フランス・リクヴィル~リボーヴィレ

2015/05/03 (3日目) 続き

残り時間20分を切って、時計塔まで戻って来ました。小さな村とはいえ、1時間は短いです。
後はせっかくなのでこの村でワインを購入したいと思います。

リクヴィルの時計塔を外側から見た写真


メインストリートを急いで下りながら、途中教会へも寄ります。
駆けずり回って汗だくですが、本来ゆっくり味わいたい町並み、いえ村並みです。

リクヴィルのメインストリート


目についたワイン屋さんへ入り、リースリングワインをゲット。
選ぶ基準は、値段が置いてあるものの中で、中の上くらい、ラベルの素敵なものという適当な感じです。10ユーロ弱で、おいしいワインが手に入ります。

リクヴィルのワインショップ


最後に村の入口、市庁舎の門をくぐってみました。こちらも一歩集落から出るとブドウ畑に囲まれています。

リクヴィルの市庁舎とブドウ畑


門から見たメインストリート、素敵な眺めです。観光客が増えてきたようです。
とても素敵な村なので、できれば私達のような日本人団体ツアーに会わないのが理想です。丘に上がったせいで時間がずれ、村の中で同じグループの方達と合わなかったのは良かったかもしれません。

リクヴィルの市庁舎門から見たメインストリート


10:15 リクヴィルを出発です。次のリボーヴィレはすぐ近くで、実はリクヴィルに来る時に一度通っています。間にも小さな村があり、辺り一面がブドウ畑です。

リクヴィルとリボーヴィレの間の車窓風景


リボーヴィレはコウノトリで有名な町ですが、リクヴィルとリボーヴィレの間、リボーヴィレ
に近い所にコウノトリ繁殖センターがあって移動の時車窓で見る事ができます。いい写真が撮れなかったので写真は割愛ですが、たくさんのコウノトリの巣があり、ブドウ畑の上を飛び交う姿も見られます。

10:25 リボーヴィレの駐車場に到着です。周辺の家にもあちらこちらにコウノトリの巣があります。

リボーヴィレの民家の煙突に住むコウノトリ


リボーヴィレの旧市街の入口です。リクヴィルよりは大きな村で、町と言ってもいいサイズです。11:30集合の自由散策ですが、メインストリートの真ん中あたりまで添乗員が案内してくれます。

リボーヴィレの入口付近


この村にはあちらこちらに笛吹きの象とか看板が見られます。9月には笛吹祭りというのがあるそうです。中世の頃から吟遊詩人などを歓迎し、信仰と絡んでお祭りに発展したようです。笛吹以外にもかわいい看板などがたくさんあるので、小さな飾りを見逃せない村です。

あちこちに笛吹の姿があるリボーヴィレ


こちらが村のメインストリート、グランリュの入口付近です。観光客でいっぱいで、かなり観光化された村という印象です。

リボーヴィレのグランリュ


グランリュの奥には、山の上にお城が見えます。サンユルリック城Saint-Ulrich Chateau、今は廃墟になっているようですがあそこまで上がれるようです。今回は時間がないし、ダンナ連れなので行けませんが、一人だったら走って上ったかも知れません。

リボーヴィレのメインストリートと山の上のお城


この村もメインストリート沿いはかわいらしい色合いの家が並びとても素敵なのですが、道路がかなり舗装されていたり、近代のブロックが使われていたりするのがちょっと残念です。

リボーヴィレのグランリュ


リボーヴィレは縦に長い村で、横道を覗くと、すぐそこにブドウ畑が見えます。リクヴィルを見てしまった後だと、こうした風景も、さっきのリクヴィルの方がよかったなぁと思ってしまいます。

リボーヴィレの脇道


グランリュのちょうど真ん中あたりでしょうか。広場に市庁舎があります。ここでツアーの皆さんは散っていきます。まだ時間があるのでもう少し奥まで行ってみたいと思います。

リボーヴィレの市庁舎前広場


市庁舎のある広場からすぐ先には、よく目立つ時計塔、肉屋の塔(La Tour des Bouchers)があります。多くの人はこの塔のあたりで引き返して行きましたが、私達は奥まで行ってみたいと思います。

リボーヴィレの肉屋の塔


次回リボーヴィレの後半をレポートします♪
(スイス・ヴェンゲンからの更新でした)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こうのとり が沢山いるんですか
この村は子宝に恵まれ過疎が無くて良さそうですね(笑)

Re: No title

子どもの数よりコウノトリの数の方が多かったような・・・
この村では、コウノトリは赤ちゃんじゃなくて観光客を連れて来ているのかも。

No title

おひさしぶりです。
ブータンの素晴らしさを感じて、行ってみたい!と思いましたが、
ヨーロッパの田舎もやっぱり素敵!!今年は海外旅行の予定はないので、
ayaさんのレポートで行った気分を満喫します。楽しみにしてます。

Re: No title

お久しぶりです!
ブータンは変わりゆく真っ只中という感じなので、もし行こうと思ったらやっぱり
早い方がよりブータンらしさを感じることができると思いますよ♪
とはいえ、ヨーロッパの田舎もやっぱりとても素敵ですよね。
少しでも行った気分になれるよう頑張ります♪

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR