インド・ジャイプール(アンベール城)

2014/12/5 (6日目)

アンベール城は昨日見たアグラ城と同じように、宮殿エリアの外側に、ディーワーネ・アーム(一般謁見の間)があります。左がディーワーネ・アーム、右奥の方が宮殿のガネーシャ門になります。アグラ城とほとんど同じ時代の建築で、アンベール城の築城は1592年からです。

アンベール城のガネーシャ門とディーワーネ・アーム


ディーワーネ・アームの説明を聞きながら周辺の景色に目を奪われます。山の谷間には町が見え、周囲の山は万里の長城のような城壁がめぐらされています。

アンベール城から見た景色


よく見ると、周囲見渡す限り、山の尾根などにどこまでも城壁が伸びています。
何重にも守られた都だったわけですね。

アンベール城周囲の長城


さて、ディーワーネ・アームに話を戻します。ここは一般の人との謁見とか、裁判所のような機能があったと説明されます。会議室とか、公務の執務室みたいなものを全て兼ね備えた場所だったようです。

アンベール城のディーワーネ・アーム


ディーワーネ・アームは柱がやたらと多い広間という感じですが、その柱は像の彫刻が支えています。ひとつひとつの柱が彫刻されています。像は神聖な動物だったそうです。

ディーワーネ・アームの柱


さて、いよいよマハラジャのプライベートエリアに入ります。アグラで見たムガル帝国の建築の影響が濃い建築物です。ガネーシャ門と呼ばれるのは、このフレスコ画の中にガネーシャが描かれているからです。

アンベール城のガネーシャ門


門をくぐると目の前はアーラーム・バーグという庭園が広がっています。右手は王の居室などがあるスク・ニワース、奥はハレムの建物となります。

アンベール城宮殿中心部


中庭の左側にはもうひとつ建物があります。鏡の宮殿、シーシュ・マハル、1639年に建てられたものです。アグラ城で見たものと比べると明るいので、煌びやかな装飾がよく見えます。賓客を迎える際に用いられたそうです。

アンベール城鏡の間


とはいえ、落ち着かない内装です。何といっても壁の至る所、そして天井までびっしりと鏡が使われているからです。ちょっと成金趣味な宮殿です。

天井まで鏡を使った装飾の宮殿


次は王の私室があるスク・ニワースへと足を運びます。ここは内部には入れないようで、中庭に沿った回廊から眺めます。大理石の外壁には透かし彫りで模様が掘られ、草木の染料で染色されています。色褪せて、涼しげに見えます。

王の私室の壁は美しいムガル様式の装飾


当時は、水路を使ったクーラーみたいな設備があり、王は快適に過ごせたらしいです。水を流して、と言いますが、そういった設備も大理石製です。

水を使ったクーラーシステムのあったマハラジャの居室


当時の車椅子のようなものも展示されていました。そういえば、私達のグループにこの旅行中に足を痛めた方がいらして、観光地では車椅子を借りていたのですが、この城内、階段が結構あるのですが、元々スロープも多いようで、観光に支障がないようです。後で観光用に付けたのではなく、最初からスロープとして造られているようでした。

マハラジャが使った車椅子?


最後は宮殿内で一番奥、高い壁で囲まれたザナーナー・マハルへやってきました。簡単に言うとマハラジャのハレムです。12人の王妃や側室がいて、他の男性から姿を見られることなくここで侍女たちと暮らしていたそうです。

マハラジャのハレム


主に2階が王妃たちの居室として使われていたようです。壁にはあまり装飾はありません。

アンベール城のハレム


ガイドが説明をしている間にちらっと1階部分を覗きに行ってみましたが、通路だか部屋だか判別がつかないような空間が多く、迷路のようでした。おそらくこうした小さな部屋は侍女たちの部屋だったのではないでしょうか。気が滅入りそうな狭い空間です。

ハレム1階の小部屋


次回はハレムの続きからジャンタル・マンタル(天文台)をレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR