ルクセンブルク・ルクセンブルク

2015/05/06 (6日目) 続き

18:43 ルクセンブルク中央駅に帰ってきました。出発したときと同じ一番遠いホームに到着です。ここを出るときには、まさかヴィアンデンにも行こうとは思っていませんでしたが、半日で2つの町を訪問することができました。

ルクセンブルク中央駅のプラットホーム


ルクセンブルク中央駅は駅舎もちょっと見ごたえがあります。特に行先掲示板の上の巨大なステンドグラスは通り過ぎて見過ごすにはもったいない作品です。天井もかわいいです。

ルクセンブルク中央駅のステンドグラス


ルクセンブルク中央駅を後にし、今回の旅行でまだ見ていないアドルフ橋を通って旧市街へ戻ることにしました。もうすぐ19:00、まだまだ十分明るいのでもっと観光できそうですが、既に疲れきっているので、旧市街で最後の晩餐をしてホテルに帰ることにします。

ルクセンブルク中央駅


駅から斜めに伸びる大通りをまっすぐに歩き、アドルフ橋を目指します。この辺りはちょっとパリっぽい雰囲気です。これらの建物は大企業のオフィスだったりします。

ルクセンブルク新市街


アドルフ橋の手前、素敵な塔があるこちらの建物は、欧州投資銀行。その本部が小さな国、ルクセンブルクにあるのです。

欧州投資銀行


さて、そこにアドルフ橋があるはず、と思いきや、どういう訳か橋があるべきところが行き止まりになっていました。なんと、橋は工事中で渡ることもできなければ、その姿を見ることもできません。隣にかけられた仮の橋を渡りながら、この白い壁のようにしか見えない巨大な工事現場をちょっとうらめしく思いました。本来は、1900~1903年に掛けられた旧市街と新市街の間を隔てる渓谷にかかるアーチの美しい石造りの巨大な橋がここにあるのです。

大規模修繕工事中のアドルフ橋


午前中にツアーが解散したアルム広場に戻り、第一候補に考えていた、ラ・ロレーヌ(La Lorraine)というレストランへとやってきました。19:10とディナーには少し早めだったので予約なしでもすんなりと入店できました。

アルム広場のシーフード専門店ラ・ロレーヌ(La Lorraine)


このラ・ロレーヌは、有名なシーフード専門店で、ガイドブックなどにも紹介されています。観光客の他、地元のビジネスマンの接待らしき人なども多く利用している様子です。
何を頼むかメニューと格闘するも、魚介類の名前が何だかさっぱりわからず困っていたら、日本語メニューもあるよと持ってきてくれました。

ラ・ロレーヌ(La Lorraine)の新鮮な魚介類


20:00に近くの憲法広場に行けばツアーバスが拾ってくれてホテルへ帰れますが、レストランに入った時点でどう考えてもそれには間に合わないので、ゆっくり食事をし、路線バスで帰ることにします。魚介の盛り合わせを1つ頼み、2人だったら足りないかな?と聞くと、食べてから足りなかったら追加したら、日本人はだいたいそんな感じと言ってくれました。後は、ワインはリースリングでオススメのものをハーフボトルでもらいます。

アミューズに、ホワイトアスパラとトマトのガーリックなんとか、がサービスされます。アミューズが出されるようなレストランは久しぶりです。無料のつき出し、みたいなものですが、この店にぴったりな1品です。シーズン的にも白アスパラ食べたかったのでちょうど良かったです。
パンも無料で提供されます。

白アスパラを使ったアミューズ


そして、こちらが頼んだ魚介盛り合わせ「ラ・ロレーヌ」、見た目が滅茶苦茶豪華です。
写真に写っていない場所にもたくさん小さい貝やエビが詰まっています。サン・ヴァースト産スペシャルNo.3など牡蠣3種類、アマンド貝、バルルド貝、クラム貝、小エビ、イチョウガニ、手長エビ、ツブ貝、タマキビ貝、エビジャコ、のどっさり盛り合わせ、です。

魚介盛り合わせラ・ロレーヌ


私はシーフード、それもエビカニ貝類が大好きなので大満足ですが、ひたすら黙々と食べることになりました。ダンナは途中でちょっと飽きたようです。1年分くらい生の貝を食べたような気がします。もし貝に中っても、明日は飛行機乗るだけと思い、おいしく頂きました。

無言になる絶品シーフード


食べるのにだいぶ時間がかかったので、あっという間に21:00です。ホテルでもらっていたバスの時刻表を見ると、21時台にはバスが1本しかなかったのでその時間に合わせて店を出ました。盛り合わせ1つとハーフボトルワインで、お会計税込95.3ユーロ、クオリティの割に安かったと思います。外に出ると21時を回ってようやく薄暗くなってきた感じです。

夕暮れ時のアルム広場


旧市街のメインのバス停(Hamilius)は20近い路線が通るので、駅前と同じように路線ごとに乗り場があってとても分かりやすくなっていました。21:24の5番のバスで終点まで行き、ホテルへ戻ります。同じツアーの一番若いご夫婦が一緒でした。他の人達は早々に帰ったか、ツアーのバスに拾ってもらったことでしょう。

ルクセンブルク旧市街のバス停Hamilius


もちろんこの路線バスもルクセンブルクカードで無料です。1日たったの13ユーロで、全国の列車バスが無料(切符買っても1日券は4ユーロですが)で、主な観光地の入場料のほとんど(60か所以上)が無料ととてもお得なカードでした。列車やバスでは検札がない限りは提示する必要もありませんし、入場料が必要な所では入口で提示するだけです。飲食以外はこの13ユーロの出費で一日楽しめました。今度は3日券とか買って、国中のお城などを制覇してみたい気になりました。

観光客に太っ腹な価格、便利でお得なルクセンブルクカード


21:36 バス内の表示にあった通り、12分で終点Parc de I'Europeに到着、まっすぐ前に見えているホテル、ダブルツリーバイヒルトンまで5分ほど歩きます。

ダブルツリーバイヒルトンまでの帰り道


21:40 ホテル帰着です。長い一日でした。今日も3万歩弱、よく歩きました。

2015/05/07 (7日目)

7:45 ホテルを出発し、空港へと向かいます。
8:00 ルクセンブルク空港に到着です。昨日までと打って変わって、半袖では寒い気温、走ってターミナルに駆け込みます。
小さい空港ながらゲートの隣のお店などで、ルクセンブルクの主だったお土産も買える空港です。

ルクセンブルク空港


10:55 LX-0751にて、チューリッヒへ。
11:40 チューリッヒ到着、13:15 LX-0160にて成田へ。

2015/05/08 (8日目)

8:15 25分遅れで成田到着。

8日間とは思えないほど充実していて、久しぶりにいいツアーでした。しかもGWに21万円弱との安さなのに、ホテルもレストランもかなりいい所を使っていたし、小さな町や村での自由行動も多くて、私のようにヨーロッパ毎年何度も行っている人でも満足できる内容だったと思います。同じクオリティ、値段であれば、毎年行きたいくらいのツアーでした。特にワインがお好きな方にはオススメのツアーです。

これで、花の島マウナウ島と美しきアルザス地方・黒い森を巡る8日間の旅レポートがようやく終わりです。最後まで読んで下さりありがとうございました♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

はじめまして。

以前からブログ拝見させてます!
現地の情報が詳しく載っているので
ブログ見てると行きたい場所が増えてしまいます笑

更新大変だと思いますが
ブログ運営陰ながら応援しています!!

急にコメントしちゃってすみませんでした。
失礼します。

No title

こんにちは!
ステンドグラス
後光がさしてますねe-267

シーフードセンター
エビだけは一目瞭然(笑)

Re: はじめまして。

syotaさん、はじめまして!コメントありがとうございます♪

時々、ブログやる気を失くし、記事のクオリティにブレがありますが、
こうして応援のお言葉をいただくと、また頑張ろうという気がでてきます♪

旅は、ここ行きたいなーと思う時が一番楽しい気がします。
これからたくさんチャンスを作って、あちこち行ってくださいね!

Re: No title

tookueさん、こんにちは!

モザイクみたいなステンドグラス、きれいでしょ♪

シーフードは日本語メニューもらって、それがエビか貝なのかの違いしか
結局わからず(笑)もちろん食べている時も、どれが何貝だか??
でもどれもおいしいので、それでいいんです!!

No title

こんにちは aya1103さん
少し来られなかったので
いま一気に拝読させていただきましたー
旅慣れたらっしゃるaya1103だからこその目線で
細かなところまでレポしてくださって
本当に楽しく見せていただいています。
レポを書くのも大変だと思いますが
いつもその国に行った気分にさせていただき
夢が広がります。


Re: No title

こんにちは!
嬉しいお言葉ありがとうございます♪
旅慣れていると言っても、最近はツアーばかりで楽してばっかり。
この旅行は、ツアーだったし人数も多かったのに、それが全く気にならない程
充実して楽しめました。
最近、ひどい目に遭う事も多かったので、久しぶりに最後まで気持ちよく満足できて
そういう旅行だとブログも書きやすいです。面白みにはかけますが(笑)
とにかくちょっとでも行った気分になってもらえれば最高です♪

すごいボリューム

ほんと 一年分 食べたようにありますね!
自分たちで 好きなところに行くという
旅のプロの行き方 憧れます。
春の白アスパラ 最後だからいかがと 勧められ
とりましたが さすがに 最後だったです。
ルクセンブルグ 行きたいですー。

No title

初めまして。ここ2,3年一年に2,3回海外旅行に行くことができるようになりました。旅行記のブログ、いっぱいありますが、このブログはいつも拝見しています。今回のツアーは39名だとのこと。私はツアーの内容とともに(もちろん料金もですが)参加人数も決めてのひとつです。先日もイギリスツアーが38人だったので止めました。参加人数についてはどうですか。アドバイスや体験談をお聞かせください。

Re: すごいボリューム

小紋さん

私結構早食いなんですけど、この盛り合わせ食べるのに1時間以上かかったってことですから
すごいですよね。これだけの貝とか一度に食べてお腹壊さないかちょっとヒヤヒヤしました(笑)
終日フリータイムとかあるツアーだと、個人旅行気分も味わえるし、このルクセンブルクは
小さい国なので個人旅行でも楽しみ安いと思いますよ♪そのうち是非♪

Re: No title

mayflowerさん

はじめまして!コメントありがとうございます♪
ツアーの参加人数ですが私もできるだけ考慮しますよ。やっぱり20人台くらいがベストですかね。
少なすぎても、偶然気が合う人たちならいいですが、そうもいかない場合、食事の席とかでトラブルになります(笑)
バスの席が一人2席使えるくらいの人数がいいですよね。
でも人気のあるツアーは大抵人数が多いです。だからと言って私はキャンセルは一度もしたことありませんけど。

人数を限定している旅行会社や出発日などを選ぶのも手ですね。
ただし、ツアーによっては大人数が気にならないこともあります。
今回はそのパターンです。「散策」が多く、「観光」が少ないことで、皆でぞろぞろ歩く必要がなく、
長距離の移動が少ないので、バスの窮屈さがそれほど気にならず、そして、明らかにヨーロッパリピーター向けの
コースだったので、旅慣れた人が多くて、協力的だし、効率的に動ける人が多かったこと、ですかね。
飲物も自分で皆注文していたし。

人数のテーマはもっと掘り下げて書きたいこともあるので、ネタが尽きた時に一度取り上げてみたいと
思います。いつのことやら・・・?

No title

お疲れ様でした。
ルクセンブルクは、街の中心部を2時間ほど歩いて、あとは迂回ルートで走っただけなので、再訪を考えていました。
そこに、お得なチケット情報。車不要ですね。

ドイツ以西の地域は、車でほとんど回ってしまったので、そろそろ鉄道旅でもしようかと計画中です。レンタカーだと、どうしても大都市の中心部を避けてしまうので、意外に大都市が抜けていたりもしていますので。

Re: No title

連休、楽しまれているようですね♪
ルクセンブルクは列車とバスが本数は少ないですが安い上に利用しやすいので車無くてもいいかも
知れません。車の方が動きやすいですが、やっぱりパーキングも限られますよね・・・。
私は海外で運転するのは怖いので、列車の旅がいいかな~。
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR