FC2ブログ

フランス・ルルド聖域

2014/04/22 (3日目) 続き

9:20 聖域の中心にあるお城のような建物の1階部分、ロザリオ・バジリカ聖堂へ来ました。内部は灯りが少ないのに白を基調としているせいか、清楚な感じが漂っていて、丸天井のとても美しい礼拝堂になっています。

ルルドのロザリオ・バジリカ聖堂内部


奥にはやさしい印象の大きな絵が15枚ありますが、よく見ると細かなベネチアンモザイクです。キリストの生涯がテーマですが、美術的にもとても優れたものに見えます。

ロザリオ・バジリカ聖堂のモザイク画


ロザリオ・バジリカ聖堂を出て上階へ向かいますが、階段はかなり急です。両脇にあるスロープを使うこともできますが距離的にはかなり遠回りになるので、皆ゆっくりゆっくり階段を上ります。ロザリオ・バジリカ聖堂の上にあるのが、無原罪のお宿り聖堂です。

無原罪のお宿り聖堂


写真を撮るため少し降りていったスロープからポー川の方を見下ろすと、マッサビエルの洞窟に向かって大勢の列が見えました。ブルーの箱に見えるのは、車椅子の巡礼者の列です。数え切れないほどの車椅子の数、そして、中には寝たままのストレッチャーの方までいます。人々の希望や信心のエネルギーの強さを感じました。川の対岸には身障者用のしっかりした宿泊施設もあります。

マッサビエルの洞窟に向かうルルド巡礼者の列


無原罪のお宿り聖堂はミサをやっていて入れなかったので、上の階に向かいます。ここには聖母マリアを見たベルナデットの聖遺物が安置されています。

ベルナデット・スピルーの聖遺物


この階にも奥に礼拝堂がありましたが、ミサをやっていたので、そっと見学して出てきました。階の出入り口には、聖人の像がありましたが、天国の鍵を持っているのでたぶんペテロの像です。ペテロ像の足は信者が赦しや恩恵を求めて触れていくので、ぴっかぴかに光っていました。もちろん私も触りましたが、一体どれだけの人が触れたことでしょう。

ルルドの聖ペテロ像


無原罪のお宿り聖堂に戻ってみましたが、プライベートミサはまだ時間がかかりそうで、入り口付近だけ静かに入っていいということになりました。身障者の子供向けの楽しい感じのミサです。天井が高くステンドグラスがきれいない聖堂です。

無原罪のお宿り聖堂内部


ステンドグラスは向かって左がベルナデット、右はマリア様をテーマとしたものでした。一番下の図柄が1858年2月11日、初めてベルナデットの前に現れたマリア様のシーンをあわらしたものです。

無原罪のお宿り聖堂のステンドグラス


いくつもの聖堂が入っている複合体のような聖域ですが、最後にマッサビエルの洞窟に向かいます。マリア様が現れたそのマッサビエルの洞窟を土台にするような形で、この建物郡が構成されています。ポー川にかかる橋から見た姿はお城そのものです。

ルルド聖域


マッサビエルの洞窟に向かう手前に、洞窟に沸くルルドの泉の聖水を好きなだけ汲める水場があります。もちろん、無料です。蛇口はたくさんあり、お土産屋で買ったボトルに汲む人もいれば、その場で飲んでいる人もいます。私は空になったペットボトルを持ってきたので、1日分の飲料水として奇跡の聖水を贅沢に飲むことにしました。

ルルドの泉の聖水の水汲み場


マッサビエルの洞窟ではミサをやっていて、洞窟には入れない時間でした。昨夜入っておいて良かったラッキーと思いました。それにしても、すごい数の車椅子の方々。足が悪いだけじゃない人もたくさんいて、ここまで巡礼に来ることが果たしていいことなのか疑問にも思いますが、病は気からとも言うし、少しでも元気になってくれればと思います。

マッサビエルの洞窟で行われているミサに参加する車椅子の巡礼者


洞窟を遠めに見た後は、水場の方へ引き返します。私はこっそり奥を周って、川の対岸を戻ることにしました。洞窟より奥には沐浴場があります。奇跡の水を全身に浴びて治癒したいと思う方々がここで沐浴するのです。公式には67人がこの聖水で治り奇跡と認定されていますが、厳密な調査をしているそうなので、本当はもっとたくさんいるらしいです。

ルルドの泉の沐浴場


川の対岸から見た聖域はとても素敵です。深刻な巡礼者も多い聖地ですが、宗教的に関係のない観光客が来ても印象深い思いができるのではないかと思います。

ポー川とルルドの聖域


最後は30分のフリータイムとなって、出発までに各自ホテルへ戻ることになりました。私たちは聖域の脇にある丘の道を上がってみることにしました。丘全体を使って、キリストの十字架の道を再現しているそうです。ぐるっと回ると40分だそうです。

ルルドのキリストの十字架への道


時間がないので、第4ステーションくらいまで行って戻って来ました。膝で階段上りながら熱心にお参りしている団体もありました。エルサレムで歩いたヴィア・ドロローサのことが蘇ります。

ルルドのヴィアドロローサ


10:45 ルルドを出発します。ルルドは小さい町ですが、1日では足りない、観光要素がぎゅっと詰まった町に思いました。

次回はバイヨンヌをレポートします♪

フランス・バイヨンヌ

2014/04/22 (3日目) 続き

12:50 ルルドから約2時間、バスク地方の中心都市バイヨンヌにやってきました。ここはランチに立ち寄るだけの予定なので、食後などちょっとした時間に周囲を散策できないか地図の確認をしっかりします。アドゥール川沿いからプチ・バイヨンヌに入り、ヌフ城の前でバスを降り、歩いてレストランへ向かいます。写真右はサンタンドレ教会です。

小バイヨンヌのサンタンドレ教会


プチ・バイヨンヌの町は程よく時間の経過した古い建物が立ち並ぶ風情のある町です。
木組みと色使いがなんとも言えず、町に一目惚れしました。ランチだけ、なんてあまりにもったいないです。

プチ・バイヨンヌの町並み


12:55 コルドリエ通りにあるオーベルジュ・デュ・プチ・バイヨンヌ(Auberge Du Petit Bayonne)でランチです。小さなレストランですが、バスク料理で人気の雰囲気のいいレストランです。

オーベルジュ・デュ・プチ・バイヨンヌ(Auberge Du Petit Bayonne)


いつも皆が店内に入ってからレストランの写真を撮って店内に入るので、最後に空いていた一番手前の入り口近い席に座りました。すぐに食事が出る気配がなかったので、ちょっと写真撮ってくると告げていきなりそっと中座します。コルドリエ通りの先へ行くとニーヴ川に突き当たりました。素晴らしい景色です。

バイヨンヌの中心を流れるニーヴ川


ニーヴ川を挟んで対岸はグラン・バイヨンヌと呼ばれる地区で、川沿いの家並みがすごく印象的で、食事を抜け出して来たことを忘れてしまいそうです。

ニーヴ川とグラン・バイヨンヌの町並み


川を渡るパヌコー橋まで行くと、グラン・バイヨンヌの町が私を手招きしているように見えてテンションがあがります。ですが、レストランに入ってから10分以上が経過していたので、橋を渡ることを断念して戻ることにしました。

バイヨンヌの中心、パヌコー橋とポワッソヌリ通り


レストランに戻ると前菜が出たばかり、というタイミングでした。バイヨンヌ名物の生ハム、ジャンボン・ド・バイヨンヌです。ちなみにグラスワイン1.5ユーロ。生ハムの油の外側がビニールのように固くて食べるのに苦労しましたが、すっごくおいしいです。

バイヨンヌ名物の生ハム、ジャンボン・ド・バイヨンヌ


ゆっくり生ハムを食べ終え歓談していましたが、どうやらサービスは時間がかかりそうだとわかったので、なんとまた中座し、あの橋を渡ってグラン・バイヨンヌに行ってみることにしました。目標は丘の上のサント・マリー大聖堂です。

足早にパヌコー橋を渡り一気に坂道を上がってきました。道は狭めで建物が高いので大聖堂が見えません。それにしても町並みがすごくきれいです。フランスの地方の町や村は本当に素敵なところが多く大好きです。

グラン・バイヨンヌのポワッソヌリ通りの美しい町並み


道を曲がり、パストゥール広場に来てやっとサント・マリー大聖堂を確認。後陣の部分でしょうか。急いで入り口を探します。それにしても昨夜の雨が嘘のように、天気がよくなってきました。晴れ女返上かと思いましたが、雨の多いバスク地方でいい兆しです。

バイヨンヌ・サント・マリー大聖堂


脇から入り内部を一周しいます。いかにも大聖堂という感じの教会です。
ここはこの旅でも最後に行くサンチャゴ・デ・コンポステーラへの巡礼路の一つになっている13~14世紀に建設されたゴシック様式の大聖堂で、世界遺産に登録されています。

バイヨンヌ・サント・マリー大聖堂内部


ステンドグラスは16世紀のものです。ゆっくり見たいところですが、食事中の中座なので、そうも行きません。いえ、こうなるともう中座というよりお行儀の悪い脱走と言ったほうがいいかも知れませんが・・・。

サン・マリー大聖堂のステンドグラス


正面から大聖堂を見て、外観の写真をと思いましたが、鐘楼が85メートルもありかなり遠ざかる必要がありました。ゴシックの美しい外陣です。

バイヨンヌ・サント・マリー大聖堂正面


回廊もあるようなので、そちらの方面を回って戻ることにしました。回廊は開いていなかったけれど、道に沿った場所にあったので、外の柵越しからでもよく見えました。人のいない回廊は周りのごちゃごちゃした町並みとは対照的に静寂が保たれています。

バイヨンヌ・サント・マリー大聖堂の回廊


とにかく素敵な町並みの誘惑を振り払いながら急いでレストランへ戻ります。プチ・バイヨンヌへ戻り今度はパヌコー通りや路地を通ります。パヌコー通りもとても素敵です。バイヨンヌは町中どこを歩いてもワクワクするような町並みなのです。

プチ・バイヨンヌのパヌコー通り


レストランへ戻ると戻るとメインがでていました。中座すること15分ほどでしたか、食事とおしゃべりに夢中な皆さんのほとんどは、ちょこちょこ中座して町を観光している人がいるとは全く気付きもしなかったと思います。

バスク料理のランチ


ツアーでは食事後半、食事の進み具合を見ながら添乗員が何分後にレストランを出ますと声をかけますが、この日は10分あるかないか、でした。大聖堂を見たいという方がいたので、どんなに急いでも15分はかかりますと教えたら大変残念そうでしたので、撮った写真を後で見せてあげました。

最後の5分くらいで、大半の方はニーヴ川沿いを少しだけ散策します。この景色を見ずしてこの町を去るのはもったいない、そんな景色ですが、見てしまうとちらっとのぞく尖塔の大聖堂まで行きたい衝動を抑えるのも難しい、そんな魅力のある町でした。

バイヨンヌの町並み


14:25 自分でもここまで行動的に食事中に観光することになるとは思わなかったバイヨンヌを後にします。あまり行儀のいい話ではないので、食事時間を利用するなんてどうしてもという場合以外はオススメしません。特別な目的があれば食事をキャンセルしてしまうという手もありますね。癖になりそうなので私も気をつけたいと思います。

次回はフランス最後の訪問地サン・ジャン・ド・リュズをレポートします♪

フランス・サンジャンドリュズ

2014/04/22 (3日目) 続き

15:10 バイヨンヌから約30分、スペイン国境に近い海辺の町サン・ジャン・ド・リュズにやってきました。16:45まで各自散策、地図をもらって駅近くのロータリーでバスを降ります。すぐ近くにプチトランの乗り場があり、次の出発は15:30、30分で町を周り大人一人6€、選択肢として頭に入れておきます。

サン・ジャン・ド・リュズの町


そのまま進むと、ルイ14世の館があります。ヴェルサイユ宮殿を建てたルイ14世がスペイン王女マリー・テレーズと1660年に結婚式を挙げたのがこの町なのですが、その際に滞在した館だそうです。小さな町ですが、歴史の舞台だったのですね。それ以来、この町はリゾート地となったようです。

ルイ14世の館


ルイ14世の館に面してルイ14世広場が広がります。赤い木組みの家はいかにもバスク地方の伝統的な館といった感じで、町の雰囲気をとても素敵にしています。

ルイ14世広場とバスク地方の木組みの家


同じツアーの皆さんは、添乗員が有名なお菓子のお店を案内すると言うので、賑やかなガンベッタ通りの方へ向かったので、私たちはまず海岸に出ることにしました。路地の先、ならだかな坂道の向こうにあるはずの海がなかなか見えず、かえってワクワクします。

海沿いへ出る路地


堤防にもなっているプロムナード・ジャック・ディポへ上がると、視界いっぱいに弧を描くような海岸線が広がります。天気もよく気分爽快です。

サン・ジャン・ド・リュズの海岸


さらさらの砂浜に足を踏み入れ、波打ち際を目指します。ふと振り返ると、プロムナード沿いの家々が豪邸ばかりじゃありませんか。さすがフランスの高級リゾートです。
別荘にしている人も多いのか、生活観を感じない家も多いです。

プロムナードの豪邸


ちょっぴり海に足をつけます。気持がいいです。
泳いでいる人こそいないものの、浅瀬で水遊びする子供たちなどがたくさんいます。砂浜の海岸は1kmくらいあると思うので、たくさん人がいても空間にゆとりを感じます。

サン・ジャン・ド・リュズの海岸で戯れる子供たち


しばらく海岸を歩いたら、細い路地を抜けてメインストリートのガンベッタ通りまで出ます。ガンベッタ通りはウィンドウショッピングに適したお店が立ち並んでいますが、外せないのは、メゾンアダム(Maison Adam)、1660年創業のパティスリーで、ルイ14世の結婚式に贈呈されたというマカロンが有名です。素朴な味です。

ガンベッタ通り


ガンベッタ通りを端まで歩きます。特に観光スポットがあるという町ではないですが、ゆったりと散策をするのにうってつけです。道行く人たちも、絵になる人々が多いような気がします。(個人的にはここで1時間30分より、バイヨンヌで時間欲しかったけど。)

ガンベッタ通り


ガンベッタ通りを戻り、サン・ジャン・バティスト教会へ立ち寄ります。ルイ14世とマリー・テレーズ王女の結婚式が行われた教会です。それほど大きくはなく、見た目もシンプルです。

サン・ジャン・バティスト教会


教会の内部は暗めで、目が慣れるのにちょっと時間がかかります。木が多く使われているようで、ほっこりするような感覚がします。海辺の町ならでは、なのでしょうか、シャンデリアの他に、船の模型も吊る下がっていました。

サン・ジャン・バティスト教会内部


教会を出たら、バスクスイーツのお店をめぐりながら、港を目指します。ルイ14世広場を横切るとサン・ジャン・ド・リュズ港に出ます。小さな漁港という感じです。

サン・ジャン・ド・リュズの港


港の脇に立つ印象的な建物は、王女の館と言われる建物です。ルイ14世の結婚式に縁のある建造物のひとつですが、フランス語の案内版しかなかったので、名前から察する通り王女が滞在した館かどうかはよくわかりません。現在はお店などになっています。

王女の館


港の入り口の方まで歩いていくと、ニヴェル川の対岸が見えますが、その家並みもちょっと素敵です。

ニヴェル川の対岸の家並み


アンファント通りの突き当たりは港の入り口になっていて、小さな灯台があります。
そこからプロムナード・ジャック・ティポが始まり、延々と伸びています。この堤防の上を歩いて、中心方面へ戻ります。

プロムナード


ルイ14世の館まで戻り、バスを降りた場所へと向かいますが、すぐ近くにツーリストインフォメーションがあり、そこには特産品売り場があったので、地元のワインなどを購入して残り時間を過ごしました。

次回はサン・セバスチャンをレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR