インド・コルカタ(マザーハウス)~ハリダスプール国境

2015/03/22 (2日目) 続き

16:00 マザーテレサの家に到着です。正式には、マザーテレサが設立したMissionaries of Charity(神の愛の宣教者会)のマザーハウスと呼ばれる施設になります。

マザーテレサの家(マザーハウス)


入口は脇道にあります。静かな通りを、シスターが行き交う、コルカタではちょっと異質な雰囲気が感じられる場所です。この建物だけで約270人の修道女がいらっしゃるそうです。

マザーハウスで活動するシスターが行きかうわき道


建物内は基本的に写真撮影禁止で、マザーテレサのお墓のみ写真撮影OKとなっています。
こちらが建物1階の広い礼拝堂のような部屋にあるマザーテレサのお墓になります。この地下6mにマザーテレサは眠っているそうです。お墓の上には花で「JESUS IS MY LIFE AND MY ONLY LOVE」と書かれています。

マザーテレサの墓


墓石の上に置かれているマリア像がとても優しげで、マザーテレサの心を映し出すかのような表情だったのが印象的でした。この部屋を出る時に年老いたシスターが一人一人にメダイを下さいました。ただの観光客に申し訳ないほどのおもてなしです。

マザーテレサのお墓に建つマリア像


隣の部屋は展示室になっていて、マザーテレサに関する資料が所狭しと展示されています。まだ若い頃の写真なども見ることができます。そして中庭を挟んだ建物の2階にマザーテレサの部屋が残っています。広さにして四畳程度でしょうか。小さめのシングルベッドと机と椅子があるくらいの質素でかわいらしいお部屋でした。

この後、ちょうど日本人ボランティア向けに、シスターからお話しがあるというので、せっかくだからと同席させてもらうこととなりました。シスター・クリスティーンは日本人の修道女で長くコルカタでボランティア活動をされている方だそうです。神の愛や、嫌いな人にも微笑みましょう、といったお話でしたが、40分は正直ちょっと長すぎました。相手はコルカタまで来るボランティアや旅行者なので、小学生にも分かる話し方じゃなくても・・・。日本から来ていた若い学生等のボランティアが10人前後いて、彼らが普通の若者だったので、日本の未来はそう悲観的じゃないかも、と思いました。

17:25 マザーハウスを後にします。コルカタの観光はこれでおしまい、ホテルに戻ります。
コルカタは少し街の中心を離れると農地も広がっています。昔は沼地が多かったのを今は埋め立てて近代的なビルなどが続々建設中です。沼地の名残、池のようなものもまだあちこちで見られます。

コルカタの沼地


18:00 2連泊のプライドホテルに帰着です。
19:00 ホテルで夕食です。今回の旅行社ユーラシアは、いまだツアーの名簿を配る会社なので、自己紹介がありました。今回の参加者は、既に100か国を制覇した方も多く、相当に旅好きな方が多いようです。北海道から沖縄まで日本全国から集まった旅好きさんたち、変な人もいないようでほっとしました。

2015/03/23 (3日目)

8:00 ホテルを出発します。ホテルの周りのマンション群、やはりまだ建築中のようです。何年後かにはコルカタの街もすっかり様変わりすることでしょう。都会の隅らしい風景を目に焼き付けて、これから国境へと向かいます。

コルカタのニュータウン


バスは大型の観光バスで、道路はそこそこきちんと舗装されているのに、ものすごい揺れます。添乗員はバングラデシュに入ったら道路事情が悪いから酔い止めをと言っていましたが、今すぐ必要とすぐに服用します。バスが古いのと、運転が荒いのが原因です。しかもシートベルトが壊れている席が多く何かに掴まっていないと大変危険という感じです。

コルカタの観光バス


車窓の風景は活気に満ちています。私達と逆方向つまりコルカタへ向かう道はかなり渋滞しています。

コルカタの郊外の町


大きな道路を初めて右に曲がります。曲がらずに写真の方向へまっすぐ北上すれば、数日後に訪れることになるダージリンに繋がっている道だそうです。私たちはバングラデシュとの国境を目指し北東へと進路を取ります。

コルカタからダージリンへ続く道


道を曲がってからしばらくすると、人家もまばらになってきました。完全に農村地帯、緑一色の風景に変わります。

コルカタの東に広がる農業地帯


9:00 道端の小さなドライブインまたはレストランといったお店でトイレ休憩を取ります。壊れたシートベルトが外れず、上から抜け出るという技を使いました。あまりにバスが揺れるので、道路状況を確認に行ってみます。やはり、道路にはさして問題はないようなので、車両とスピード出し過ぎが原因のようです。お尻がバンバン浮き座っていることに疲れていたので休憩はほっとします。

コルカタからバングラデシュ国境へと繋がる道


さて再びバスに揺られ国境を目指します。相変わらずの農村風景ですが、人家のある所はゴミも多いです。やれやれ、という風景です。

ごみの多い農村風景


国境が近付いて来ました。一番近い町と言っていたので、ボンガアンあたりでしょうか。何やら騒がしい人達がいます。ガイドさんによるとデモ行進だそうです。珍しく女性達が先頭に立っています。何を訴えているのかは不明ですが、平和的なデモのようです。この先、バングラデシュではデモが起きると道路封鎖などで旅程を変更したりといったこともあるそうなので、先の事に不安を感じます。

国境近くの町で行われていたデモ行進


国境が近付いてくるといくつもの川を渡ります。水がきれいとは言えない川ですが、洗濯だの水浴びだのする人々をよく見かけます。私は到底この辺りでは暮らせそうにありません。

川で洗濯や水浴びする人々


11:35 やっとハリダスプール国境に到着です。陸路の国境越えというのは時に大変なものですが、久しぶりなのですっかり忘れていました。また旅行会社からの注意喚起もなかったので気軽に考えていたのですが、実はちょっとした覚悟が必要でした。そう、ここでバスにもお別れし、全ての荷物を持って出入国審査に向かわなくてはならないのです・・・。

ホテルや空港と違って道はフラットではないので、手荷物を持ちつつ20㎏スーツケースをスムーズに運ぶことは至難の業です。ましてやイミグレーションのある建物には階段も数段あります。
さらに30度を超える暑さ、心の準備もなくこの作業をさせられるのはとてもしんどい。お歳を召した方の何人かは、知っていたら参加しなかった、といった愚痴が出るほどでした。

ハリダスプール国境


普通に一人ずつ出国手続きを済ませ、税関はノーチェックで、また荷物を引きずり歩いてゲートへ向かいます。居合わせたインドから帰るバングラデシュ人男性が親切にも私の荷物を運ぶのを手伝ってくれました。国境では訳わかんない人もいるし、私は自分でできるんだけど~と思いましたが、あまりに爽やかだったので、断り切れませんでした。ゲートでガイドさんにお別れし、バングラデシュに足を踏み入れます。

次回はベナポール国境~クルナをレポートの予定です♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR