FC2ブログ

火山噴火とフライト

話しは今年の4月に遡ります。

4/15、アイスランドの火山噴火のニュースを知ったのは、ヘルシンキ行き飛行機の中でのことだった。到着前のアナウンスで、乗り継ぎ便のゲート案内などがあるタイミング。
乗り継ぎ便に影響が出ているので、到着後空港で確認して下さい、という訳だ。

その時、まさかヨーロッパの空港が次々と閉鎖されることになろうとは思ってもいなかった。

キャンセルがずらり。(緑がキャンセル)
幸運にも、乗り継ぎ先が目と鼻の先のエストニアのタリン。キャンセルにもなっていないが、ゲートも出ていない。

キャンセル続出


もしキャンセルになったら、船で渡るなどの工程変更が生じかなり面倒なことになるところだった。同じフライトでやってきた日本人客たちの多くは主要なヨーロッパ各都市へ乗り継ぎ予定だったようだが、その晩足止めは確実のようだ。(その晩どころか大変な目にあったらしい)。

人もまばらになった空港でハラハラしたけれど、運良く予定通り、タリンへ飛ぶことができた。

ちなみに、私はこの「Final Call」を見る前に搭乗することはない。どれだけ飛行機に乗っても怖いのだ。席に着いてから飛び立って10分くらいまでは生きた心地がしない。だから1分でもその時間を縮めたい。お願いだから乗って下さいという雰囲気を感じるまで決して乗らない・・・

最終案内


私たちが無事に目的地へ着いた後、ほどなくして空港は閉鎖になった。そして続々とヨーロッパ各地の空港が閉鎖になって、交通がマヒしたのは皆さまご存じの通り。

私たちはそのまま旅を続けたが、途中で1週間前に出発した全く同じツアーの人たちに、ポーランドのホテルであった。飛行機が出ないので、延泊していて、翌朝バスで2日かけてヘルシンキまで行くのだと言う。トラブルに巻き込まれた場合、こんなこともあるのか、ショックだった。(この1週間前発のツアーに参加した人と偶然、12月に同じツアーになった。延泊代、バス代で約16万円実費請求があったそうです。)

そして、私たちが予定の帰国便に乗る頃にはこの騒ぎは終息しかけていた。1週間以上、ヨーロッパ各都市で延泊を余儀なくされた人達が、同じ便にも結構乗っていた。それらのツアーの添乗員達も疲れ切った表情とやっと帰国できるという安堵の入り混じった表情だった。

そうはいってもこういうトラブルになると、現地にいる人間にはなすすべがない。せいぜい、毎日空港へ行ってスタンバイし、乗れる便が出るのを待つしかないのだから。

ヨーロッパにはお気楽な気分で行っていた私だったけど、この時以来、ちゃんと準備をするようになった。またいつ噴火など起きるかわからないし、十分にあり得ることだとわかったから。

・日数分以上の着替えを持っていく。飛行機に乗る時は必ず1日分は手荷物で持つ。
・非常食の一部や薬も手荷物で。
・多少帰国が遅れても問題ないスケジュールで予定を組む。(早くも守れてないが)


明日からはこの4月に行った「バルト3国とポーランド12日間の旅」についてレポートします♪


デルタ航空

東欧の旅レポートの途中ですが、今日デルタからゴールドメダリオンの会員証が送られてきたので、デルタ航空の話をしたいと思います。 ※メダリオンプログラムについてはこちらの記事もどうぞ

会員証と一緒に、荷物用タグ2つとドリンク券4枚が入っていました。

荷物タグとドリンク券



私はデルタのマイレージ会員ですが、今までデルタに乗ったことがありませんでした。
(旧ノースウエストのプログラムが吸収されたから)

この前のブラジル旅行で初めて乗った感想。エコノミーです。

《シート》:きわめて普通。パーソナルTVは、エミレーツのように大きくないけど、好きなときに映画など見れるのは○

今回、アトランタ行きでフライトマップが全く進まないというインシデントがあった。再起動しても治らなかったので、あとどのくらいかわからなくてイライラした・・・

《機内食》:思ってたよりまずくなかった。エコノミーでもメニューが配られる。
東京→アトランタ

機内食東京アトランタ


リオデジャネイロ→アトランタ
くまのキャラクター、かわいい。

機内食リオアトランタ


スナックは、カップ麺、サンドイッチなどの用意がある。

《アルコール》:ビール、ワイン以外7ドル。
(年度の初めに会員証と共にもらったドリンク券は、何の根拠もなくデルタには乗らないと勝手に判断し捨ててしまって使う機会を逃してしまいました。)

《その他機内》:異常に寒かった。CAの年齢層がかなり高め。長距離でも耳栓、アイマスク、水ボトルなどはなし。

《マイレージプログラム》:スカイチームは大抵の予約クラスで加算対象となるし、上級会員になるとデルタ以外のスカイチームでもボーナスマイルがつくため、比較的ためやすい。また、特典旅行の予約もデルタ以外でもネットだけでできるので便利。上級会員の判定で余った端数が翌年に繰越ができるのも魅力。
ただ、事後加算などはかなり時間かかる。7月のアエロメヒコ分がまだ加算されない・・・。

《アトランタ空港》:フライトが遅れた関係で、乗り継ぎで、結局8時間過ごすことになったので、探検できました。空港は冷房がよくきいていて朝なんか特に寒いです。日の当たる窓際の、ゆったりした席を探すのが良いでしょう。

ターミナル間は電車もあるし、歩いてでも移動できます。お店はどのターミナルもあまり変わらず、まとまっていないので、歩き回ると疲れます。

日本行きでよく使われるゲートはEターミナルの端の方にあり、近くにはお店もありません。時間に余裕があれば、別の場所で過ごすことをお勧めします。

私が気にいったのはAの21付近、RECHARGEスタンドのある辺り。
足を伸ばして寝られる椅子が窓際にあり、お昼寝できました。

余談ですが、すぐ横のRCHARGEスタンドで、お湯を沸かしてどん兵衛とおにぎりを作りました♪
湯沸かしセットは手荷物にしおくと大活躍です。

湯沸かし器をアトランタ空港で使う


次回は東欧のレポートに戻り、ラトビアの報告をします♪

アリタリア・ビジネスクラス

今回は飛行機について

今年の2月アリタリア・イタリアのビジネスクラスでイタリアへ行きました。
2月という事もあってか、ビジネスクラスといっても、添乗員付きツアーで30万円。

そもそも母とペルーへ行くつもりで、何度もツアーキャンセルにあったので、代替としてどこかへ行こうという話になったのがきっかけ。母がイタリアに行ったことない、というものだから、親孝行のつもりで王道コースを探してもらった。

JALに乗りたくない、ビジネスでもいい、と言ったら、ビジネスと思えない値段のツアーが出てきたのでちょっとびっくり。

ラウンジはデルタを使用。

ラウンジフード


乗ったらびっくり。ビジネスクラスもがらがら。ビジネス後方側座席は18席程あったか、我々の他は1人しかいなかった。ローマ行きは満席だと聞いていたが、こちらはミラノ。
それにしても採算取れているのか。

シートはちょっと古いタイプの革張りのやつで、あんまりリクライニングしない。でも案外寝やすかったりする。(この頃ブログをやるなんて思っていなかったので写真が残っていません)

機内食は、成田→ミラノの方がいい感じですが、他社のビジネスに比べると見劣りするかも。
パスタは2種類用意されていて盛り合わせてくれる。これは帰国便の方がおいしいかも。

パスタ2種


こちらは3年前に利用した際の成田→ミラノのメイン。

メイン


デザートはプチケーキ、フルーツなど好きなだけ選べる。
写真はチーズ盛り合わせ。ちょっと量があるけどおいしいです。

チーズ


こちらは2回目の食事。

2回目食事


ビジネスクラスに乗るといつもと違うことは、窓際の席をリクエストするという点。
隣を気にせず出入りできるので、たまには窓から外を眺めたい。
こちらは今年2月に撮影。

飛行機から2月


3年前の9月撮影。

飛行機から9月


いくら高所恐怖症でもこの高さは現実感が全くなく安心して見られる。
安心できる遊覧飛行ってところかな・・・?

そうそう、アリタリアはビジネスでもスリッパでません。靴下だけです。ご注意を。
(またの機会にアメニティセット比較もしてみたいと思います。)

それから、アリタリアのビジネスに乗った2回とも、スーツケースを修理不能なまでに壊されました!
1回目は現金、2回目は新品の現物で対応してもらったけど・・・。
高いものでも壊れるときは壊れるし、保障の上限が決まっているので、これからは安いものを使うことにしました・・・。


次回は、冬のイタリアをレポートします♪

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR