バングラデシュ・バハルプール~ラングプール

2015/03/27 (7日目) 続き

バハルプールのソマプーラ・ヴィハーラ仏教遺跡の中央に建てられた大塔を見学中です。
ここはかつて回廊だった部分、テラコッタのレリーフが並んでいます。2段目、3段目はオリジナルもあると言いますが、素人にはレプリカとオリジナルの区別はつきません。

バハルプールの大塔のテラコッタレリーフ


テラコッタの図柄ははっきりしませんが、仏像や動物などをかたどったもののようです。
この辺りのテラコッタはオリジナルの匂いがします。

テラコッタレリーフの図柄


4面にあったという仏像は大英博物館が持って行ったらしいですが、いつか機会があれば見ることができるでしょうか。大塔の2段目、3段目をぐるっとテラコッタを見ながら周ります。
一角では修復作業をしていました。こういう方たちも気軽に話しかけてきて写真を撮ってとか言ってきます。

バハルプールの遺跡修復に携わる人たち


このソマプーラ・ヴィハーラは一辺が約330mの敷地に僧坊が四角くあり、真ん中に大塔があるのですが、北に正門があります。観光客は東に作られた入場ゲートから出入りするので、正門は通りません。大塔から見ると門だか何だかよくわからない構造物です。

ソマプーラ・ヴィハーラの正門


時間がまだあったので、正門の外まで来てみました。正門から見た大塔は小さく見えます。
もっとも本来は現在残っている基礎の上に楼閣が建てられていたというのだから、想像するのが難しいほどの大寺院だったことでしょう。

ソマプーラ・ヴィハーラ正門から見た大塔


正門で写真を撮っていると子供たちがたくさん寄ってきますが、観光客に慣れた近所の子供たちで、あわよくばお金をもらいたいようです。バングラの観光地の子供たちは段々こうなってしまうのかと思うとちょっと悲しいので、何もあげないことにします。

正門にいたら遺跡の警備員らしき人がやってきて、なかば強引に遺跡の外側の道を案内されました。タダで遺跡に入り込もうとした観光客に見えたのかな?、いえ、この時私達日本人グループだけが遺跡に来てたのわかっていたし、親切に集合場所への近道を案内したかったようです。後で撮ろうと思っていた適当な大きさの大塔の写真をおかげで撮りそこないました。

ソマプーラ・ヴィハーラ仏教遺跡


警備のおじさんは入口入ってすぐの博物館まで案内してくれました。残り時間で博物館を見ますが、内部は写真撮影NGです。テラコッタや、ブラックストーンの石像などが展示されています。

バハルプール博物館


最後に、博物館の裏側にあるターラ寺院跡を見に寄ります。サティアピル・ヴィータというターラ菩薩を祀った寺院の跡ですが、やはりここも基礎しか残っていません。
このバハルプールの遺跡は再現模型を作ってくれないと、どうにもどんなものだったのか想像するのが難しい遺跡でした。

ターラ寺院


9:55 バハルプールを後にし、バングラデシュの北部の町ラングプールへと向かいます。
またまた象さんが登場。この先の遺跡に他に観光客はいなかったし、暇な商売です。通行料は片道なのかな?今度はお金渡している様子は見られませんでした。

バスを通せんぼする象


象さんが退いてくれるまでの短い間に、あっという間に周囲から子ども達が集まってきました。バングラデシュでは観光客が見世物、という状態にももうかなり慣れました。余裕で手を振るなどしてすっかりアイドル気分を堪能できるようになりました。

観光バスに群がる子供たち


10:25 バハルプール近郊の町ジョイプルハットを通過します。
まさに混沌の国バングラデシュといった光景です。

ジョイプルハットの町


線路ではフルーツを売っています。こういった光景はよく見られ、列車は一日何本あるんだろうと首を傾げます。廃線ではありません。

線路で商売する人々


途中のガソリンスタンドでトイレ休憩を取ります。こうしたトイレはもちろんきれいなものではないし、1つしかなかったりするので、急を要していない場合は私は遠慮します。止まっているトラックのアートをマジマジ。柄はともかく、本当に色使いが派手です。

バングラデシュの派手なトラック


13:05 今晩泊まるラングプールのホテル、ゲストハウス(RDRS BANGLADESH GUEST HOUSE)にランチのために立ち寄ります。カナダのNGO団体が建てたものだそうで、ガイドブックによるとバングラ北部で最も清潔で整っているホテルだとか。ツタに囲まれた建物が印象的です。

RDRSゲストハウス


ランチの後、皆疲れている様子なので、チェックインし、少し休んでから午後の観光に出ることになりました。最も清潔でこれか・・・というホテルですが、クルーズ船を思い出せば文句は全くありません。冷蔵庫やバスタブはなし、Wi-Fiは無料です。

RDRSゲストハウスの部屋


バスルームを覗くと、タオルは使い古したバスタオルみたいのが1部屋に1本あるだけ。洗面台の蛇口もきちっと閉まらず水がポタポタ。お湯は20-30分前にスイッチいれないと出ない。極め付けはコンセントにPCのプラグをさしたら炎が出てびっくり。すぐに抜きましたがプラグがちょっと焦げました。スタッフは慣れた感じでコンバーターを付けてくれました。
そんなこんなで、ちっとも休憩になりませんでした・・・。

次回はカントノゴル寺院をレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ただいま~!

Re: No title

お帰りなさい♪
マイペースで!

No title

あの・・・象という字なんですが 像じゃないと思います。
にんべんが付いたら銅像の像。
生きた動物は 象ですよ。

No title

こんにちは!


凄いトラック野郎がいるんですね(笑)

Re: No title

yuiさん

ご指摘ありがとうございます!
最近小さいPCにしたせいか、全く気付いていませんでした・・・。
ブログ記事を読み返すなど確認を怠っているのも問題ですね。
本当にありがとうございました!

Re: No title

tookueさん、こんにちは!

要するにデコトラですね。もっともバングラのトラックはこんなのばかりなので
デコってないトラックが走っていたら、逆に要注意かも(笑)
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR