ブータン・ティンプー観光(中心部)

2015/03/31 (11日目) 続き

17:45 首都ティンプーのメインストリート、ノルジン・ラムを歩きます。雰囲気的にはアジアの小スイスという感じです。山に囲まれた町に走る綺麗な通り、伝統様式の建物が並ぶ姿がスイスにありそうな町に見えました。ブータンで最も賑やかな場所です。

ティンプーの中心ノルジン・ラムと手信号の交差点


発展目覚ましいブータンの首都とはいえ、なんとティンプーには交通信号というものがありません。最も交通量が多いと思われるティンプーの真ん中では、警官が手信号で交通整理を行っています。かつて信号が設けられたこともあったようですが、結局今現在このスタイルが続いているそうです。他の道や交差点では手信号さえ必要ないのがブータンなのです。

信号のない首都で手信号で交通整理する交差点


首都だし近代化された町だと言いますが、私はこの静かな町が気に入りました。他の国にはない独特の雰囲気があります。建物が全てブータン様式なのが一因かもしれません。よく見ると壁や窓の装飾は素晴らしいものが多いのです。じっくり見たら華やかですが、景色として見ると派手に感じないのが素敵です。

ビルもブータン伝統様式


お土産屋などを覗きながら、ホテルサンババへと戻ります。18:00くらいに閉まるお店もあり、ティンプーの夜は早いです。町は安全ですが、凶暴な野犬がうろついているし、夜はあまり出歩かない方が無難なようです。ホテル前で一緒に行った皆と別れて、私はすぐ近くにあるシティモールへ行きます。

最新の商業施設シティモール


シティモールの中には、近代的で高級なスーパーマーケットが入っています。韓国語やら日本語が書かれた商品なども多い輸入品中心の店です。火曜日はドライデーということでアルコールは買えないと聞いていましたが、この店では普通に売っていました。地元の人にあまり需要がないのか、閑散としています。

おそらくブータンで最も近代的なスーパーマーケット


19:00 ホテルで夕食です。旅行者用の辛くない料理中心のビュッフェが定番です。ここ数日、いろいろ不手際があったので、飲物は旅行会社のおごりでした。他の旅行会社だったら、何かあったらすぐにドリンク出すなどしますが、あまりに不手際あり過ぎて毎回出してはいられなかったようです(笑)

ブータン旅行者向けの夕食


2015/04/01 (12日目)

9:00 ホテルを出発し今日はティンプー観光です。
9:10 歩いてもすぐの中央郵便局にまずやってきました。ここは隣に銀行もあり両替ができます。

中央郵便局


入ると、普通の窓口が並び、奥の方に進むと小さな部屋にはポストカードや織物製品など売っている売店があります(米ドルも使用可)。ブータンは珍しい切手が多いことで有名だそうです。

中央郵便局内部


この郵便局に来た目的はオリジナル切手を作るためです。入口近くにパーソナライズコーナーがあり、好きな場所で写真を撮って、データを渡すとそれを切手にしてくれるのです(12枚、20Nu.*8と10Nu*4)。混んでいて時間がかかりそうなので、ピックアップは後ですることになりました。ちなみに今日から、日本への切手代が20Nuから30Nu(60円)に値上がりしました。

オリジナル切手が作れるコーナー


9:45 伝統技芸院ゾリン・チュスムにやってきました。ブータンの技芸に関する美術学校です。予定にはなかったですが案内してくれました。けれど、来てみると今日は法要のため授業はお休みとのこと、段取りが悪いです。寄宿制の学校らしく、生徒が出入りしています。

伝統技芸院ゾリン・チュスム


窓越しに教室を覗いてみます。織物の教室のようです。

伝統技芸院ゾリン・チュスム内部


隣を覗いてみると、こちらは木彫りですね。ブータンでは彫刻や絵画など、今でも建物にふんだんに施されていますから、技術を身に付ければ活躍の場が多そうです。

ブータンの彫刻教室


法要の様子を見せてもらえると言うので、靴を脱いで法要を行っている部屋へお邪魔させてもらいました。使用する道具を安全に使えるようにという祈祷なのだそうです。
10人を超える僧侶が祈りを捧げています。ブータンの法要においては法要音楽が重要な要素のようです。

伝統技芸院ゾリン・チュスムでの法要


お供えものも山盛りです。外国人観光客を気にする様子もなく、法要音楽が鳴り響きます。ンガ(太鼓)やドゥンチェン(ロングホルン)など独特の楽器が奏でるのはかなり重く強い音楽です。部屋も明らかにこうした法要のために作られたと思われる仏間と言った感じでかなり派手です。法要の様子を間近で見れて、芸術のクラス見学より興味深い体験になりました。


伝統技芸院ゾリン・チュスムの法要の間

門を出て駐車場の所、学校の向かいに、学校の先生などの作品を売るお店があり、そこでしばし休憩です。見事な作品がたくさんありブータン芸術をじっくり見るにも、お土産を買うにも良さそうです。

伝統技芸院ゾリン・チュスムの作品を売る売店は美術館のよう


次回もティンプー観光の続きをレポートします♪
(九寨溝滞在中、予約投稿でした)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR