FC2ブログ

旅の持ち物・スーツケースの選び方&使い方

今日はスーツケースについて。選ぶとき、使うときのアドバイスを書きますね♪

私は現在、3つのスーツケースを使用しています。といっても、1つは、小さなソフトケース。5日以内の旅行に使います。アジアとか日数が少なくて、服が夏物でかさばらない場合ですね。
機内持ち込みができるギリギリのサイズです。
ソフトケースでは、内側、外側にポケットがあると便利です。

さて、残る2つのハードケースをご紹介。

ピンクのスーツケースは、6日間~9日間の旅行に主に使用しているスーツケース。
確か、昨年アリタリアで旅行した際に破損し、修理不能で交換してもらったものです。
なお、スーツケースに乗っかっているのは機内持ち込みに使っているバックです。

スーツケース中型やや大きめ


ボルドーのは、大型で、10日間以上の旅行に使います。今年、ルフトハンザに搭乗した際に破損し、やはり修理不能だからといって、もらった新品です(Primaxハードキャリー大型)。

スーツケース大型


そう、2つとも航空会社によって破損したスーツケースの代わりに頂いたものです。
たいていは、破損したスーツケースが修理できない場合、同等の大きさ(またはそれ以下)のものと交換してくれます。

航空会社が契約しているメーカーのカタログが送られてきて、希望のものをもらうわけです。価格はだいたい小売希望価格で3万円弱のものでしょうか。元のスーツケースが1万円以下だったので、わらしべ長者みたいな感じです。

私の経験から言うと、5万円以上するスーツケースも、1万円以下のスーツケースも、破損する確率はほぼ同じ。高いものを持っていても、同じものの新品は保障されないと思った方がいいです。気にいった高いスーツケースを使っている人は、保険に入っておく方がいいでしょうね。

で、私は最初は高いスーツケースを使っていましたが、強度にしてもそんなに変わりないと実感し、安ものをネットで買うようになりました。今はわらしべ長者で自分で買ってませんけどね。

しいて言えば、高いスーツケースは、修理できる可能性が高いので、エコ、かもしれません。


さて、そういうわけで実を言うとスーツケースにあまりこだわりがない私ですが、選ぶときのポイントをあげますね。

1.自分にとって、目立つ色を選ぶ。
好きな色でも構いません。バゲージクレームで見つけやすい、バスなどに積まれたかどうか確認し易いようにです。

2.スーツケース自体の重量の軽いものを選ぶ。
空の状態でも何キロもあるスーツケース。やっぱり軽い方が中にたくさんものが入るのでお勧めです。絶対値で比べてもダメなので、容量が何リットルかと合わせて比較して下さいね。

3.キャスターの滑らかなものを選ぶ。
意外と差があるのがキャスターです。特に20kgとかの重さになったときに、力をかけずに取り扱えるのはすごく便利です。空の状態だったら、1本の指先だけでどのくらい動きがいいか、をチェックです。

そして、最後に迷ったときは、より容量の大きい方を買う、これがポイント。大は小を兼ねる、です。
今時は、鍵はTSAロックが標準装備ですし、後は表面の加工とかプロテクターとかですが、それほど気にすることでもないと思います。


最後にスーツケースを使う際のポイントをあげますね。

1.航空会社の規定している重量は守ること
破損した場合に、規定の重量を超えていると保障してもらえませんので、オーバーしているのに預かってもらえた、とぬか喜びするのはどうでしょう。空港で働く方たちへの体の負担も考慮されているので、決められたキロ数は守るようにしましょう。私は重さがだいたいわかります。片手で持ち上げて、持ち上がる程度が20kg。カウンターで預ける前に自分で重さを体感して、結果と照らし合わせているとだいたい感覚があってきますよ。

2.鍵はいつも同じところに
海外旅行に行く際に、忘れたらいけないのが、パスポートとスーツケースの鍵。
旅行中も何度か開け閉めするので、ちょっと目立つキーホルダーなどをつけ、いつも同じ場所に入れる、できれば落としたりしないように、カバンの内側などにひっかけたりして固定できるようにするのがいいと思いますよ。

3.使用するベルトは帯状のシンプルなものに
カチャっと閉まるベルトがありますが、便利で簡単な分、実は破損の可能性が高いです。カチャの部分が壊れればベルトとして機能しません。着脱しやすい分、壊れて外れてしまうリスクがあるのです。ですから、面倒でも自分で締めるタイプをおすすめします。100円ショップで売っているので十分です。

4.空いたスペースにはプチプチをつめる
そう、荷物などに緩衝材として入っているあのプチプチです。買うまでもないので、届いた荷物に入っていたらとっておきましょう。荷物がずれないし、スーツケースの破損を防ぐ役割もあります。
そして、復路では、たとえばワインとか割れ物などを買った場合に包むことができますし、万一荷物が多くなった時は、捨てて来るという選択もできます。とにかくパンパンにつめていくのがいいです。重さはないですしね。

5.シールはすぐはがす
旅行会社のステッカーや、ホテルの部屋番号、セキュリティのシール(最近は少ないけど)などは、用がすんだらすみやかにはがしましょう。すぐにはがさないとはがれなくなるからです。もちろん記念にしたい方はそのままで。購入したステッカーなどを貼る場合、スーツケースは消耗品、修理不能になった時はステッカーも一緒にさよならになるのでその覚悟で。

6.税関を出る前に破損をちゃんとチェックしましょう
後で気付いても保障してもらえません。その場で、すぐに確認しましょう。小さな浅い傷や汚れなどは気にしない方がいいですが、たとえ1cmでも亀裂が入っていたりしたらちゃんと破損を申し出ましょう。取っ手やキャスターは保障対象外ですが、見落としがちなのがキャスターのついている底面です。
手荷物破損報告書を発行してもらい、後日宅配便でスーツケースを送ります。1か月くらい修理にかかるので早めに出した方がいいです。

いかがでしたか?持ち物については、中身についても今後取り上げていく予定です♪

旅の持ち物・情報機器

今週新しいノートパソコンを買いました。今日は、旅行に持っていく情報機器について書きますね♪

時代の流れは
携帯電話→スマホ
ノートPC→タブレットPC

だと思いますが、私の場合はちょっと時代に逆行しています。
ノートPCは用途に合わせていくつか持っているのですが、このたび新しいノートPCを購入しました。

VAIO Yシリーズ黒 オーナーメイド


SONYのVAIO、Yシリーズという11.6型液晶のノートPC。オーナーメイドといって、スペックを自分の好きに組み合わせて注文しました。i5プロセッサに4GBメモリ。

海外にまで持ち歩くのに、なぜiPhoneとかタブレットPCじゃダメなのか?
私にとって理由は簡単で、それらはまだスペックが低いから。

旅行にPCを持っていくのはブログを書くため、では残念ながらありません。実は投資を結構やってまして、株は長期保有派だからいいのですが、問題はFXです。7年もやってますが、今まで人に言えない相当額の勉強料を払いました(笑)

話が横道にそれちゃいましたが、パソコンは手荷物になるので、旅行に持っていくなら小さくて軽いものがいいです。用途によってはバッテリーの駆動時間が長いもの。

これまで持って歩いたのは右の工人舎という日本のメーカーのPC。ネットブックサイズの8.9型液晶(しかもタッチパネルで液晶が回転する!)、DVDドライブ付きという優れものでした。メモリが1GBというのが難点でしたが大きさはベストでした。

VAIOと工人舎SX


さて、ここからは海外でパソコンや携帯を使う際のほんのちょっとしたTIPSです。

海外でPCを使う、つまりインターネットに繋ぐにはホテルや空港から、になりますが、まずは使いたい場所で使えるWi-Fiがないか探します。信頼できそうなネットワークを見つけたらパスワードの有無、有料無料を確認し、フロントとかにパスワードを聞きに行く。聞き取り間違えると面倒なので、直接行って、書いてもらうか、その場で入力して確認するのが良いです。

よくあるインシデントは、
・古いパスワードを教えられる
・ホテル側のユーザーID認証で、登録されている名前のスペル等が間違えている
その他事象によって一度は再起動してそれでもダメならその日の利用は諦める(笑)

なお、有線LANを利用しているところもあるので、念のため1mほどのLANケーブルも持ち歩いています。

あと、有料と見せかけて、実は無料化しているというホテルも増えています。フロントでID/PWの紙を用意してあるところなんかは親切だしお互い楽だよねって思います。


次に携帯電話について。大抵の携帯電話は海外で使える仕様になっています。
初めての時は、海外利用サービスに加入しているかを事前に確認してくださいね。
まれに、何も確認しないまま持ってきて、使えないって騒いでいる人がいます。

海外で携帯を使う際に注意する点は、一番は料金でしょうか。
日本と同じ感覚で使うとびっくりする額の請求が来ますから、利用は限定した方がいいですね。着信もお金かかるという点をつい忘れがちです。

私はソフトバンクなので、海外パケットし放題なんてのもありますが、相当使う人以外、もともと高額なのであまり意味はありません。着信メールは送信元と件名だけ見て、急ぎの用件でなければ開けないようにします。

もうひとつの注意点は、ローミング先のキャリアによって、データ通信を提供していない会社があるということです。電波は3本なのに、メールが受信できない。そんなときは、通信先を手動で変えてみる必要があります。メニューが見つからないし、どこを選べばいいかわからない場合は、電源を入れなおして接続先をリセットするという方法をまず最初にとるといいでしょう。

携帯電話については、キャリア毎にサービスも違うし、機種ごとに設定の仕方など変わります。よく添乗員に聞いている人がいますが、彼らは電話会社の人じゃないんだから心配だったら事前にショップに行って説明してもらってくださいね。

あと私は携帯のアラーム機能を目覚まし時計として利用しています。特に一人参加した時は、寝る前だけじゃなくて、ホテルに入って夕食までの間、空港などの待ち時間とかアラームをセットして、うっかり寝てしまった場合の保険にしています。

最後に、PCは電源コード、携帯は充電器を忘れずに!!
それとうっかり落としたりして壊したときのために、海外旅行保険の携行品補償に入っておいてくださいね!

旅の持ち物・おすすめのガイドブック

今日は旅行のガイドブックについてのオススメを書きます♪

そもそも私はガイドブックは図書館から借ります!買うと高いし、結局一度しか使わないことが多いのでもったいないから。図書館のインターネットサイトで検索して、最新版を予約しています。最寄の図書館に届くとメールが来るので本当に便利です。

ちょっと難しいのは予約を入れるタイミング。特に人気の高い資料は、順番回ってくるのに日数かかるし、2週間しか借りられないから。旅行の期間に合わせて借りられないな、と思ったらひとつ古い版に予約を切り替えるということもあります。

1回の旅行に行くのに、私は多ければ10冊くらいガイドブックなどの資料を借りてきます。こんな感じ。(持って行くのは2冊くらいです。)

図書館から借りてきた旅の資料


では、私のオススメを紹介します♪

「わがまま歩き ブルーガイド」実業之日本社

写真が多く、情報量も多め。どちらかと言えば、個人旅行者向け。パッケージツアーもフリータイムを自分流に楽しみたい、また2度目以上の訪問といった上級者にはオススメ。私が一番好きなガイドブックです。ただし、ちょっと重いのが難。知名度がそんなに高くないので、図書館でも借りる人がそんなにいないのか、大抵は延長ができて4週間借りられます。

わがまま歩きブルーガイド


「地球の歩き方」ダイヤモンド・ビック社 

ガイドブックといえば、コレ。バックパッカーなど、事前に細かいプランをしないで旅立つ人向け。とにかくパッケージツアーでは行かないような町まで行き方含め情報が出ている。ただし慣れないと、道に迷うことも多い。情報量が多いので、とにかく分厚くて重いのが難点。パッケージツアー参加者は事前に調べものをするときにはいいが、あまりオススメしない。あまりに有名なので、現地でこれを持って歩いたりすると隙のある観光客だとバレバレ。買って自分だけで使うなら、都市ごとに切り離して使うのがオススメです。

地球の歩き方


「るるぶ」JTBパブリッシング

フリータイムのあまりないパッケージツアー参加者またはフリーでも短期滞在者向け。ハイライトのみがきれいに紹介されているが、情報量は少ない。細かい説明は期待できないし、その国/地域の担当者によって情報の正確さにムラがあるのが難点。写真が多く見ていて旅のテンションは上がる。大きさが大きいが薄いのはいい。付録のマップなどは持ち歩くのに重宝。

るるぶ


「ララチッタ」JTBパブリッシング
「ことりっぷ」旺文社

この2つは、小さくて軽いので、重いガイドブックを持っていくのは嫌、という人向け。街歩き用。感覚的には若年層向け。特に、ことりっぷはガイドブックには見えない外見と軽さで女性のバックに入れるのにぴったり。内容も少し軽い感じ。周遊ツアーにはあまり向かないかも。値段は1000円と手ごろ(軽いけど私は持って歩いたことがない。)

ララチッタことりっぷ


「旅名人ブックス」日経BPコンサルティング

他のガイドブックとは一線を画した存在。テーマごとに深く掘り下げられている。ぜひ行く前に一度目を通したい。ただし、それなりの読み物なので、軽い気持ちでペラペラとはいかない。写真も豊富で、内容も観光地の紹介といった表面的なものではなく、その町の背景が見えるようなもの。行く前にその土地に興味が持てるので、読んでから出かけるといい。残念ながらとにかく重いので旅行に持って行くのはオススメできない。(が、私はよく移動のバスの中で読んでいる)

旅名人ブックス


どのガイドブックにしても、アクセス情報や値段などは、本の編集、発行などの間にすら変わることがあるので、心配だったら最新情報はインターネットで検索した方がいいですね。

そして、「旅レポート」も旅のイメージ作りには一役かえるかも?(笑)
これから行く人のためにすべては書かないようにしていますが、行った人の旅行記を参考にしている人も結構います。一生に一回しか行けないって思ったら、見逃したとか後で後悔したくないですものね。参考になったホームページやブログは覚えておくと、次のときもまた役に立ったりします。

さぁ、いますぐお気に入り/ブックマークに登録♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR