ブータン・タクツァン僧院(後半)

2015/04/02 (13日目) 続き

11:00 第二展望台は目指すタクツァン僧院よりも高い所にあるので、少し僧院を見下ろす事になります。後の道のりは簡単かに見えますが、実はここからが最大の山場になると前もって調べてあります。でも、ここまで来たらもう後へ引き返すという決断は難しいでしょう。幸い体調悪くないので、先へと進みます。

第二展望台から見たタクツァン僧院


岩壁に作られていると思ったら恐怖が込み上げてくるような急な階段を降ります。
幸い、端に寄らなければ下は一切見えず、そこそこ渋滞気味だったので高所恐怖症の私でも耐えられるものでしたが、何しろ600段以上も下ります。帰り上ることを考えると足が重くなります。

第二展望台からのきつい階段


時々渋滞するのは、階段の幅があまりないので戻ってくる人とすれ違うために立ち止まることも多いからです。そして近付く僧院の姿がまさにパンフレット等で見たまま眼前に広がって来るので、写真を撮るために立ち止まる人も多いのです。

壁に張り付くタクツァン僧院


山側に小さな置物がたくさんあるのを見ました。ブータンの他の場所でも見た事がありますが、これはツァツァというもので、円錐に近い焼き物の仏塔のようなものです。簡単に言うと願掛けのようなもので、いろんな時に置くものらしいです。岩壁の割れ目などによく見かけます。

ツァツァ


階段を降りきると、ここまで来ないと全く見えなかった滝があります。小さなお堂と橋があり、お堂の所には例によってマニ車があり水の力で回っていました。

タクツァン僧院手前にある滝


滝はほぼ真上にあるので見上げると、上方に岩壁に隠れるように小さな寺院があるのに気付きました。ここも聖地で、女性の高僧が瞑想した洞窟があるらしいです。近くで撮ってこんな感じなのですごい場所にあります。シャクナゲかな?お花がきれいです。

タクツァン僧院手前にある滝の横にある寺院


滝からは最後のきつい上り階段が待っています。ガイドは信心があれば必ず導かれ辿り着けるみたいな言い方をしていましたが、信心のない自分はくじけそうな階段でした。
11:25 タクツァン僧院にやっと到着です。

タクツァン僧院入口


山に慣れた健脚の4、5名がガイドより先に着いていて、残りはパラパラ、2、3人が遅れ気味、4名が第一展望台までにリタイアという状況で、予定通り麓から2時間半くらいの道のりでした。寺院にはカメラや荷物を持って入れないので、ここでコインロッカーに預けます。僧院内は少し冷えるので、脱いだ上着は着た方が良いでしょう。

入場する際には人のチェックがあります。ボディチェックをする場合と、まぁ通っていいよという場合と適当です。カメラなどの持ち込みも禁止されているので、本当に手ぶら状態です。お陰でお賽銭を持ってくるのを忘れました。写真は預ける前に入口付近で撮ったお花です。桜に似てたけどなんだろう。

タクツァン僧院に咲いていた花


寺院内に入ると、いきなり急な階段が待っていました。着いたと安堵していたので余計にきつかったです。内部は7つの寺の集合体となっていて、ひとつひとつお参りします。

タクツァン僧院は、8世紀ブータンに仏教を広めたグル・リンポチェが虎に乗ってやってきたと言われる場所で、この断崖絶壁をタクツァン=虎の巣と呼ぶようになったそうです。まずは、グル・リンポチェが瞑想したという洞窟の小さなお寺に入ります。4畳半くらいで、1年に1回しか開かない扉が横にあり、床は岩、という狭い空間で、写真の中央右、1階奥の右肩に小さ目の岩が突き出ているあたりと思われます。

タクツァン僧院は寺の集合体


他のお寺も順番に回ります。それぞれの寺に入る前に毎回靴を脱ぎます。10~20帖くらいの寺が多く、それぞれ祭壇があり、町にある寺と似たような雰囲気です。人が来るとお坊さんが例の黄色い神様の水とか、揚げたお菓子のかけらとかを手に分けてくださいます。ブータンでもお寺ではお賽銭の習慣がありますが、面白いのは置き場から自分でお釣りを持っていく所でしょうか。一回のお賽銭は10Nuくらいが相場のようです。

お寺の中には、床の岩の裂け目にお賽銭を落とす、とか興味深い慣習もありました。
また、バターランプを供える場所が寺と別にあり(火事を防ぐため)、大きさによって20Nu~、供養や祈願のために供えられるようです。足がガクガクし始めたので、寺院内ではあちこち座ってお話を伺うなど休憩もするよう心掛けました。

寺院はとにかく辿り着いてからの内部の急な階段にびっくりしました。元々ブータンの階段は急なものが多いですし、断崖絶壁にできた寺院なので想像できると言えばそうですが、盲点でした。入口まで来て階段を見て参拝を断念される方も中にはいるらしいです。写真の外階段も斜度がすごいですが、これも実際上ります。

内部にも急な階段が多いタクツァン僧院


12:30 参拝を終え、荷物をピックアップしてタクツァン僧院を後にします。
僧院から見るパロの谷、のどかな風景です。そしてこれから手前の山に見える第一展望台まで下りていきます。

タクツァン僧院から見たパロ谷と第一展望台


既にガクガクしてきた足を引きずるように階段を降ります。
振り返るとタクツァン僧院が見上げる位置にあります。ここに来てやっと、よく登ったなと実感が湧いてきました。

下から見たタクツァン僧院


復路は、600段を超える階段を休み休み上り、苦しそうな人を勇気付けながら、第二展望台までがきつい道のりとなりました。疲れに飴やキャラメルがいいエネルギーになります。第二展望台からは山を下るだけなので、スイスイという感じでしたが、トレッキングポールのお陰で足への負担を減らせ楽に下りられたと思います。

13:40 第一展望台に戻ってきました。ここでやっとランチです。カフェテリアでビュッフェランチをいただきます。野菜だと思ってうっかり口に入れた左下のもの、エマ・ダツィという唐辛子のチーズ煮込みで、一口食べて口から炎が出そうになりました。ブータン人には毎日欠かせないものですが、辛すぎ、でも慣れたら癖になりそうなのは何となくわからなくもない食べ物で、一生忘れられない味です。

タクツァン僧院第一展望台カフェテリアのビュッフェランチ


ランチ後はしばし休憩。この第一展望台には結構きれいなトイレもあります。洋式だし、トイレットペーパーもあります。ここ以外は僧院でも下の駐車場でもトイレは見かけませんでした。水分は汗で出るのであまり心配は要らないでしょう。

タクツァン僧院第一展望台のトイレ


14:30 第一展望台を出発し、駐車場まで下ります。帰りはおしゃべりしながら歩く余裕がありました。高山病も発症せず、余裕こそないものの思ったほどきつい山登りではなかったという印象ですが、シニアの方々はよく頑張りました。帰りはあっという間です。

駐車場付近から見たタクツァン僧院


15:10 下の駐車場に到着です。達成感と安堵感でいっぱいになりました。
タクツァン僧院に行くにあたって気を付ける事は、寺院参拝する場合服装に注意(Tシャツ短パンとかNG)する必要があること。靴はしっかりしたもの、水や飴、雨具、杖を持っていくことをオススメします。

次回は西岡京治氏ゆかりの地をレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

断崖絶壁

断崖絶壁にできた寺院を見る度に、どうやってこんな建物の資材を運んだのかなーっと思います。300年以上も前の建造物なので、人の手で運んだのでしょうが、信仰心の強さを感じます。
それと、何であんな辛い唐辛子を食べれるんだ!?って思いますよねwそれも、信心なのかもしれません(笑)

Re: 断崖絶壁

下から見るとまさに、よくあんな所に・・・て場所ですが、何しろ空駆ける虎の背に
乗って舞い降りたというんだから、まぁ、人が行きそうにない所でも仕方ないですよね。
後半の階段がある辺りからは、明らかに絶壁だったと思うので、建設当時は死者も出たかも
知れませんね。現在の僧院は近年消失したのを今世紀に再建したものですが、それでも
裏に車道があるわけじゃないので建材を運ぶのは大変だったと思います。
あの唐辛子ですが、1つで十分辛いのにもやし炒めみたいにどっさり食べるのが
不思議でした。他に刺激がないから、味覚で衝撃を楽しんでいるのではと思っちゃいました(笑)

No title

この建物建築には大変だったでしょうね~
ayaさん高所恐怖大丈夫でしたか?
結構高そうで怖そう

Re: No title

建てる時も虎が寺を持ってきたとか(笑)
高所恐怖症ですが、腰から下が完全におおわれていれば大丈夫なのです!
バルコニーとかなくてよかったー。

No title

凄いところに寺院があるのですね。良く辿りつきましたね。
私ではとても駄目そうです。
それとあの真紅の花が気になりました。
何の花でしょうね。
下の花は桃の花に近いと思います。
aya1103さん私と同じで「高所恐怖症」でしたよね。
私もいつかは行かないといけないところがあるのですが。
(国内ですけどね)

Re: No title

今のところ、裏に車道なんかもなく、歩いてしかいけないというのがポイントですが
大抵の人は心構えさえあれば辿り着ける場所です。
根性と持久力がないので、きつかったですが、ダメかもと思っていた分、案外大丈夫だったというか。
ここは足場がしっかりしていて、場所の割に高さを感じるポイントがあまりなかったので
足がすくむ場面はほとんどなかったです。
高所恐怖症ゆえに行けない場所がいくつかあるので、私も早く克服したいです!!
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR