FC2ブログ

パプアニューギニア・グルポカ山

5/31 (3日目) 前半

時差がほとんどないせいか、海外でぐっすり寝たのは久しぶり。
7:00のモーニングコール、添乗員自らの電話、というのは初めて。

9:00HTL出発。グルポカ山観光へ。村の入り口から徒歩にて山頂へ。
サツマイモやら、バナナやら、斜面に広がる畑の中をゆっくり登る。

グルポカ山散策


日程表には「徒歩にて村を散策しながら約30分で頂上へ」
たしかに散策とあった。
出発前の電話で、「登山やハイキングじゃないので普通の運動靴で大丈夫です」、とも。

しかし、実際には”散策”というレベルじゃなく限りなく”登山”に近いんじゃ、、、?という状況。
昨夜雨がふったようで、足元はどろだらけ。泥が靴底にたっぷりつき足が重い。
30分後頃には、頂上どころか8合目あたりで一休憩。まぁ、眺めはとにかく最高なのでよしとするか。

グルポカ山中腹からの眺め


途中、オーストラリア軍のマシンガンスポットという場所を通った。
日本軍の戦闘機を狙っていたというが、落ち葉で埋もれた小さなくぼみがあるばかりで、かつての状況は全く想像がつかない。

マシンガンスポット跡


さらに、かつて死んだ人を食べた風習があったとかで、その骨を捨てた場所というところに案内された。足場の危ないこの岩の上、骨は確認しなかったが・・・。

食人のあった場所


その脇には、部族闘争の折に人々が男女別に隠れたという洞窟がある。
女性用の洞窟入り口がこちら(中央黒い部分)。どう考えても人が入れる大きさじゃない。

女性用洞窟入り口


男性用の洞窟は外から入り口がわからない。その洞窟を通り抜けるということで、入る前に、シダの葉を一人ずつささげる。

男性用洞窟入り口


人一人がギリギリ通れる隙間から、荷物を預けた上で、両手両足を使ってなんとかくぐり入る。

洞窟入り口


中は結構広く、洞窟は奥へ何十mも続いているらしい。枝で作ったハシゴをあがり上へ抜ける。
結構なアドベンチャー気分があじわえる・・・。

洞窟出口


足元をすべらせながら山頂へ。山頂からの景色は絶景、天気もほどよく気分爽快。

グルポカ山山頂からの眺望


360度の眺望。とても小さな教会もある。

山頂教会


下山する際は、足元がすべるので現地の男性たちが手を引いてくれた。が、逆にすべって転びそうになった現地人を助けるはめになった。瞬発力には自信がある。

このツアー、阪急では1本目とのこと。そうだろうな、と思った。阪急はどちらかというと誰でも参加できそうなツアーが多く、あまりマニアックなツアーはない。その割に、結構ハードだったのでこの後続くのかは疑問・・・。

往復1時間半はかかり下山すると村でのゴーストダンスショー。参加しない村人もみな広場に集まってくる。どういうわけか、皆写真に写りたがる。この村に限ったことではない、写真に写るのが好きなようだ。

村人たち


ショーの開始。煙はドライアイスのような舞台効果らしい。

ゴーストダンスショー1


男性の象徴であるというモコという言葉をひたすら唱えながらリズムをとって踊る。よく見ると、それらしいまわしをつけている。

ゴーストダンスショー2


今回は30代を中心としたメンバーだった。

ゴーストダンスメンバー


ショーの後、村人の見送りの中、村を後にしHTLへ戻る。


午後の観光はゴロカ市内観光。明日更新予定です♪


パプアニューギニア・ゴロカ

5/31 (3日目) 後半

12:00、町中に戻りゴロカ・マーケットへ。
このツアー、もともと現地ガイド、ドライバーの他にアシスタントとセキュリティがいつもついて回っている。マーケットではさらにセキュリティを2名追加。
貴重品もバスに置いて行き、小銭をポケットに入れ手ぶらでバスを出るのを推奨される。
通常は、貴重品は責任とれないので個人責任と言われるが、、、そんなに危ないの??

マーケットでは、主に野菜や果物などが売られている。

ゴロカマーケット1

ゴロカマーケット2


売っているのは大半が女性でキレイな服装だ。周辺の村から売りにくるのだそうだ。

ゴロカマーケット3


ゴロカの町にはたくさんの人がいるが、ほとんどが周辺の村から、車か徒歩で出てきた人たち。
バスといってもトラックのようなものが多いが(ほとんどが日本車)。

長距離?のバスターミナル、満員にならないと発車しないとのこと。
今日中はおろかいつ発車するかわからない。2、3日の距離なら歩く人も多いらしい。

バスターミナル


大勢の人が輪になっているのをよく見かけるが、青空裁判か、宣教師の説教。

人々参集


郵便局、私書箱方式で、BOXを持っている人が自分で取りに来るのだそう。

郵便局


給与水準は、小学校の先生で月収にして2万円くらいらしいが、基本的に2週間に1回給料日があるが、その日にほとんど飲んだりつけを払ったりして無くなってしまいお金を貯めるという概念がないらしい。だいたい、儲けようという感覚がないように見える。あまり観光地化しないのもそのせいだろう。


LunchのためHTLへ戻る。
聞けばゴロカにはホテルと呼べるのはここ一軒だそう。
つまり先日強盗が入って日本人が被害にあったというのもここ!!!、ということになる。

13:30、午後の観光へ出発。
まずマッカーシー博物館へ。マッカーシーという方が集めたものが展示されている。
部族のアクセサリー(人の指で作ったネックレス!など)、カバン、盾やお金など、民族の工芸品が主な展示物。

マッカーシー博物館


次にゴロカコーヒー工場へ。焙煎して引いて、パッキングをごく少数の人数で行っていた。
ここで、一番高いブルーマウンテンゴールドを5つ購入、40キナ。

ゴロカコーヒー工場1

ゴロカコーヒー工場2


現在は解散して使用されていないラウンラウンシアターを車窓に見て、
(こんなところまで有刺鉄線は何のため・・・)

ラウンラウンシアター


ゴロカ大学へ。新しい図書館を見学。この町で一番立派な建物かも。本棚やいすなど日本から送られたものに日の丸のシールがはってある。庭なども手入れされていてキレイだ。

ゴロカ大学図書館

図書館内部


その後、HTLへ戻る。HTL前には露店が並ぶ。あやしいものがたくさん売っている。
ただの石も、重しで置いてあるのかと思いきや、”神様”だとか。なんでも豚がよく育つのだそうだが、結構な値段だった。

ホテル前


となりのビルムマーケットを見学。マーケットと言っても、道沿いの柵を使っているだけ。
ビルムというのは、手編みのカラフルなカバンで、PNGの人は必ずといっていいほどこのカバンを下げている。大きさやデザインも様々で見ているのは楽しい。

ビルムマーケット


16:10HTL着。今日の観光はこれでおしまい。


パプアニューギニア・アカメク村

6/1 (4日目)

9:00、今日の観光は悪路とのことで、4WDで出発。
ハイランドハイウェイを横道にそれると、たしかにかなり状態の悪い道。
なんだか、ディズニーランドのアトラクションに乗ったような感覚。
雨が降ったら、この観光はできないだろう。

悪路


30分程でアカメク村へ到着。まず、村を散策する。
斜面に家が建っていて、畑などがある。

アカメク村


どこの村でもそうだが、村人の多くがお出迎え。
女性はよくビルムを作っているが、聞くと1つ1週間程度でできるのだそうだ。

出迎え


散策後は、シンシンの見学。
こちらは太鼓や笛などを使って、ダンスっぽい。5曲ほど披露してもらう。

アカメク村シンシン1


ストーリーが付いていて、振付でわかりやすいものもある。

アカメク村シンシン2


広場に面した新築の家の中を見学させてもう。
中は意外と広かったが、雨風しのげるだけの原始的な家だ。

新築の家内部


帰るときも村人が皆ぞろぞろついてきて見送ってくれる。

見送り


LunchのためにHTLへ戻る。最初の村でのムームーランチ以外はずっとHTLのレストランでビュッフェだ。
ゴロカの町には、外国人が食事できるようなレストランは中華が一軒あるだけとのこと。

4日目にもなり、9人という人数だとそれなりに皆打ち解けてくる。
Lunchの際ご一緒したご夫婦が言うに「”成田で初めて見た時、こんなキレイで若いお嬢さんが大丈夫かしら”って思ったのよ。」
一瞬、耳を疑い、振り返って誰か別の人がいないか確認したくなった。
”キレイ””若い””お嬢さん”???、、、どれひとつとってもお世辞にしても自分を形容する言葉と思えない。
まぁ、よく考えてみれば、60代、70代の方たちからしたら比較の問題なんだろうし、精いっぱいのお世辞だったのだろう。今後聞くこともない言葉だと思うと有り難く感じた。

13:00カマ村の観光へ出発。
午前中ほどの悪路ではないものの、舗装はされていない道を下だり、村へ。
まずは村長を訪問。推定70歳くらい。強い人や口が立つ人が選ばれるとのこと、威厳があった。

カマ村村長


次に、未亡人を訪問。体全体を泥で白く塗っている。夫が亡くなって数カ月、村長がOKを出すまでずっと塗ったままだそうだ。

カマ村未亡人


その後、シンシンを見学。ここでは、お見合いのシンシンを見せてもらった。
ちょっとトランス状態?という感じ。何時間も続けるのだそうだ。

カマ村シンシン


14:00村を後にする。
時間がまだ早いので、ゴロカのスーパーマーケットに寄る。主として輸入品が売られている、れっきとしたスーパーだ。町ではほとんどみない自転車なども売っていた。また女性の服の布地が売っていたが、服は既製品は売っていなくて、派手な輸入生地を買って自分たちで作るそう。

15:00HTL着。どうもゴロカでは観光するところがあまりないようだ。町も小さいし、単独で出歩くには、危険の割に見るものも何もないので、今回の旅行での観光は終わり、部屋でゆっくり過ごすことにした。

PNGの人たちにとって最も関心が高いのは、なんと”選挙”だそうだ。
しかも投票率が200%を超えるという。つまり同じ人が何度も投票に行くという事。
さらに、賄賂のようなものが横行していて、刑務所でさえ簡単に出ることができるらしい。

また、黒魔術というものが強く信じられていて、病気になったり、死んだりすると誰かに呪いをかけられたとみて呪い返したりするらしい。黒魔術に使うという道具?が露店で売られていたが、何の骨や皮を使ったものか、いかにもアヤシイ飾りのついた器というか袋のようなもので、真っ黒なものだった。もし触ったら、それだけで病気になりそう・・・。


6/2 (5日目)

早くも最終日。
ゴロカ空港には、荷物スキャンする機械がなく、人手でスーツケース、手荷物を中身までチェック。空港といっても、地方の鉄道の駅のような感じだ。

ゴロカ空港建物内部


折り返しの飛行機が遅れ、40分程のDelay。また非常口の席になったので、隣の添乗員と緊急時の説明を聞く。

12:30ポートモレスビー着。国際線ターミナルまで徒歩で移動し、チェックイン、出国。添乗員から、イラストがふんだんに入った旅日記をもらう。今回の添乗は楽だったろうと思っていたが、手の込んだものをもらっていい思い出になった。

帰国便は2-3-2シート、21Bだったが、Aが空席なのはもちろん、機内はガラガラ。真ん中の列のシートにはほとんど人がいない。週2便は早々に撤退となるかも知れない・・・。

20:15定刻で成田着。参加者の皆さんと添乗員にさわやかにお別れをいい家路につく。

この旅行は5日間ということもあり本当にあっという間だった。久しぶりに未開の地に足を踏み入れ、旅の幅広さを再認識。これからも積極的に秘境と言われるところにチャレンジしよう。
それにしても、人の生き方、価値観について、とても考えさせられる旅だった・・・。

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR