インド・アグラ~ジャイプール

(昨日無事に帰国しました)

2014/12/4 (5日目)

12:45 The Charcoal Chimneyというアグラのレストランでランチです。外国人観光客を意識したとてもきれいなレストラン、ここでインド版定食ターリー料理を頂きます。カレー数種類、チキンやデザートまでひとつの大皿にのっているものです。ほうれん草のナンが色合いをきれいにしています。とてもおいしいです。

インドの定食ターリー料理


残念ながら食事どころか座っているの無理という方が4名ほど。アグラ城塞の観光を終わってからバスの車内で吐いていた人達ですが、添乗員は気付いてもいない様子です。残りのうち半分くらいも調子悪そうで、お粥に変更していました。気分悪い時にはお粥すら食べにくいので、こういう場合に備えてお茶漬けの素があると良さそうです。

観光客向けにはお粥の用意も


13:40 レストランを出て、午後はジャイプールへの長い移動になります。具合の悪い人たちには長距離の移動は精神的に不安が大きそうです。おいしかったのでランチをパクパク食べてしまいましたが私も注意しなければなりません。私はそれでなくても車酔いするタイプなので、車窓を見ながら気を紛らせます。

アグラの街の風景


車窓では街中でもよく野良牛を見ます。インドでは牛は聖なる生き物なので、大事にされていて基本的には食べません。でも、デリーではヒンドゥー教徒でも真面目でない人もいるので、アルコールや牛肉なんでもありだそうです。もちろん牛肉は隠れて売っているそうですが・・・。水牛はミルクを採るために飼われています。

街中にもいる野良牛


めずらしく線路を横切ります。インドと言えば、人が溢れるほど乗った電車の動画などを見たことがありますが、実際そういう場面は見かけませんでした。バスにしても、はみ出して乗るほどのは見ません。もっと地方へ行かないとそういう場面は見ないのか、たまたまなのかはわかりません。

インドの線路


道にしても、車道はほとんど舗装されているのでそれほど揺れません。歩道は事情が違います。飼われているかどうか知りませんが、豚の団体も歩いています。想像では車道もこんなではと思っていたのでどちらかと言えば拍子抜けです。

歩道はきれいではないし豚も歩いている


街を離れると緑の風景が続き、時々小さな町や村を通過します。
自然とお昼寝タイムになります。

インド車窓風景


16:00 トイレ休憩です。有料で、10ルピー(20円)。インドのトイレ、想像していたような酷いトイレはツアーでは利用しないようで、衛生的には問題ないと言っていいでしょう。紙はない所は多いので、ティッシュやトイレットペーパーは多めに持っていた方が良さそうです。周囲に何もないドライブインのような所ですが町より空気がいいので休憩にはもってこいです。

アグラからジャイプール移動中に利用したトイレ休憩のドライブインんから見た景色


上の写真の中央、何か人工的なものが見えるのでズームして見ました。山の上に城塞があるようです。車窓をよく見てると、ちょっと高めの山にはよくこういった砦のようなものが見られて面白いです。

小山に残る砦


さて、引き続き、ジャイプールに向かってバスは進みます。道路は快適なのですが、車の量が多いし、とにかくせっかちなドライバーが多く、車間距離をあまりとらないために急ブレーキが多いです。お腹は大丈夫ですが、段々気持ち悪くなってきました。町を通る時は交通量も多いので、ブレーキも多くなります。早く着かないかな・・・。

インドの地方の町の風景


18:15 ジャイプールで布製品のお店に立ち寄ります。Saraf Carpet & Textilesというお店です。ジャイプールの伝統工芸品、ブロックプリントの実演を見学します。色ごとに分解された模様を布地にスタンプして柄布を造るのです。

ブロックプリント実演


実演の後は恒例のショッピングタイムです。が、デザインがあまりいいのがないし、チュニックでも5千円くらいからと高めです。日本でもインド製はもっと安くかわいいのあります。縫製も2時間で可能で、縫製代金かからないと言っています。このツアー、町中の普通のお土産屋に寄る時間はないので、欲しいものがあればこういうお店で高く買うしかなさそうです。

18:50 お店を出てホテルへ向かいます。途中、明日観光予定の風の宮殿が見えました。ライトアップしていてとてもきれいです。

ライトアップされた風の宮殿


ジャイプールはピンク・シティと言われますが、もう真っ暗なので、ピンクの気配はさっぱりありません。ただバザールが並ぶ街、です。

ジャイプールの夜のバザール街


19:40 デラックスホテルのロイヤルオーキッドに到着です。街の中心から離れた大型ホテル街でやはり徒歩圏にはお店も何もなさそうな所です。安全のためあえてこういう立地を選んでいると思われます。

なんだかどっと疲れたので、夕食はキャンセルして休みますと添乗員に一言断って部屋へ引き取ります。部屋の内装は素敵です。冷蔵庫あり。Wi-Fi繋がらないのでフロントに聞いたら、たぶん障害、とあっさりあしらわれます(翌朝別の人に聞いたら繋がるid/pwを教えてくれました)。

ジャイプールのロイヤルオーキッドホテルの部屋


夜は何も食べずに早めに休むことにします。私がシャワー使っている間、旅ともさんはいつも先に寝てしまうのですが、今日は様子が違いました。寝てたら添乗員から電話がかかってきて、パスポートを返しに来たというのです。その上、昨日私が出した旅行会社宛ての苦言メールについて話があるから今から行ってもいいか、と言ってきたそうです。疲れたから休みますと夕食も断ったのに、その夜遅くに話に行っていいかとは配慮にかけています。旅ともさんが寝てたのも知っている癖に・・・。明日にしてくださいとお断りして私も寝ます。疲れが精神的に倍増した気分です。

2014/12/5 (6日目)

朝食にも行かず、部屋でカップそうめんなど持参した食べ物を消費します。
部屋から見たジャイプールの街です。街の景色、というか、ホテルの目の前がこんなだったとはちょっとびっくりです。街の中心からは離れているとはいえ、ピンク・シティとは縁がなさそうなぼろい街の風景です。

ジャイプールのホテルから見た街並み


次回はジャイプール(風の宮殿~アンベール城)をレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

不衛生な記事

インドの記事だと思い期待しましたが、
最悪です。
食事のことを書き、嘔吐、トイレなどと読者をバカにしすぎです。
不衛生な記事、不潔な記事です。
インドに失礼です。

Re: 不衛生な記事

ご期待に添えず残念です。
私のブログは実際にあった事をそのままお伝えすることに焦点をおいています。
作り話や誇張はありません。
その結果、不愉快な話も含まれることになります。
インドに観光に行きたい一般の観光客にとって欲しい情報でもあるので、
スタイルを変えるつもりはございません。

No title

いつも楽しく拝読しています

 確かに列車のはみ出し乗車は少なくなったような気が致します
 ただ、2月にムンバイの駅でみかけましたが、通勤電車など、ドアーを閉めずに運行していましたので、体半分 はみ出している方を見ました
 また、ちゃんと、婦人専用車両もありました

 腹も身のうち。 食事には細心の注意をはらいますね
 日本でもミルク&ヨーグルトに弱い私は、生野菜はもちろん
 香辛料の強いものも避けます

 バイキングでも無造作に上から取るようなことは、しません。
 火があれば安全-おおよそのばい菌は熱に弱いです--
 お行儀は悪いですが、安全そうな所を探します。

 本当に食あたりは怖いです
 まして、異国の地ですものネ

 しかし、この添乗員さん ??
  いろいろ添乗員さん側の事情もあるのでしょうけれど
 ちょっと カトマンズでの行動も不思議でした

  普通、オプショナルには別のガイドが付いていて
 携帯電話で上手に合流するでしょう
   あれれ?? と思いましたヨ

 

Re: No title

いつもありがとうございます♪

私も胃腸が弱いもので、食事には細心の注意を払います。
旅は何はともあれ体調管理から、ですよね。でないと、全てがぶち壊しです。
いろいろ残したりとかして申し訳ないと思いますが、健康には変えられません。
ツアーでは年配の方が多いので、だんだん注意散漫になりお腹壊す方が続出です。

今回の添乗員さんは、明らかに経験不足でしたね。
アジアでは、日本語を話す現地ガイドが多いこともあり、給料の安い経験の浅い
添乗員がアサインされることが多いので、こういう事が起きがちです。
添乗員と天気次第とはよく言ったものです。

No title

こんにちは!

ほうれん草のナン は一番に目につきましたね

全体がカラフルe-267

色の面で分けて食べると 栄養バランスとれるから良さそう

Re: No title

きれいでしょ~
緑がちょっと入るだけで俄然印象が変わりますよね。
カレーはどうしても赤系だけになっちゃうし。

緑の野菜なんてインドではなかなか口にはできないし、
練りこんであるとうれしいです♪

No title

おかえりなさい^^

ご旅行中の更新を、日本でのんびりと拝見させていただくありがたさ♪
他の方のコメントもとても参考になります。
旅が長くなると確かにだんだん注意が欠けてきますね…
バンコクに行った時、主人がうっかりレストランの水を飲んでしまって
直後お腹を壊していました^^;
旅慣れていないと、慣れ始めた時が危険だと思いました。

Re: No title

ただいま!

旅の後半はインターネット事情が悪く、繋がるはずのホテルでほとんど
繋がらなかったので更新できませんでした(泣)

疲れてくるとついつい注意力が落ちてきてしまうものですが、こと食事に
関しては、旅慣れというより、どれだけ痛い経験をしたことがあるかにかかって
いるように思います。
観光どころかバスに乗るのも大変で、歩けない!みたいな思いを何度かしている
私は危ない国では反射的に自分を守る行動をしているようです。
生ものだけじゃなく、食器やコップも拭くし、ドリンクはできるだけコップを
使わない、うがいもペットボトルの水で、という感じですね。
そういうわけで、今回もお腹壊さずに無事に帰ってこれました♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR