インド・ダージリンヒマラヤ鉄道トイトレイン

2015/03/29 (9日目) 続き

10:40ダージリン駅発のトイトレインに乗るまでの30分は駅周辺で写真タイムです。駅のホームにはまだ列車がきていないので、駅の隣にある車庫兼整備工場を見に行きます。
これがダージリン・ヒマラヤ鉄道のトイ・トレインの蒸気機関車です。かなりの年代もので整備も大変そうです。

整備中のトイトレイン


ダージリン・ヒマラヤ鉄道は1881年開業、アジアで一番古い登山鉄道で、世界遺産に登録されています。New Jalpaiguri(ニュー・ジャルパーイーグリー)からここダージリン駅を結ぶ全長88㎞、高低差約2000mの鉄道です。ダージリンの駅舎は何回か建て替えられているようです。

ダージリン駅


線路の幅はトロッコサイズで61㎝しかありません。おもちゃの列車、トイ・トレインという愛称からも頷けるかわいいサイズです。

ダージリンヒマラヤ鉄道の線路


ダージリンの駅からは斜面の町の姿がよく見えます。天気は相変わらずですが、霧がよく出ることでも有名で、この霧がダージリンティーの茶葉を育てる上で欠かせないもののようです。駅舎にはいろんなダージリン・ヒマラヤ鉄道に関する説明プレートなどもあるので、そういったものを見ながら時間を潰します。

ダージリン駅から見たダージリンの町


ホームに列車が入ってきました。駅の時刻表によると、今日ダージリンを出発するトイ・トレインは4本、8:00、10:40、13:20、16:05、8:00はディーゼルの牽引で、残りがスチームとありました。現在では足として期待する人はほぼおらず観光目的ですから、頑張って蒸気機関車を整備しているようです。出発前の火室、列車を引くのに必要な火力を感じます。

トイ・トレインの蒸気機関車の火室


それでは列車に乗り込みます。今回は隣駅グームまで乗ります。客車はたったの2両、トイ・トレインは人気なので切符の確保は困難なようで、大抵旅行社を通して事前に予約している人たちばかりのようです。朝タイガー・ヒルで出会った日本人夫婦も一緒でした。

車内に入ってみると、あれ、おもちゃという感じはありません。レールの狭さの割に車両は普通、割としっかりしています。でも少しピッチは狭いかな?左右2列ずつです。座席は指定なので、ガイドから案内された番号の席に座ります。

トイトレインの客車車内


どこがいい席かわからない人が、添乗員に進行方向はどっちと聞くと、向こうですと自信たっぷりに逆の方向を指していました。どうもこの添乗員さんは突然の質問に対して誤答が多いです。終点なんだから昨日から線路見ているんだし、どちらに向かうか初めての私でもわかります。写真撮りたい人へオススメなのは、谷側の窓際です。

10:40 トイ・トレインがゆっくりとダージリン駅を出発します。道路の端に作られた線路を行くので、山側では家々をスレスレに走るスリル感を味わうことができます。カーブが多いので、窓を開けて乗っている列車を撮ることも可能です。スピードは10km/h程度です。

ダージリンの町を走る世界遺産トイトレイン


窓が汚いので、車窓景色を楽しむという感じでもなく、実は乗るより外から見ている方がいい列車かもしれません。窓が開くので、喜んで写真を撮りまくっていたら、顔に何かあたって痛いなと思いました。気付いたら頭から服からススだらけでした。窓のさんがあっという間にこの通りです。蒸気機関車で窓を開けるとどうなるか経験のない世代ならではの失態です。

窓を開ければススだらけになる蒸気機関車


線路が道を横切るときなどは車掌が上半身を出して旗をかかげて自動車に知らせます。そして、走り出してそれほど経っていないのに、途中で停車して給水をしていました。
30分ほど走った所で、この鉄道のハイライト、バタシア・ループに到着です。ここで10分ほど停車するので、列車を降りて写真を撮りまくります。

バタシア・ループ


さらに霧が濃くなってきました。このバタシア・ループは、天気が良ければヒマラヤが見える絶好の写真スポットなのですが、せっかくのトイ・トレインの背景は真っ白、山並みなんて影も形も見えません。ここでトイ・トレインとヒマラヤの写真を撮るためにわざわざ来る撮り鉄さんもいるそうです。

バタシア・ループで写真ストップするトイトレイン


この牽引している蒸気機関車ですが、ダージリンから今向かっているGHOOM(グーム)という次の駅までは上りになるためか、顔が逆向きについています。普通の蒸気機関車に比べれば確かに小さいですが、あまり小さく感じません。

かわいい顔のトイトレイン


このバタシア・ループは、今回の私達と逆方向、麓から上がってきた場合は初めてダージリンの町が見える場所ということで、ヒマラヤ見えなくても展望スポットです。避暑地とはいえ、よくこんな山の上にびっしりと家を建てたものです。

バタシア・ループから見たダージリンの町


10分ほどして車掌が笛を吹いたらまた列車に乗ります。グループ内では席替えをします。しかし、窓を開けないと写真は撮れないし、開ければススがバチバチと飛んできて、大変なことになるので、結局どこに座っても一緒かもしれません。ほとんどは町中の道の端を通る形になります。

町中を走るトイトレイン


11:30 グーム駅に到着、列車を降ります。写真やトイレのためにしばしフリータイムです。このグームという駅は標高2258m、この路線で一番標高の高い駅になります。観光で乗るには、ダージリン-グーム間の1区間だけで十分と思れ、ほとんどの観光客はここだけ乗ります。

グーム駅に到着


髪や服、顔などについたススを丁寧に払いますが、耳の穴まで入り込んだようです。
乗ってきた列車はここでUターンするみたいで、機関車を付け替えていました。付け替えの様子や、顔が前にある写真を撮りたければ、この駅がオススメです。

グーム駅で蒸気機関車を付け替えたトイトレイン


次回はグーム僧院などをレポートの予定です♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

あー良かったあ!

アジアの秘境を堪能されているようですね。

体力勝負だって事、ひしひしと伝わってきます。
ちょっと過酷な状況が続く中で、見所を伝えたいという
お気使いに感服!

今回はトイ・トレインを楽しまれたようでホットしました。

Re: あー良かったあ!

トイ・トレインは何が楽しかったかと言われると、説明のしようがありませんが
何故か列車などバス以外の乗り物はテンション上がりますよね。
口や鼻の中まで真っ黒にしてはしゃいでいたのは私だけかも知れませんけど・・・

この後、段々機嫌が悪くなりますので、レポートの中でも怒りヒシヒシとなってしまうかも知れません。
ご容赦を・・・

No title

こんにちは!

>添乗員に進行方向はどっちと聞くと

反対方向

遊んでるんでしょうかね~(笑) 

Re: No title

こんにちは!

今時の若者だった添乗員、訂正が多すぎで、そのうち皆逆に取るように。
右か左みたいなあてずっぽうでも確率1/2のことでさえ、期待通りに間違えてくれるし
日記にも間違い多数。確認する、という発想がないんじゃないかな?
この後、激怒する客が続出します・・・。

こんにちは♪

>10:40 トイ・トレインがゆっくりとダージリン駅を出発します。
画像から"世界の車窓から" で観た映像を思い出す光景ですね。 

現地で撮られた観光列車の乗車体験を羨ましく拝見しました♪

Re: こんにちは♪

こんにちは♪

たったの2両しかない小さな列車から、自分の乗った列車を撮るのは
構図的には難しかったですが、雰囲気は伝わったでしょうか?
なかなか楽しい経験でした♪

興味深い記事に感謝

俺もトイトレイン乗ってみたいです。
マレーシアにも英国人向けハイランドリゾートはありましたが、たぶん蒸気機関車は走ってないです。

Re: 興味深い記事に感謝

乗って楽しいかと言うとそれほどでもないのですが、乗ったからこそ言える事ですよね。
このトイ・トレインが走っているダージリンの町を見る、できれば、ヒマラヤ背景に
というのがベストかも知れません。
昔は避暑に来た英国人とか、紅茶を運ぶための大事な足だったのが、今ではほとんど
観光用です。全線乗ると7時間半、すごい鉄道ですよね。おもちゃなんて相性失礼かも!

トイトレインについて質問です!

旅の様子がとても分かりやすくて、楽しんで読ませて頂きました★

来年春にアッサムやダージリンの旅を計画しているのですが、トイトレインをニュー・ジャルパーイーグリからダージリンへ行くのに利用できたらいいなと思っています♬
いくつかの記事で2015年春から乗車料金が倍に跳ね上がったと読みましたが、普通料金は今いくらくらいなのか分からなかったので、教えていただけませんか??
あと人気チケットなのでやはり事前にウェブ予約されましたか?そういう機関が見つからないのですが〜 >_<

Re: トイトレインについて質問です!

コメントありがとうございます!

ツアー利用だったので、現地で見聞きした情報を元にお話ししますと、
トイトレインは今年の春はニュー・ジャルパーイーグリまでは動いていなかったと思います。
線路の修繕工事とかそんな理由だったと思います。
駅の運賃表は確かに値上げした形跡があって、元々の表示の上に紙が貼られていました。
そして、クルシャンまでの運賃表示しか書いてありませんでしたので、この時はクルシャンまで
しか運行していなかったのだと思います。下の表示を透かして見ると、確かに以前は倍の距離の駅までの
運賃が新しい運賃になっていたように見えました。

そうした区間しか動いていなかったからか、ほぼ100%観光客ばかりの利用で
個人でチケット手配した方も旅行会社を通したと言っていました。

個人的な見解では、移動には向かない電車だと思います。狭くて荷物はかかえるしかないし
窓から景色が楽しめるというものでもありません。

それでも長距離乗られる予定であれば、やはり運行スケジュールなどきちんと把握できる
旅行会社に相談するのがいいと思いますよ。
あまり参考にならずすみません。
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR