FC2ブログ

ベルギー・アントワープ

2011/12/16 (3日目)

この日は終日フリータイム。予定を決めかねたまま朝食に行くと、後から来た女性一人参加の子(私より10歳くらい若い)が近くに座ったので珍しく私から声をかけた。彼女はアントワープへ行くと言う。私も半日はブリュッセルを出ようと思っていたし、初日の消化不良からそれもいいねと旅の道連れが決まりました。

8:00 まだ暗い中ホテルを出発。近くのDIEGEMという駅まで歩き、電車でブリュッセル経由でアントワープへ行く。ベルギーで鉄道を利用するのは簡単。駅にはわかりやすい時刻表がはってあり、どこ行きの列車がどのホームから出てて、間の停車駅に何時に着くかも書いてある。

ベルギー鉄道、駅の時刻表


駅には改札はないし、DIEGEMは無人駅だったので、そのまま電車に乗る。車掌が回ってこなかったので、ブリュッセルまでは結局無賃乗車になった。ブリュッセルについて駅の窓口で切符を購入。私はアントワープの後の予定をまだ決めてなかったので、片道切符を購入6.7€。写真はブリュッセル中央駅構内。

ブリュッセル中央駅構内


9:00 ブリュッセル発アントワープ行きに乗車。ICと言われる急行のような電車で30分ほど。こんな感じのきれいな電車です。検札はいつあるかわかりません。

ベルギー鉄道、列車


車内は2階建てで、座席はこんな感じ。旅の道連れの彼女(名前すら聞かなかった・・・)とおしゃべりしながら短い鉄道の旅を楽しみます。おしゃべりに夢中で、ふと停まった駅のホームを見たらアントワープ(ANTWERPEN)の文字が見えたので慌てて降りました。駅を出て何か変だよね?実は一つ前の駅で降りちゃったのでした。一駅なので、各駅でも何でも次の電車でアントワープ中央駅へ向かいます。

ICの2階席(2等)


9:50 アントワープ中央駅に到着。ヨーロッパの駅を象徴するような立派な駅で列車を降りて上へ上がると思わずクラシックな雰囲気に圧倒される。ネオバロック様式で、鉄の大聖堂とも呼ばれる重要文化財。

アントワープ中央駅中側より


外から見た駅も立派。駅があまりに立派でテンションが上がり街への期待が膨らむ。天気は今にも雨が降りそうだけど、気持ちはウキウキ。

アントワープ中央駅外側より


中央駅からはまっすぐのびるドゥ・ケイゼルレイ通りを進む。ダイヤの街だけあって通り沿いもダイヤを売るお店がチラホラ。ダイヤ買うくらいならもう一回旅に行くけど、という私はショーウィンドウを覗くだけ。

宝石店のショーウィンドウに並ぶダイヤの指輪


ワッペル広場という小さな広場で左折したところにルーベルンスの家があります。1616年から亡くなるまで住んだ自宅兼アトリエ。現在は市立美術館となっていますが、外観だけで先を急ぎます。

ルーベンスの家


10:30 言わずと知れた「フランダースの犬」の最終話舞台、ノートルダム大聖堂に到着。
1352年建築が始まり、123mの北塔が完成するまでに169年かかっている。資金難などで南塔は完成しなかったようです。ベルギーで一番大きなゴシック教会。

ノートルダム大聖堂


入場は5€。内部はルーベンスの傑作「聖母被昇天」「キリスト昇架」「キリスト降架」の3連作など絵画がいっぱい。美術館のようです。

ノートルダム大聖堂内部


フランダースの犬は日本人は大好きなようで、この絵の前では感激する人も多いようです。現地ではハッピーエンドじゃないお話なので人気がないみたいですが。

ルーベンスの絵


大聖堂をゆっくり見た後は、すぐ裏のグローテ・マルクトへ。市庁舎は1561~1565年建立。イタリア&フランドル・ルネッサンス様式の豪華な建物。広場中央の噴水はブラボーの噴水。アントワープの名の由来、巨人アンチゴーヌの手を切り落とし、川へ投げた(werpen)という話をモチーフにした、ローマ戦士ブラボーの像。

市庁舎とブラボーの噴水


マルクト広場は市庁舎とギルドハウスに囲まれたアントワープのまさに中心広場。
とにかく周囲の建物がすごく立派で雰囲気がとても気に入った。初日の5分だけの川沿いのクリスマスマーケットよりこの広場へ案内して欲しかった。個人の好みとしてはグランプラスよりもアントワープのグローテ・マルクトの方が美しいと思いました。

グローテマルクトを取り囲むギルドハウス


ネロとパトラッシュの像があるんじゃなかったっけ?と勘違いし、ノートルダム大聖堂の前をうろつく。像じゃなくて記念板で日本語が書いてありました。

ネロとパトラッシュの記念板


アントワープ観光に大変満足して駅へ戻ります。途中、ベルゴーフラBelgaufraという1950年からリエージュ風ワッフルを専門に作っている老舗のチェーン店があったので、ワッフル2€を購入し、食べながら歩きます。小さく写ってますが、20cmくらい。積んであるのはディスプレイでちゃんと焼きたてをくれます。

ベルゴーフラのワッフル


帰り際にデル・レイという創業60年の老舗菓子店によって高級チョコを購入。
12:03 アントワープ発の電車で、ブリュッセル方面行きに乗りアントワープに別れ告げます。天候のいいシーズンにまた訪れたいです。

次はどこへ行くでしょうか・・・?

ベルギー・メッヘレン

2011/12/16 (3日目) 続き

アントワープまでご一緒した道連れちゃんと夜の食事を約束して、私は一人途中駅メッヘレン(Mechelen)で電車を降りました。ベルギーの公用語は主にフランス語とオランダ語ですが、北部へ行くとオランダ語になります。この通り、ブリュッセルとアントワープで買った切符の言語が違うことに気付きました。

ブリュッセル・アントワープ間の鉄道の切符


メッヘレンは、アントワープとブリュッセルの中間に位置する町。1506年からの25年はネーデルラントの首都としてヨーロッパの中心地だったということなのでどんな町かとても楽しみ。運河もあったりして雰囲気がとてもいい。

メッヘレン旧市街への道は運河も渡る


駅から15分ほどまっすぐ歩くとグローテ・マルクトに到着。市庁舎は、左から14世紀(現在郵便局)、13世紀(博物館)、そして現在の市庁舎が並んで建っています。特に古い2つの建物はまるで宮殿かお城のような外観で豪華です。

メッヘレン市庁舎


広いグローテ・マルクトの反対に建っているのが聖ロンバウツ大聖堂。13世紀から300年かけ建設されたゴシック様式の教会。97mの塔は合計80トンのヨーロッパでも最重量級のカリヨンがかけられている。160mの塔になる予定が資金難で未完となっていて巨大な煙突のよう。

聖ロンバウツ大聖堂と未完の塔


聖ロンバウツ大聖堂は中にお邪魔しました。白を基調としたきれいな教会でした。

聖ロンバウツ大聖堂内部パイプオルガンやステンドグラスがきれい


大聖堂の裏側から出て、王立タペストリー工房や王立カリヨン学校、マルガレータの宮殿へと行こうと思っていたのだけど、すっかり方向感覚を失ってしまった。交差点で立ち止まって地図を広げても地図と照合できる建物がなく、地元の若者の後をつけて歩くという行き当たりばったりの行動を取りました。

迷子で立ち止まったときの町角


結局、マルガレータの宮殿というのがどれだったのかよくわからないまま見覚えのある市庁舎のゴテゴテ飾りが目に入りました。あの方向へ向かえばグローテ・マルクト。大聖堂の塔が完成していれば、道に迷うこともなくどこからも見えたの違いないのに、と少しうらめしく思いました。

グローテ・マルクトへ続く道


来たときとは違う、Ijzerenlaan通りを通って駅方面へ戻ります。
雨が少し降ってきましたが、地元の人がほとんど傘をさしていないので、同じようフードをかぶって歩きました。

Ijzerenlaan通り


Ijzerenlaan通りはショッピング通りですが、美しい館が並び両側を見ながら歩くと首が痛くなるほどです。

Ijzerenlaan通りの美しい館


かつての首都という華やかさよりも、運河沿いに残る歴史を感じる建物などに経済的にも栄えたであろうその頃の姿がなんとなく目に浮かびます。

運河を渡る橋と古い建物


運河沿い(というか中)には道が整備されていて散歩にもってこい。川に作られた道を一人歩いて風景を楽しみました。恐ろしいほど、人に会わないお散歩でした。

運河の中の静かな散歩道


13:40 メッヘレンを後にし、ブリュッセルへ戻ります。

さて、この後はどこへ向かうのでしょうか・・・。

ベルギー・ルーヴェン

2011/12/16 (3日目) 続き

メッヘレンからブリュッセルに戻りしばらく街歩き。でもひとつの心残りがずっと頭から離れませんでした。夕食を約束した18:00までかなり時間があるので、思い切って気になっていたルーヴェンという町へ行こうと決意し、再び駅へ向かいます。往復切符で9.6€。

少し電車が遅れているようで、来た電車がどこ行きかわからず車掌に聞いたらルーヴェンに停まるというので飛び乗りました。が、空港経由の時間のかかる電車に乗ってしまったらしい。
15:30 ルーヴェン着。駅からの一本道の先に市庁舎の塔が見えます。

ルーヴェンボンゲノーテン通り


ルーヴェン(Leuven)は、宗教と学生とビールの町。駅からまっすぐ10分ほどでグローテ・マルクトに到着。左の豪華な建物が市庁舎。15世紀のフランボワイヤン・ゴシック様式の、市庁舎とは思えないほど美しい建物。

ルーヴェンのグローテマルクトと市庁舎


石のレースと呼ばれる正面の彫像は236体もありクリスマスイルミネーションもあって絢爛豪華な様相。近くで見ると、細工も凝っていて素晴らしい。彫像は、聖書や町の歴史からテーマが取られているそうです。

市庁舎の彫像


雨が強くなってきました。市庁舎前の聖ペテロ教会に雨宿りがてら入らせてもらいます。ブラバント・ゴシック様式の教会で中もきれいでした。

聖ペテロ教会


市庁舎を曲がり、ナミュール通りを行くとすぐにルーヴェン・カトリック大学。15世紀創立、ベルギー最大の総合大学。若くてきれいな子が多く行きかっていてさすが大学の町という感じ。

ルーヴェン・カトリック大学


こちらはルーヴェンのレストラン通り。天気が良ければ学生達がビール片手にたむろっているに違いない賑わった様子が目に浮かぶけど、雨の降る寒い午後、閑散としていました。

レストラン街


ブラブラ歩いていると、クリスマスマーケットに行き当たりました。奥へ進むと、美しい建物、ルーヴェン・カトリック大学図書館。市庁舎に負けず劣らずの豪華さです。

ルーヴェン・カトリック大学図書館


町の散策に満足したので、そろそろ駅へ戻ろうとしますが、気がついたら道がわからなくなりました。まだ時間もあるしと感だけで歩いていたら、どうにも見覚えのある道に行きつかない。雨がいよいよ強くなったので、さすがに傘をさしました。そしてちょっと不安になってきたので、人に聞くことにしました。

若くてきれいで賢そうなお姉さんを厳選し(英語が話せ教えてくれる確率が高い)、声をかけたら流暢な英語が返ってきました。道順がややこしい説明で覚えきれない。不安になったのかお姉さんは途中まで一緒に行ってあげるといって案内してくれました。どうやら私は駅と180度逆の方向へ向かっていたようです・・・。

駅前へ続くボンゲノーテン通りまで来てお姉さんにお礼を言って別れました。かなり前に立ち寄った図書館前のクリスマスマーケットを別角度から垣間見たとき、私はいったいどこへ行こうとしていたのか、どこをどう歩いたのか振り返ってもさっぱり分からず、狭い町で迷子になったことですっかり意気消沈しました。

ルーヴェン・カトリック大学図書館前のクリスマスマーケット


16:45頃駅に着きました。ひとまずほっとしました・・・。

ルーヴェン駅


ブリュッセル行きのICが17:03までないので、おとなしくホームで待っていましたが、外気にさらされ、雨に濡れた体には寒さが堪えました。

ルーヴェン駅ホーム


何かアナウンスがあって、いっせいに周囲の人が動き出しました。どうやらホームが変更になった模様。1番線に移動し、電車を待ったけど、何かあったらしく表示が消えました。新しい時間も番線も出ない。言葉が読めないけど、恐らく何かあって大幅遅延しているようだという事は理解できました。

遅れる列車の表示


その後、次の17:24のゲント行きICが6分遅れで来てやっと乗ることができました。18:00の待ち合わせにはギリギリ。電車のトラブルは日本に比べ多いので、余裕が必要ですね。ブリュッセル中央駅についてから走ってグランプラスの待ち合わせ場所に向かい、無事に旅の道連れちゃんと再会することができました。

次回はルーヴェンへ行く前のブリュッセルと夕食をレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR