フランス・夜のストラスブール

2015/05/02 (2日目) 続き

19:00 ストラスブールに着き、ホテルへ入る前に夕食をレストランでとります。プティット・フランスにあるレストランまでは近くでバスを下りて歩いて向かうので、ちょっとした旧市街散策も出来ます。写真はクヴェール橋です。


ストラスブールのプティット・フランス、クヴェール橋


クヴェール橋でイル川が4本に分かれています。このイル川はストラスブールの旧市街をぐるっと囲むように大きくは2つに分かれているのですが、プティット・フランスの周辺だけ4本に分かれているのです。

ストラスブールのプティット・フランス


その川に沿うように道が張り巡らされていて、進むに連れ独特の木組みの家が増えてきました。道路も石畳で、素敵な雰囲気です。

ストラスブールプティット・フランスの木組みの家


さらに歩いていくとレストラン街です。どのお店かな・・・?
反対側から来る予定だった添乗員さんは場所に今一つ自信がないようなので、一緒に探します。

ストラスブールプティット・フランスのレストラン街


19:15 レストランに無事到着です。ガイドブックにも載っている「オ・ポン・サン・マルタン(Au Pont St-Martin)」、アルザス料理の人気のレストランだそうです。床がゆがんでいるような古いレストランですが、雰囲気のある建物で内装もとてもかわいらしいです。

オ・ポン・サン・マルタン(Au Pont St-Martin)店内


川沿いにあるレストランなので眺めも素敵です。木組みの家々の色合いがただ可愛いというのではなくて、おしゃれ、な感じがします。

オ・ポン・サン・マルタン(Au Pont St-Martin)店内から見たプティット・フランス


食事の方はまずはタルト・フランベ(アルザス風チーズパイ)。
まぁ、ピザと言っちゃった方が分かりやすいです。極薄のパリパリの生地に、チーズが合います。アルザスの白ワインにぴったりです。

タルト・フランベ


メインはシュークルート。アルザスの代表的な料理です。この料理にも白ワインが使われているみたいなので、ワインは白にして正解でした。この皿、相当に大きくボリュームたっぷりなのですが、これでスモールサイズなんだそうです。

アルザスの代表料理シュークルート


フランスらしくのんびりしたサービスで夕食が2時間近くかかってしまいました。21:05 食事を終え外に出ると、もうすっかり夜景のお時間です。

オ・ポン・サン・マルタン(Au Pont St-Martin)外観


レストランの横には橋があり、そこから見たレストランの雰囲気が滅茶苦茶素敵です。
安いツアーの割に食事もいいレストランが使われていて評価高いです。

オ・ポン・サン・マルタン(Au Pont St-Martin)


バスはエトワール広場で待っているそうなので、思いがけず夜の旧市街散策ができそうです。ぐっとムードのある雰囲気になり、路地の向こうから手招きされているようで、迷い込みたい気分です。

夜のプティット・フランス路地


添乗員さんはこの町が久しぶりだったのか、ちょっと方向感覚を失ったようです。いったん逆方向へ歩いてしまったことに気付きました。途中で引き返しますが、迷ったお陰もあって、素敵な景色を堪能することができました。夜のプティット・フランス、とてもロマンティックです。

ストラスブールのプティット・フランス夜景


プティット・フランスの中の道は行き止まりもあったりして、少々遠回りもしましたが、現在地がばっちりわかるサン・トーマ教会に出ました。私はこの街が初めてだったので、思わず大聖堂?と言ってしまったくらい立派な教会です。

ストラスブールのサントーマ教会


旧市街を抜け、エトワール広場まで延々と歩きます。夜の街の景色が素敵だったからか、添乗員の人柄が良かったからか、マイナウ島などの観光で歩き疲れたはずのツアー参加者たちは誰一人文句ひとつ言わず、思いがけない夜の散策を楽しんだようです。21:45 バスが待つエトワール広場に辿り着きます。

エトワール広場への道


22:00 ストラスブールのホテル、メルキュール パレ デ コングレスに到着です。
街の中心へはトラムで行く立地ですが、部屋はきれいで使いやすい快適なホテルです。ミニバー、水1本、湯沸しポットセット、バスタブ、ドライヤーなどあり。Wi-Fi無料(PWなし)、ちょっと遅め。周辺にお店などはないようですが、日中買い物の機会が多いので問題ありません。

メルキュール パレ デ コングレスの部屋


次回はフランスの最も美しい村のひとつリクヴィルをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

4年前に同じ店で食べました!(URLに登録してあります)
料理の方は、かなり残念な印象だったのですが、川沿いの席を確保できれば雰囲気的には良い店ですね。
しかし、ツアー御用達の店だったとは・・

当時、周辺の川沿いではいたる所で工事中だったので、これまた残念な景観だったのですが、夜の街並みも楽しめたとのことで羨ましいです。

Re: No title

この旅はレストランの選定はなかなかでしたね。安いツアーの割に通常のツアーよりもいい店が使われていたと思います。
と言っても、ツアーでは特別おいしい料理は出ません。もちろん値の張るものも。
ツアーのいい点としては、不味いものは基本出てこないことですかね、食事の評価が悪ければ、即レストランや
メニューが見直されますから。ということは無難なものばかりで、少々つまらないということでもあります。

この界隈の夜の雰囲気はぐっと来ました。ホテルが少々遠いので夜は来れないと思っていたからラッキーでした。
これも、レストランがサービスが遅く、かつ添乗員が道を間違えてくれたおかげです(笑)

こんにちは!

木造5階建て 日本じゃ考えられないですよね~

タルト・フランベは
やはり
ピザでハンク
タルト・フランベなんでしょうね~(笑)

Re: こんにちは!

こんにちは!

階数数えちゃうなんて、目の付け所が・・・
ヨーロッパの古い建物って、よく立ってるなーって思うものも
多いですが、そう、木造で歪んでも立ってるんですよね。
歩くたびに酔いそうですが(笑)

No title

絵画の様な写真がいっぱいでしたね。
次回は 最も美しい村。。。なんですかー。
ワクワク楽しみだなー!🐱

Re: No title

アルザス地方は特に町がかわいらしいです。
国境の町であるとともに、歴史的にドイツとフランスの間を行ったり来たりした
こともあって、ドイツの影響も濃いですね。
次回、とても良い所なんですけど、天気がイマイチだったので、写真が・・・(泣)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

鍵コメさんへ

こんばんは!コメントありがとうございます。
この先数回、懐かしい景色を見て頂くことになりそうですね!
文章力と語彙がないので、拙いレポートになりますが、ご勘弁を。何しろ理系ですから(笑)

ちなみに、早期退職する時点まではFXでは大損で、ちょっと人に言えないくらいの
損害を被りました。今は少しずつ取り返しつつありますが、そうした利益だけで旅行できるように
なるのが理想です。
段々、旅費をけちった旅が増えてきましたが、それなりに楽しんでブログにも残せたらなと
思ってます。これからもよろしくお願いしますね♪

面白いお話に感謝

ヨーロッパの夏はホントにいいと聞いたんですが、
本当に良さそうですね。
俺も行ってみたいです。

Re: 面白いお話に感謝

私はヨーロッパは夏より春が一番好きです。あ、この旅も春だったんですが、
もうすっかり夏も終わりですね(汗)
先を急ぎます(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

鍵コメさんへ

はじめましてコメントありがとうございます♪
ありのままのレポートですが楽しんでもらえたら嬉しいです。

さん付けですが、ブログ上の起債が時によってしたりしなかったりとそもそも統一感なくてすみません。
文字数が思っている以上に多いときとか、特に省いていて、一度付けないと、しばらく付けないが
続きます。

ちなみに、現実世界では、添乗員さんとかドライバーさんとか言うことはありません。
○○さんと名前で呼ぶことにしています。だから余計に添乗員さんと言うワードがしっくり来てないのかも
しれません・・・。

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR