インド・コルカタ(カーリー寺院)

今回から3~4月に行ったインド・バングラデシュ・ブータンの旅レポートスタートです。
ユーラシア旅行社の「知られざるアジアの秘境ブータン・バングラデシュ・ダージリン16日間」のツアーに一人参加、旅費は燃油等諸費用込み各種割引利用で約48万円。19PAX。

2015/03/21 (1日目)

今回の旅では私にとって初めてのチャレンジがありました。それは、相部屋です。これまで一人部屋追加代金を惜しみなく払い、トラブルの多い相部屋など考えたこともありませんでした。今回は、ツアーキャンセルで行先を変更したことにより旅費が予定より20万円多くなったので初めて悩みました。このツアーの一人部屋追加代金は89,000円でしたが、今回訪れる地域、利用予定ホテルリストを見て、割に合わないと判断し、覚悟を決めて相部屋で申込みをしました。

成田空港でチェックインしている時に、後ろから添乗員に声をかけられ、こちらの方が今回相部屋のOさんですと、ちょうど後ろに並んでいた方を紹介されました。第一印象は感じの良さそうな方で、やはり相部屋は初めてだとおっしゃったので少し安心しました。

再集合を断り、チャイナエアラインのラウンジに行くと、同じツアーのビジネスクラス利用者3名が先にいて挨拶を交わしていたので、私も挨拶だけ加わります。今回のツアーはビジネスクラス利用者が6名くらいいるようです。ツアー代の金額によって客層はある程度保障されるのでここでもまたほっとしました。

11:30 AI-307便、成田発デリー行きにてインドへ。飛行機の搭乗レポートはこちら
18:15 デリー到着。乗継は国内線ですが、入国はせず、国際線乗継カウンターでボーディングパスを出し直してもらって、セキュリティチェック後ゲートへ向かいます。

20:15 AI-022便、デリー発コルカタ行きで移動です。
22:25 コルカタ到着。昔カルカッタと呼ばれた東インド最大の都市です。
入国では到着便の搭乗券半券が必要で、デリーと違い、日数とか基本的なことを聞かれました。

空港を出る前に、インドルピーの両替をします。日本円からも両替可能です。今回の旅行ではブータンでも、インドルピーが使用できるのでそれも加味して両替するのですが、アルコール飲まない人だったら本当に少額で大丈夫です。私は結局2000円分くらいしか使わなかったと思います。両替レートは約1米ドル=50ルピーです。

23:40 現地ガイドとミートし、空港を出発します。
00:00 空港に近いホテル、プライド(THE PRIDE)に到着です。部屋に水1本、ロックされた冷蔵庫、ドライヤー有、シャワーのみ。部屋はまぁまぁ広めで、きれいで使いやすいです。

コルカタのプライドホテルの部屋


相部屋のOさんと、部屋の使い方などを探り合いながらお話しますが、とても相性がよさそうです。Oさんは79歳と自分の両親より年上ですが、10歳は若く見えるほどです。何といっても、通常この年齢の方とは会話自体が噛み合わない事が多いのですが、まるで同年代と話しているように言葉を選ばなくて話が通じることにびっくりしました。かなり頭の切れる方なのに物腰がやさしく、こういう風に歳取りたいなぁと思う理想のおばあちゃんです。

2015/03/22 (2日目)

朝、窓の外を見ると、想像していたのと違う景色が広がっていました。空港に近い郊外の開発地域で、目の前に病院のビルがある以外は、町全体が建設中という感じです。これでは周辺のお散歩もできません。それでもよく見てたら、きれいに区画整理された広い道を牛がノソノソ歩いていてやっぱりインドだな、と感じます。

コルカタのプライドホテルの部屋からの眺め


8:00頃朝食に行きます。レストランはなかなかキレイですが、ここはインドです。フルーツとか食べている同じツアーの方とか結構います。今回は特に日数も長いので、私は過剰なまでに注意して食べ物を選別します。

プライドホテルのレストラン


その結果、卵もアレルギーで食べられない私は、食べるものがあまりない・・・。
でも大丈夫。今回は万全の準備で食糧など持ち込んでいるので、足りない栄養素などは持ち込んだもので補えそうです。

コルカタのホテルプライドでの朝食


10:00 ホテルを出発します。こちらがホテルの外観。いかにもショッピングセンターとか入っていそうな感じですが、残念ながら何もありません。近くにお店なども全くないので、今回はこのホテルには泊まるだけ、になります。ここに2連泊します。

コルカタのホテルプライド外観


ホテルの周囲は開発地区といった感じで、新しいマンションとかの建設中のものがたくさんあり、メトロも建築中です。こうした郊外のアパートは新しくてきれいに見えますが、金持ちの住む所ではないそうです。

コルカタ郊外のマンション


コルカタの中心部に近付くにつれ車窓がインドらしくなってきました。黄色い車はタクシーで、日曜だから道もすいています。埃っぽいですが、思ったほど汚くはない街のようです。

コルカタの街


歩道ではいろんなものが売られ、エネルギーを感じます。

コルカタの街、沿道に露店の並ぶ風景


11:05 最初の観光地、カーリー寺院の少し手前でバスを降りて歩きます。寺院へ続く参道のような道は、ずらっと店が並びバザールのようです。

カーリー寺院門前町


売っているものはお供え物や寺院関連の土産物などで、たくさんお店がありますが、どの店も同じものを売っています。

カーリー寺院の周辺にある供物などを売るお店


そういったお店で、寺院の中のカーリー女神の写真をガイドさんが紹介してくれました。ヒンドゥー教徒ではないので、これから行く寺院のご本尊は見られないからと説明をしてくれたわけです。カーリー女神というのは、ヒンドゥー教のシヴァ神の妻パールヴァティーの化身です。黒い石に顔が書かれたものだそうです。

カーリー女神の写真


他には、シヴァ神の象徴である男根の置物とか、額などに付ける赤い粉、白いのは甘いお菓子、など様々なものが売られています。

お土産や供物など


店に誘導されるように進むと、カーリー寺院が見えました。寺院の周りもお店で囲まれています。敷地内は写真撮影禁止なので、外から写真を撮ってカメラを鞄に閉まってから雑踏に踏み入ります。

カーリー寺院


お参りの人は靴を脱ぎ、裸足で寺院に入りますが、本堂に入れない私達は靴を履いたまま横口から敷地内に入ります。敷地内はものすごい行列がずっと続いていてごった返しています。人々の声、たくさんいる乞食、ものすごい雑踏で、イヤホンガイドのガイドの声はほとんど聞こえません。

この寺院でひとつの見ものは、ヤギの生贄だそうで、その場所まで行こうとしますが、なかなか人の波に押され辿り着けません。ラッシュアワーの地下鉄に乗ろうとするくらいの気合が必要です。私の足元で、黒くて小さな、そしてびっしょり濡れたヤギが、泣きながらオシッコしていました。これから生贄にされるのをまるで知っているかのようです。

グループの最後尾にいた私が行列を横切って、やっとヤギの生贄の場所まで辿り着いた頃、皆もうその場所を遠巻きにしていました。生贄の場所を柵から覗くと、既に首を切られた後でした。U字型の首のせ台があり、その下には鮮血が落ちていて、やってくる人たちはそこから血を採り額に付けています。弓なりになった刀を持った人がおり、それを洗っている所でした。

かなりスパッと切られたのか、奥の方で首のない胴体がピクピクしているのが見えました。
これだけでも結構衝撃的だったので、その瞬間を見ちゃった人は、なんとも言えない気持ちで遠巻きに佇んでいたのは頷けます。この生贄は毎日行われているそうですが、昔は人だったというのがさらに驚きです。

人でごった返す寺院を出ます。生贄の場所はこの出入口のすぐ近く、最初に写真を撮った所からは裏側になります。

カーリー寺院の裏側にある出入り口のひとつ


寺院を出ると、乞食がずらっと並んでいます。その間を通らなければなりませんが、何もできない自分をどうとらえたらいいか複雑な気持ちになります。その後で、ちょうど食べ物を配る人がやってきました。コルカタには貧しく物乞いをして生きている人たちがたくさんいると聞いていましたが、社会の一部としてその存在が溶け込んでいるかのような世界、前世の因果とかでは納得できないものがそこにありました。

カーリー寺院周辺に集まる乞食たちと食料を配る人々


次回は続き、マザーテレサ終焉の家~ヴィクトリア記念堂をレポートの予定です♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

いつも楽しく拝見しております

>この生贄は毎日行われているそうですが、昔は人だったというのがさらに驚きです。

怖ええええええ!
日本国民に生まれてほんとに良かったw

Re: いつも楽しく拝見しております

いつもありがとうございます♪

もちろん日本にもそういう話ありますよ~。人身御供に関する伝説はたくさんありますからね。
昔は世界中でそういうことがあったんですかね・・・。
もっとも今だって、戦争行けって言われたら同じようなことですよね、
皆のために死んでくれって意味ですものね。怖い・・・。

No title

インドって
かなり広いんですね~
大陸やし当たり前といえば そうなんだけど・・
山のイメージが強くて(なんでだろ?)

私は相部屋は無理ですね
イビキ で迷惑かけるから(笑)

Re: No title

私も改めてインドの地図見て、いやー広いなぁって思いましたね。

相部屋ではイビキもトラブルの元ですよね。でも、逆に、他人のイビキが気になる方は
相部屋しちゃいけないと思いますね。それでも面と向かって文句言う人いるらしいです。
今回のようなある程度の金額のツアーだと、そもそも相部屋する人も少ないし、
客層も悪くないので、トラブルも少ないのかも知れません。
今回拍子抜けするほど、何の問題もない方との相部屋だったので、結局何の
チャレンジにもなりませんでした(笑)
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR