ドイツ・ザスバッハバルデン

※お知らせ:しばらくの間ブログの更新頻度を少しあげます。

2015/05/04 (4日目) 続き

13:35 ゲンゲンバッハからバスで北上すること45分、ドイツの美しい村に選ばれたことのあるザスバッハバルデンに到着です。ツアーで組み込まれることは滅多にない村です。Alde Gott Winzerというワインショップの隣の駐車場でバスを降り、14:30までの自由散策となりました。ワインショップの入口で地図をゲットします。この村もキーワードは木組みの家とブドウ畑です。

ザスバッハバルデンの木組みの家


ザスバッハバルデンは山というかブドウ畑の斜面に囲まれた細長い村で、タール通りというなだらかなメインストリートを上って行きます。いかにも地方の村ですが、道は舗装され、こじんまりした中世の村という感じはありません。ホテルやレストランも数えるほどで、お土産屋はおろか商店すらほとんどない田舎です。

ザスバッハバルデンのタール通り


教会が見えたのでそちらへ曲がります。これと言って観光箇所があるような村じゃなく景観が売りの村らしいので、プラプラ散策、がメインになりそうです。

ザスバッハバルデン村の教会


ここで先ほどゲットした地図をよく見てみますが、ドイツ語しかないので概要しかわかりません。オススメの散歩道っぽい赤い線がありますが、おそらく一周10㎞くらいあります。その道上にビュースポットと思えるマークがいくつかあったので、ここから一番近いAlde Gottと書かれた所を目的地に設定し、坂道をその方向へと上がって行きます。

ザスバッハバルデンの横道


地図と標識を頼りに道を上がり、うっそうとした森の中のような道を抜けると、美しい村と呼ばれるにふさわしい景色が見えてきました。そう、この村は石畳でも家並みでもなく、村の全体的な風景がとてもきれいなのです。やはり高台に上がらないとこうした風景は見られません。

ザスバッハバルデン高台からの村の風景


しばらく進むとブロウ畑の真っ只中の道に出ました。この風景こそこの村の印象として焼き付くものです。ブドウ畑の向こうに転々と見える家、豊かな緑、長閑で良い所です。

ザスバッハバルデンのブドウ畑


ブドウ畑の道を進むと、作業している人影を発見しました。ご夫婦でしょうか。丁寧にまだ若かそうなブドウの木の世話を1本ずつしているようです。広大な畑、作業は気が遠くなりそうです。

ブドウ畑で作業する村人


今回の旅はとにかくワインの産地が多いので、ブドウ畑の違いが目につきます。一目見て分かるのは、枝の伸ばし方が、ものすごいバリエーションがあるということでしょうか。まだまだ葉を見た所で品種の違いはわかりそうにありません。

ザスバッハバルデンの葡萄


ここが地図にあったAlde Gottの場所だろうという場所に辿り着きました。展望スポットと言えば、視界が開けている所はどこもナイスビューなのですが、休憩用のベンチなどがあります。そこにあった碑文によるとAlde Gottは伝説の女性の名前らしいです。そしてこの村のワインの名にもなっています。

展望スポットAlde Gott


少し休んだら、駐車場方面に伸びるブドウ畑の中の道を進みます。このブドウ畑だけしかない道で、道にぽつんとパンフレットが置いてあったので取ってみると、どうやら近くのホテルのパンフレットでした。添乗員が以前に特殊な仕事でこの村に来たことがあって、ワイン樽のホテルに泊まったと言っていましたがそのホテルのもののようです。大きなワインの樽(8000リットル)が寝台車みたいな狭い部屋になっているみたいです。

ザスバッハバルデンのブドウ畑の中の道


ワイン畑を歩きながら、村の集落を見下ろします。ホテルというよりは民宿のようなものしかなく、派手な観光スポットは何もないのに、観光客も多いらしいです。でも、観光客らしき人とは誰にも会わない、それがこの村の良さかも知れません。

ブドウ畑とザスバッハバルデンの村


少し歩くと景色の角度が変わり、何度も立ち止まってシャッターを押してしまいます。私達は写真右中央からそのまま写真の中央を横切り、左端の先にある三叉路のような所にあったAlde Gottを通って、ブドウ畑の中を歩いてきています。

ブドウ畑に囲まれたザスバッハバルデンの村


道は広大なブドウ畑を縫うように走っていて、その先には遠くの町まで見えます。方面的には朝出てきたストラスブールの方向です。
同じツアーの人達もこの道までは誰も上がって来なかったので、景色を独占できました。

広大なブドウ畑


さて残り時間が少なくなってきましたが、道がかなり遠回りで駐車場までどのくらいかかるか時間が計れなかったので、ごめんなさい、と言いながらブドウ畑を突っ切ることにしました。
村の家並みがどんどん近付いてきます。この景色もとてもきれいです。

ブドウ畑から見たザスバッハバルデンの村


3段分くらいのブドウ畑を突っ切り、民家のある所まで下りたお陰で5分前に駐車場に着くことができ、出発前にトイレ(駐車場にある無料トイレ)にも寄れました。
突っ切らせてもらったブドウ畑はすごい斜度で転がるように落ちた感じでした。急な斜面のブドウ畑に囲まれた静かで素朴な村でした。観光客はおろか人もろくに歩いていないそんな村です。

ザスバッハバルデンのブドウ畑


14:30 ザスバッハバルデンを後にします。10月には結構盛大なワイン祭りがあるそうです。今年は10月2日から4日、もしまた来る機会があればそんな季節に訪れるのもよさそうです。

次回はリューデスハイムをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こちらでは
結構斜面のついたところで
葡萄つくってるんですね
作業は大変そうe-330

ストラスブールを見下ろす景色はよさそうですね~

No title

こんにちは。本当に美しい村ですね。
中学生の時、地理の教科書に載っていたドイツの村を思い出しました。
こんな村に2、3日滞在して散策して、そよ風に吹かれながらアップされいるベンチで美味しいワインとライ麦パンのサンドウィッチを食べたーい!!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

tookueさん

実際この斜面を降りてみて初めて、見た目以上の斜度があることに気付きました。
太陽の光をいっぱいに浴びれそうですよね。

遠くの町ですが、ストラスブールだったのかどうだか・・・?
天気が良ければ見えるという話もあるのでそうだったかも知れません。

Re: No title

LORETTAさん

ヨーロッパの美しい村って言うともっと中世ぽく集落が固まっていて古い家が多い石畳の場所って
イメージだったんですが、素朴な田舎でした。結構広い村で、中心部以外は家も点々・・・。
確かに2,3日のんびり滞在してみたいですね。
お店もそんなになさそうなのでサンドイッチは手作りかな(笑)

Re: No title

鍵コメさんへ

すみません、DMに気付いていませんでした。前は通知機能があったと思うのですが今はないのですね。
お返事できず失礼しました。
ただ、ネットで知り合った方と直接お会いすることは例外なくお断りさせて頂いていますので
ごめんなさいね。もっとも私の場合リアルの友人知人にも滅多に時間を割くことはないのですが(笑)
ネットではまた気軽にお声かけ下さい。
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR