ドイツ・マイナウ島(高台の道~蝶の家)

2015/05/02 (2日目) 続き

スプリングアベニューと名付けられた高台の道を歩きます。ここは最近造られた花壇という感じではなく、草むらの中にチューリップが自然に咲いているようです。ドイツ語のプレートが読めませんでしたが、遥か昔このチューリップを植えた当時相当のお金がかかった模様です。

マイナウ島スプリングアベニュー


道の途中にはスウェーデン塔なるものが建っています。こうしたちょっとした古い建物が絵になります。

マイナウ島スウェーデン塔


道の終わりにはテラスがあって、バーデン大公フリードリッヒ1世の胸像があります。この島で亡くなった大公、そのひ孫にあたるレンナルト・ベルナドッテ伯爵が荒れていた庭園を造り変えて一般に開放したのが現在のマイナウ島です。

大公フリードリッヒ1世の胸像のあるテラス


レンナルト・ベルナドッテ伯爵は2004年に亡くなられていますが、伯爵家はその遺志を継いで、島の維持に努めているようです。ドイツでは子孫が維持しきれなくなった多くの城が国の管理になっている中、うまくいっている珍しい例かも知れません。

主だった高台の見所を歩いたので、テラスから下へと階段を下ります。高台と低地を結ぶ斜面にはブドウ畑が広がっています。

マイナウ島のブドウ畑とスウェーデン塔


島の中心付近にある建物などがいくつか集まるエリアに向かいます。大きな花壇もあり、ここにもたくさんのチューリップが植えられています。品種が書かれたプレートも付いていて種類の多さにびっくりです。

チューリップの花壇


蝶々の形をした蝶の家(バタフライ館)に立ち寄ります。入口はモスラ、もとい幼虫の中です。

マイナウ島バタフライ館


モスラの中で行列に並び、待つこと数分、やっと入口に辿り着きました。
順路は時計回り、皆動き回る蝶などを写真に撮ったりするために足が止まるので、入口付近は大混雑です。蝶は動いているので、ひとまず人が少し減るまで抜かしてしまうのがコツです。

マイナウ島バタフライ館内部


所々に果物が置いてあり、特定の蝶?が集まっています。
目のような柄があり、木の幹のようです。図鑑に載っていそうな蝶です。

バタフライ館の珍しい蝶


たくさんの種類の蝶や蛾が飛び交っていますが、止まっている所を写真に撮ろうと思っても飛び出しちゃったりとなかなか難しいです。こちらはきれいな色が入っています。

マイナウ島のバタフライ館にいるきれいな蝶


巨大なのもいます。止まり方がいかにも蛾という感じですが、20㎝以上もあります。

マイナウ島バタフライ館の巨大な蛾


誰かの手に止まっておとなしくしているのもいます。きれいな色です。昔簡単な見分け方として、羽を広げて止まるのは蛾、合わせて止まるのが蝶と教えてもらったことがありますが、例外もあるらしいです。きれいならどちらでもいいです。

マイナウ島バタフライ館手乗り蝶


こちらは私があんまり見た事のない、透明な部分が多い羽を持つ蝶です。

マイナウ島バタフライ館にいる羽の透明な蝶


こんなにいろんな種類の蝶を見たことがなかったし、そもそも蝶の飛び交う中を人間が歩くという不思議な体験をしたことはなかったと思います。昆虫は好きじゃありませんが、なかなか見ごたえがありました。キレイな色のは少なかったですけどね。

マイナウ島バタフライ館にはきれいな蝶は少ない


ふと気づくとまるでブローチみたいに、私の肩に1匹止まっていました。私の汗の匂いが好きなのかしら?と思うほど長く止まっていて、いろんな人に写真撮られました。ですので、滅多にしない自撮というのをやってみました。自分の顔は嫌いなのでブログ用じゃなくても写しません。

肩にのる蝶


ジタバタしてもなかなか離れてくれなかったですが、なんとか追いやり、蝶の家を後にします。出口付近にはここならではのアクセサリー?が・・・。サナギが吊るされているようですが、こちらは出てきた所・・・?てっきり売り物だと思いました。

アクセサリーに見えるサナギ


次回はマイナウ島の続き~フランス国境までをレポートの予定です♪
(ナポリからの更新でした)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

珍しい蝶ですね

あちらは歌壇の作り方がうまいですよね。
日本はまだまだですね。

紫の蝶は「オオムラサキ」に似ていますね。

No title

あまり人造的なところは好きではないのですが、ここは良さそうと調べてみたら、半島の反対側10Kmも離れていない所が4年前に出かけたライヒェナウ島でした。
ツアーって、すぐ近くの世界遺産はスルーするんですねェ、ってスルーする理由は分かりますけど。(笑)

チューリップの時期を外したら、どんな変化が見えるのでしょうか・・

Re: 珍しい蝶ですね

シッタレさん

王道な花壇という感じですが、とてもきれいだと思いました。やっぱり庭を手入れしてきた歴史を感じます。

花の種類や名前は苦手ですが、蝶はもっと苦手です。
キレイか、好きか、そうじゃないか、くらいのコメントしかできなくてすみません(笑)

Re: No title

Rさん

実は近日中にもう一度この島に行くので、チューリップじゃない季節の1例を紹介できそうです。
あ、今度もツアーなんですが、お近くの幸せの島の方も今度はコースに入っています。
むしろセットになっているツアーの方が多いかな?

No title

こんにちは!

ヨーロッパでは
蝶と蛾の区別はなかったんですかね?

写真の蛾
羽に目がついてますね(笑)

Re: No title

こんにちは!

よーく見るといろんな柄がいておもしろいですよね。
あんまり近くで見ると、胴体とか気持ち悪いですけど(笑)
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR