサイズのものなどいろいろです。そして動物園スタッフの車も同じようなものがあるので、どれが乗っていいものか私たちにはわかりにくいです。こちらはパンダ柄の車です。

広い園内は観光車で移動するのが一般的


11:40レストランに到着です。入口からはかなり奥まった場所にあります。
虎豹館など数か所にお菓子や飲物など売っている所もありますが、基本的にちゃんとした食事ができるのはここだけのようです。

オルドス野生動物園のレストラン


と言っても小さなレストランでした。2つに分かれていて一方はハンバーガーとかありそうなお店でしたが、営業していないようです。土曜にやっていないということは潰れたか繁忙期の季節営業だけみたいですね。唯一のレストラン、メニューは中華のみです。夕食も中華になるだろうし、写真を見ると微妙なのでここで食べるのは止めました。

オルドス野生動物園のレストランは中華のみ


お腹が空いたら持ってきたカロリーメイト的な食べ物を食べることにしようという事になりました。コーヒー一杯すら飲む場所がなくてダンナは落胆しています。
レストランの前にはライオンがいたので、それを見てからパンダ館に戻ることにしました。ライオンは広いエリアにいましたが、休憩中のようでじっとしていました。

ライオン


ここでパンダ館へ戻るためにやっと観光車に乗るチャンスがやってきました。次から次へといろんな車が来ます。どうやら昼過ぎからレストラン前の広場にある施設でサーカスがあるようで、続々と人が中心部へと集まってきています。サーカステントからはやかましい音楽が鳴り響いています。

観光車はピックアップポイントが決まっていて、待合所がある場合もありますが、その待合所は繁忙期に使われるだけらしくそこで待っていても乗せてもらえないことがわかりました。車が来たら自分から車に寄って行って乗る、それだけです。途中から乗る場合はチケットのチェックもないようです。

オルドス野生動物園内を走るプチトラン


12:05 パンダ館に戻ってきました。朝、パンダ館のチケットは回収されなかったのでもう一度使えるのか試してみましたが、やはりはねられます。同じ人が2回来るとは思ってないので、チケットは使いまわされないようになっているようです。すぐ前にパンダ館のチケット販売所があるので、1人15元をもう一度買って入場します。係り員は今度は朝は開いていなかった部屋を何やら案内してくれました。パンダの紹介パネルやらがあります。

パンダ館のパンダの説明部屋


運動場へ行くと、午前中とは打って変わって人が多くなっていました。というか午前中は誰もいなかったのが、この時間帯、午前中から入園した人がちょうどパンダ館に辿り着いたといった感じのようです。観光コースのかなり後半にパンダ館はあります。パンダ達が寝てから2時間、ちょうど起きたところのようです。いいタイミングで戻ってきました。

昼になってようやく人が集まりだすパンダ館


次回はパンダのおやつタイム通称パンダ釣りをレポートします♪
(ザルツブルクからの更新でした)
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR