インド・チェンドラバンダ国境~ダージリン

2015/03/28 (8日目) 続き

11:50 インド国境でガイドとミート、この旅2度目のインド入国です。
チェンドラバンダ(Chendrabandha)は外国人が公式に越境可能な数少ないポイントの一つです。

インドのチェンドラバンダ国境


振り返りつつバングラデシュのガイドアクタルさんに手を振って、インド入国手続きに向かいます。見渡す限り建物といったら、それしかないという掘っ建て小屋みたいな建物に向かいます。隣にあったコンテナ事務所で一人一人入国手続きをします。全員終わるのに、1時間かかりました。

チェンドラバンダ国境事務所へ向かう


バスらしきものが見当たらないと思ったら、このミニバスを使うそうです。スーツケースを屋根に積んでいます。この車、私にとって衝撃の車でした。これまで利用したツアーの中で一番ひどい車でした。外見はともかく内部は狭くてボロく、長距離移動に適した車ではありません。ですが、周囲のどこにも車を調達できそうな気配はないので仕方ありません。

チェンドラバンダ国境からダージリンまでの移動に使う小さなバス


12:35 国境の町チェンドラバンダを出発します。22人乗りのバスは、18人の客と添乗員、ガイド、アシスタント、ドライバーでギチギチです。壊れた席や通常ツアーで使わない運転手後ろの席など全て使わなくてはなりません。スペース自体も狭いので、手荷物を膝に、足の置き場もなく、通路にはみ出しつつ座るといった感じです。それなのに、シートベルトすらついていません。

狭いバスの車内には埃と排気ガスがバンバン入り込む


インドに入って舗装状況が滑らかになったものの、座席のクッションが悪くお尻が痛いです。そして何より、この車には空調設備がないため、30度の気温では窓を開けざるを得ないのですが、埃や排気ガスが直撃で劣悪な環境です。奴隷としてどこかへ強制労働に連れていかれるような気分でした。この状態は10分我慢するのもきついのに、何時間もの長い移動をしなくてはなりません。すっかり気分が悪くなり、頭を上げられなくなりました。

14:50 ランチのためやっと苦痛のバスから解放されます。30分の時差調整を忘れていたので、ここで時計を直します。ランチメニューはカレー三種類。具合悪いというか気力を完全に削がれた私はもっぱらスプライト(50ルピー、約100円)を飲んでいました。

久しぶりのインド料理


15:15 渋々また苦痛のバスに乗って出発です。まるでトイレを我慢している時のように1分が長く感じられます。こういう時文句を言うタイプですが、その気力もなく無言状態です。
30分も走ると茶畑が出てきました。ですが、これはダージリン品種ではなくアッサムだそうです。

アッサムの茶畑


さらに射撃練習場などのある軍事施設エリアを通った先、ダージリンへようこその看板が見えました。まだまだダージリンの町は遠いですが、ここからは山道になります。

ようこそダージリンへ


グングンと山道を上がっていきます。山といっても、あちこちに村落があり、段々イメージしているダージリンに近付いてきました。どんどん標高が上がっているので、窓から入る風の温度がだいぶ下がって来たのがわかります。

ダージリンへ向かう山道から見た景色


空気が肌寒く感じるほどまで上がった所で、クルシャンという町を通過します。道にはダージリン・ヒマラヤ鉄道(通称トイ・トレイン)の線路があります。町には人通りが多いですが、どうやらヒンドゥー教のお祭りがあったようです。住民はネパール系が多く、なんだかインドという感じもしません。

クルシャンの町とトイ・トレインの線路


16:40 クルシャンツーリストロッジに立ち寄りトイレ休憩を取ります。周囲をぶらっと歩くと、教会がありました。イギリスの植民地時代の名残です。標高2000mのこの辺りは、元々はイギリス人の避暑地として開発された場所なのです。

英国植民地時代の名残の残る町並み


トイレ休憩の後は、トイ・トレインの線路に沿うような形でダージリンまで進みます。
途中で、トイ・トレインの列車と出会いました。線路は狭いですが、割とちゃんとした列車です。私達は明日乗る予定です。

世界遺産トイ・トレインとすれ違う


やっと目指すダージリンの町が見えてきました。霧が出てきて幻想的な感じです。普段から霧の町として有名ですが、霧が濃くなるにつれ、どんどんと寒くなってきました。30度のバングラデシュから、一気に上着が必要な場所に来るのは体に堪えそうです。

霧の町ダージリン


18:30 私たちのホテルはダージリンの中心からちょっと離れているので、ホテルの手前まで行ったら、最後、急な細い道を上がらなければならないため、4WDに乗り換えます。辺りはもう真っ暗です。やっと苦痛のバスから降りることができました。シュンドルボンクルーズに負けずとも劣らずの劣悪なバスを手配した旅行会社をうらめしく思いました。国境までこの4WDで迎えに来るか、せめてバスをもう1台手配すべきだったと思います。

18:45 ダージリンのホテル、シダーイン(HOTEL CEDAR INN)に到着です。散歩もままならない立地ですが、久しぶりにまともなホテルです。内装は素敵だし、ロビーやレストランではWi-Fiも使えます(無料)。

シダーインのロビー


部屋は高地にあるホテルらしい感じで、なかなか素敵です。水ボトル&スナックのサービス、冷蔵庫なし、バスタブあり、お湯は18:00-21:30のみ利用可です。

シダーインの部屋


19:30 ホテルで夕食です。今日は移動しただけでしたが、とにかく疲れ果てました。全く体を動かせなかったため、あちこちが痛いです。夕食はビュッフェですが、インドなので要するにカレーになります。

シダーインの夕食カレービュッフェ


部屋に戻ると、スタッフが湯たんぽを持ってきました。というか、昔の水枕?確かにちょっと寒いですが、湯たんぽの使い方が分からず、Oさんに聞くと足元に入れておくといいんじゃないかと言われ、そのようにしてみました。それにしても真っ白なシーツは久しぶりで、やっぱり清潔なベッドで寝れるのは特に疲れ切った日にはとても嬉しい事でした。

次回はタイガーヒルでヒマラヤ&朝日鑑賞をレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR