FC2ブログ

パラオ・ロングビーチ(オカモン島)

2012/09/05 (2日目)

11:50 ロングビーチで有名なオカモン島に到着。ここはロックアイランドのツアーの多くが、昼食や休憩に使うので、パラオに来たらほとんどの人が寄る島じゃないでしょうか。きれいな砂浜に上陸です。

ロングビーチで有名なオカモン島


ロングビーチというのは、潮が引くと向こうに見える通称おじさんアイランドとの間に砂浜の道ができるのですが、来てみてわかったこと、そう、実はロングビーチは常にビーチなわけじゃない。満月と新月の干潮のときに道ができるそうで、今はまさにその間だということ・・・で水が引ききらないのです。月の内40%くらいしか道は表れないそうです。

ビーチが洗われる確立は意外と低い


島にあがり、お弁当をもらってベンチで昼食です。このオカモン島はちょっとした設備があるのと、地理的なことから立ち寄るツアーも多いそうで、他のツアーが来ないうちに、きれいな景色を見ながらのランチタイムです。本当は、目の前に三日月のような白い道が見えるはずだったのですが・・・。

ロングビーチを見ながらランチ?


お弁当は、「アイランド焼肉」の焼肉弁当。こんな立派なお弁当が出るとは思ってなかったのでちょっとびっくり。それになかなかおいしい!

アイランド焼肉の焼肉弁当


ビーチの裏手には、テーブルと椅子が何組かあり、次々来るツアーの人たちでどんどん埋まっていきます。バーベキューの設備もあるようで、お肉やお魚を焼いているツアーもありました。島の設備といってもこの程度でもちろんお土産屋などはありません。

オカモン島の設備は簡素なもの


この島にはトイレもあります。ほとんどの島は無人島なので、トイレは基本的にありません。逆に言うとその辺全てがトイレ、ということでもあるのです・・・。一応男女の区別があります。

オカモン島のトイレ


トイレはぼっとんで、見た目は、あれ?意外ときれいじゃないと思いましたが、便器を覗いたことを後悔しました。見たこともないほど巨大なゴキブリが汚物の上を這いまわっていたのです・・・。こんな所にゆっくり座っていられません。できる限り短時間で済ますためにも水着はビキニなどのセパレートに限ります。

オカモン島のぼっとんトイレ


食後はロングビーチを歩くことにしました。いえ、ビーチじゃないですが、道になる部分はやはり浅いのです。このときは、ひざ上、腰下くらいの水位。ときどき魚も見かけるし、小さなサメもいましたが、臆病らしく近寄ると逃げてしまいました。こうして振り返ってみるとオカモン島のビーチは凄く狭いエリアなのですね。

ロングビーチから見るオカモン島


しばらくすると、ロングビーチの散策に他にも人がでてきました。おじさんアイランドまでの1/3くらいを歩いたところで戻ってきます。戦争中はこういった浅瀬を島から島へ命からがら逃げ延びた兵士も少なくなかったようです。

パラオのロングビーチ


ちなみに、おじさんアイランドとオカモン島とが完全に道で結ばれることは今はもうなくなってしまったようです。残り時間はビーチに戻りのんびりします。砂は真っ白でとてもきれいです。人の少ないところでちょっとだけ砂の採取もしました。

白い砂のビーチ


よく見ると砂上を動くものがいます。何かと思ったらヤドカリです。かなり用心深いのか、何かの気配を感じると貝にこもってしまいなかなかでてきてくれません。ペットボトルの右に緑ががかった小さい貝が見えるでしょうか。小さな小さなヤドカリさんです。

小さなヤドカリ


島は緑もいっぱいです。南国の木や花がこれでもかというほど密集して生えています。こういった緑にも心癒されます。

緑一杯の島


13:10 ロックアイランドの波に削られた島を見ながら出発です。天気がイマイチでもこの海の色なので、天気がいいときは一体どれほど美しいのか想像するだけで幸せな気分がするようです。

波に削られるロックアイランド


次回はジャーマンチャネルとパラダイスをレポートの予定です♪

パラオ・パラダイスコーナー

2012/09/05 (2日目)

13:20 オカモン島からボートで10分、ジャーマンチャネルへやってきました。こちらはロングビーチとは逆、海の浅瀬に、船が通れるように掘って造った船用の道です。ここはマンタがいるポイントらしいのですが、今日は見当たらないということで、引き返します。

パラオ・ジャーマンチャネル


ジャーマンチャネル付近からは、北西方面にパラオの代名詞セブンティアイランドが見えます。野生生物保護区となっていて一般観光客は近付けないので、見ることもないと思っていたのですが、思っていたよりは近くに見えます。といってもかなり遠くですが。浅瀬が多く海の色のグラデーションがとってもきれいです。

パラオ・セブンティアイランド


13:50 2回目のシュノーケリングポイント、パラダイスコーナーに到着です。人気のあるシュノーケリングポイントのようですが、まだ誰もいません。しかし、パラダイスという名前の期待を裏切るような水の色です。澄んでいますが、深いのか黒い水面に見えます。

シュノーケリングポイント・パラダイスコーナー


ブイで囲われたエリアをシュノーケルします。水に入るなり、ぎゃっと声をあげてしまいました。まさに魚の中に飛び込んだという感じです。餌付けしたわけでもないのに大量の魚に囲まれびっくりしたわけです。この魚も大きな魚じゃないのですが、目の前を通るので大きく写ります。

パラダイスコーナーはお魚がいいっぱい


要するにここはお魚にとってのパラダイスなのかもしれません。大小さまざまな魚がたくさんいます。

大小いろんなお魚が集結


ブイで囲われた範囲はそれほど広くないのですが、ガイドの説明を聞くためにガイドについてシュノーケリングします。こちらはバラ珊瑚。ばかでかく見えます。数メートルはあるんじゃないかと思いましたが、距離感がわからないのでなんとも言えません。それでも2m以上はあると思います。長寿ですね。

巨大なバラサンゴ


細かい珊瑚の周りには、細かい魚がたくさんいます。個人宅の水槽の中に顔を突っ込んでいる感じです。小さいもの好きな私にはうれしい光景です。

ちいさいお魚もたくさん


珊瑚の隙間になまこもいます。いろんな生物がひしめくポイントのようで、気分はパラダイスになってきました。

なまこ


そして、こちらナポレオンフィッシュ。少しカメラから距離があるので、ぼやけて見えますが、大きな魚が悠々と泳ぐ姿はなかなか圧巻でした。狭いエリアにいろんな大きさの魚を見られるのはスゴイです。

ナポレオンフィッシュ


パラダイスコーナーは、すごく小さな魚からナポレオンまで、とにかく大量の魚に囲まれて泳ぐことができるポイントでした。臆病な私にはちょっと怖いくらい。こういうのを魚影が濃いっていうんだな、と実感しました。ドクターフィッシュの大きい版みたいです。

おそわれそうなくらいたくさんいる魚達


私達が引き上げる頃には、人もいっぱいでした。台湾などからの観光客も多いようで中国語が行き交っていました。50分のシュノーケルタイムを終わって出発です。

パラダイスコーナーは人もいっぱい


帰り道、濡れた体にボートが風切り寒くなってきたので、レインコートを貸してくれました。写真は帰り道に現れたナチュラルアーチ。海水の浸食で自然にできた岩のアーチです。

ナチュラルアーチ


帰りは行きとは別のルート、西側を帰りますが、波が高くボートがたたきつけられます。水をかぶりまくりびしょぬれ・・・レインコートは荷物を守るために使いました。まるで絶叫マシンに乗っている気分でした。帰りは直接PPRの桟橋に寄る予定だったけれど、波が高いのでツアー会社の桟橋に戻ることになりました。

絶叫水上コースター?


15:15 下船、と共に雨が降りだします。びしょぬれのまま、車でホテルへ送ってもらいました。15:35 ホテル帰着。冷えた体をジャグジーで十分温めてから部屋に戻ります。

シャワーを浴びると、ふくらはぎがヒリヒリ。見ると真っ赤に焼けている・・・。Tシャツを着ていたおかげで肩や胸はなんともないけど、足は日焼け止めの塗り忘れたあった模様。ほとんど曇りだったのにシュノーケルのときに焼けたのでしょう、ちょっと油断してました。

17:30 ビーチでやる予定の週一回のホテル主催の無料カクテルパーティが天候が悪いためロビーで開かれます。こういうイベントは外せません。ビール、ワイン、各種ソフトドリンク、ココナッツジュースなどが振舞われます。かわいいダンサーたちのダンス付きです。

PPRカクテルパーティ


飲み物は、ココナッツジュースにウォッカを入れたものがオススメ。そして食べものは、かわきもの系スナックや、、野菜スティックなどがありましたが、一番はまったのが、ココナッツの実のさしみ。醤油とわさびをつけるとなんとも言えない歯ごたえと相まって、貝類か何か食べているようで、とてもおいしかったです。

ココナッツの実の刺身


次回は、ガラツマオの滝トレッキングツアーをレポートします♪

パラオ・バベルダオブ島

2012/09/06 (3日目)

昨夜の雨はどこへやら、すがすがしい天気になりました。パラオパシフィックリゾート(PPR)のビーチは輝いて見えます。今日はガラツマオの滝トレッキングツアーに参加するので、曇が希望だったんですが・・・。昨日サングラスを壊してしまったので、ホテルのLOGO SHOPで急遽仕入れました。10.5ドル、若干サイズが大きい・・・。

PPRの庭とビーチ


8:45 インパックさんの送迎でホテルを出ます。昨日利用したRITCと違い、受付はインパックの事務所に行ってからです。10分でインパックに到着、こちらも早割りで90ドルのツアーが82ドルです。クレジットカードで支払いOK。事務所にはお土産物やグッズ類も売っています。受付が済んだら、隣のレンタルコーナーで、マリンブーツを借ります。すぐにサイズを確認しないとね。なんだか履きにくいです。

マリンブーツはサイズあわせを


9:35 ツアー開始です。パラオ人ガイド兼ドライバのため、事務所で事前に日本人スタッフからツアー内容の説明がありました。深夜についたばかりの母娘と一緒、たった4人のツアーとなりました。パラオ人ガイドは時々日本語交じりの英語でコロールの町の車窓を説明してくれます。首都のメインストリートがこんな感じです。

コロールの町中を通り抜ける


9:45 ニューKBブリッジでPhoto STOP。以前韓国の協力のもと造られた橋があったけど、突然崩れてしまって、今度は日本の協力で10年前に完成したもの。パラオの中心コロール島と空港のあるバベルダオブ島を結ぶ413mの橋です。

ニューKBブリッジ


バベルダオブ島の道はきれいに舗装されていて振動はほとんどありません。そして道はガラガラでたまにしか車を見かけません。メインの道路を離れ、脇へ入ると、何故ここに道があるのだ?と思うような自然一杯の道に入ります。

バベルダオブ島の脇道


そして、工事による通行止めの標識を無視して進むと、まさに工事現場に突入。どうやらこの先は未舗装で道路を作っているところみたいです。作業員は数えるほどしかいず、通っていい?と声かけつつ通り抜けます。物理的に通れればいいという感じです。赤土が印象的です。

バベルダオブ島の工事中の道と赤土


10:10 果樹園に到着です。パラオの南国フルーツの栽培見学と試食です。果樹園の人が案内するのかと思いきや、勝手知ったる自分の庭と言う感じでガイドが案内を始めます。

果樹園


キンカン、パッションフルーツ、スターフルーツなどお馴染みのフルーツもありますが、これは・・・何だったっけかな、思い出せない・・・花が特徴的でした。

名前を失念した南国フルーツ


こちらはガイドがキューカンバって言ってたもの。たぶんきゅうりの仲間?ぶちっともいでくれましたが、食べてみたら超すっぱい!

パラオのフルーツ、キューカンバ


こちらはドラゴンフルーツ。さぼてんみたいだったとはね。その他もろもろいろんなフルーツや野菜を紹介してもらいました。

ドラゴンフルーツ


最後は試食です。まずはノニジュース。知ってはいたけど、やっぱりマズイ。お口直しに、冷えたカットフルーツ。なお、トイレ有り。お土産品として、フルーツリキュール5ドル、ノニ4ドルが売ってました。帰り際、何かのドライフルーツをお土産にくれました。ホワイトボードを見るとこの日の訪問予定は私たち4人だけのようでした。

パラオのフルーツ試食


果樹園を出て、25分ほど島を北上し、ガラツマオの滝への玄関口に到着です。トイレはここより先はないので、ここで利用、とてもきれいなトイレでした。ここで、借りてきたマリンブーツに履き替えます。

ガラツマオの滝へのトレッキングトレイル入り口


ちなみに滝へはモノレールを使っても行けます。滝まで往復20ドル。片道30分ほどだそうです。モノレールと聞いて想像していたものより、かなり怪しげな乗り物です。幼稚園の椅子のようなものが並んでいるだけ・・・。もちろんトレッキングツアーなので私達は歩きです。

ガラツマオの滝のモノレール


11:25 いよいよトレッキング開始です。入り口に杖になる木の棒が置いてあるので、適当なのを選んで、急な階段を下り始めます。ガイドさんの背中にはお弁当が入っているようです。

ガラツマオの滝へのトレッキング開始


次回はガラツマオの滝トレッキングツアーの続きをレポート、滝を目指します♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR