中国・成都~桃坪羌寨

今回から6月に行った中国四川省の旅レポートスタートです。
クラブツーリズムの「九寨溝・黄龍・峨眉山・楽山8日間」の添乗員付きツアーに旅ともさんと参加、旅費は燃油等諸費用込みで一人12万円弱。36PAX。

2015/06/22 (1日目)

まず両替についてですが、中国元はどこで両替するのがいいのでしょうか。私は昔中国によく出張していたこともあり、家探しするとあちこちから中国元が出てきます。それで今回も旧札を中心に1000元程出てきたので両替の必要はなさそうです。ちなみに、旧札はそのままでは中国で使えないので、現地ガイドに相談すると現在のお札と交換してくれる事が多いです。

今回の例の両替レートを上げておきます。成田空港改札前トラベレックス(Travelex)は21.78、成田空港団体カウンター前のGPAは21.39、銀行はGPAとTravelexの間のレート、現地ガイドは21.73、とほとんど差がありませんでした。1万円で数元程度の違いですが、やはりGPAが申込書を書かなくていい点や場所(成田空港の出国後もあります)も含めてオススメです。
今回のような8日間程度のツアーではアルコール飲むかどうかで1人5千円~1万円分あればいいと思います。

17:25 NH-0947にて成都へ。搭乗レポートはこちら。この日、U18のサッカーチームが試合に行くために一緒だったこともあり、満席でした。

21:50 成都着。入国、荷物のピックアップはスムーズにいきましたが、同じツアーの人が5人ほど先に外に出てしまったようで、少々時間を食いました。ガイドとミートして荷物をひきずって駐車場へ向かいます。成都も都会なので空気が悪いのでしょうか、視界が今一つはっきりしません。

成都双流国際空港


22:50 バスにて成都双流国際空港を出発します。成都の町は思っていたより遥かに大都会で、高層建築も多く、看板のネオンが派手です。道路は昔の中国のイメージからは想像できない程、舗装が滑らかで、自転車の影がないばかりかきれいな車が多く、路上にゴミもありません。タクシーが薄いグリーンで、パンダのシールが貼っているのが可愛いです。

成都の街とタクシー


23:20 成都のホテル、芙蓉麗庭飯店に到着です。ここは今回連泊ではありませんが、3回泊まることになっています(写真は後日撮ったもの)。中心部からは離れていて観光スポットはありませんが、周囲はお店もあります。夜到着だと店も閉まっているので、1Fの売店の人が飲物などの販売案内に現れます(ビール10元、水2元)。

成都のホテル、芙蓉麗庭飯店外観


建物はやや古いですが、部屋は広さも普通で、まずます。中国のホテルの多くがそうであるように、ベッドがちょっと硬めです。Wi-Fi無料(PWなし、階によって繋がらない部屋も、fc2ブログやtwitter、facebookにはアクセスできません)。冷蔵庫、湯沸しポットあり。

成都のホテル、芙蓉麗庭飯店の部屋


部屋からの景色は遠くに高層ビルなどが見えますが、何だかはっきりしない風景です。いつもこんな感じなのではと想像できます。この後、夜中雷雨となっていました。

成都のホテル、芙蓉麗庭飯店からの眺め


2015/06/23 (2日目)

朝、どの部屋もモーニングコールは鳴らなかったようです。私たちは大抵携帯のアラームで起きるので問題はないですが、ツアーではそうした二重の仕掛けが必要です。
朝食はちょっと油っぽい中華中心です。写真にないですが、ヌードルがオススメです。

成都のホテル、芙蓉麗庭飯店の朝食


ちなみにこのホテル、日本人グループがものすごい数泊まっています。出発時間が重なると、エレベータが大混雑するので早めの行動が必要です。

7:30 バスでホテルを出発します。昨夜からの雨で、外の景色は全く写真に撮れません。今日は移動が長く、途中ちょっとだけ観光しながら九寨溝まで向かいます。成都の周辺を離れると高速道路での快適な移動となり、景色もだいぶ変わってきました。

成都から都江堰の間の車窓景色


大きな川も渡ります。岷江じゃないかと思います。雨が止んだようで景色を楽しむことができます。遠くの山がきれいです。

岷江


都江堰の近くを通るころにはすっかり雨が止みました。都江堰は成都に戻って来る時に寄るので今は遠くの街を眺めるのみです。と言ってもやはりはっきりしない天気というか、空気のせいであまり遠くまで見る事はできません。山の上の塔が印象的です。

都江堰付近の車窓


長いトンネルを抜けると急に強い日差しが照り付け、目の前には湖が現れました。ここは岷江の紫坪埔ダム、成都の水瓶です。以後3㎞クラスの長いトンネルが続きます。道路は滑らかですが、ドライバーがよく急ブレーキをかけるなど他の国に比べ運転が荒いのであまり快適じゃありません。

岷江の紫坪埔ダム、成都の水瓶


9:45 ガソリンスタンドで15分のトイレ休憩(無料)です。きれいな売店では缶ビールやお菓子等も買えます。道路脇ではフルーツなどを売っていて、例えばさくらんぼなどは1パックくらいの量で3元(65円)と安いです。

道端の果物売り


汶川という大きな町から道路をそれて西に向かい、羌族(チャン族)の村、桃坪羌寨(とうへいきょうさい)へとずっと川沿いを遡ります。川は濁って荒れ狂った感じです。
10:25 最初の観光地、桃坪羌寨に到着です。

桃坪羌寨(とうへいきょうさい)


現地ガイドの案内で、村を散策します。この村はガイドブックなどにも紹介がなかったので、何も調べずに来ました。村の地図を見ると駐車場は川下にあり、とても小さな村であることがわかります。

桃坪羌寨(とうへいきょうさい)地図


中国と言っても、この周辺はチャン族の自治区、文化がかなり違うようで、建物などが石造り、独特の雰囲気です。と言ってもこの村はかなり観光地化していて、建物はホテルやレストラン、お土産屋などばかりです。

独特の雰囲気のあるチャン族の村


チャン族は中国の少数民族のひとつ、四川省のこの辺りに住んでますが、元々、遊牧民族だったそうで、窓などに動物の飾りが多いのが特徴です。

チャン族の村の印


次回、桃坪羌寨~汶川をレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

曇り空

 いつもレポートを楽しみにしています

  成都は、盆地なので、スカァ~~と
  晴天になることはマレだそうです

  それで、「蜀犬、日に吠ゆ」という諺がありますね
    成都の犬はいつも曇りの天気に慣れており、
    太陽が出ると、驚いて、お日様に向かって吠える
  と。

  中国の乾燥している中原地方と比べ
  湿潤で、天気はもちろん、人の気質も
  大きく異なるようですね

  レポートの続きを楽しみにします


   

   

Re: 曇り空

いつもありがとうございます♪

そういえば現地ガイドさんが、そんな天気の話をしてくれましたね。
Pm2.5が中国で3位の濃度ですという話とともに・・・。
都会だという自慢にも聞こえかねなかったですが、そんな状況じゃ実は晴れていても
青空なんて見えませんよね。
今回は高山病対策でかなり慎重な旅になったので、おもしろい話は出てこないと思います(笑)

No title

こんにちは!

ほんと川が大きですね~~
いい景色だしe-420

チャン族φ(・ェ・o)~メモメモ
勉強になりました(笑)

Re: No title

景色nスケールがでかいですよね!
中国にはたくさんの少数民族が住んでいますけど、実際その場に足を踏み入れたのは
初めてでした。感覚的には別の国ですね。
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR