ネパール・ナガルコット~カトマンズ出発

2014/12/3 (4日目) 続き

7:30 ナガルコットのホテル、カントリー・ヴィラを出発します。出発客目当てに物売りが集まります。何もないのが売りみたいな場所なので、この村で宿泊以外にお金を落とさせるのは難しそうです。ナガルコットのバザールとやらも、すごく小さい商店の集まりです。

ナガルコットのバザール周辺


来る時は真っ暗で何も見えなかった山道を下ります。道は舗装はされているものの、時々穴が開いていたりして上下に揺れるし、ヘアピンカーブだらけです。右手にヒマラヤ山脈が見えるのは最初だけで、後は時折集落が現れる程度ののどかな風景が続きます。

ナガルコット-バクタプルの山道


ヘアピンカーブには時々小さなレストハウスがあります。廃業した小屋も多く、粗末な小屋に看板だけが妙に浮いて見えます。このあたりはトレッキング客も多いので、そういった客相手なのでしょうか。いずれにしろ一日に何人も利用客はいないように思われます。

ナガルコットへの山道にある休憩所


こんな山の一本道で珍しく渋滞?と思ったら、路線バスのようです。山間の村からバクタプルの町などに出る地元の足なのでしょう。個人の観光客はこれでナガルコットへ来ることもできるそうです。

路線バスは渋滞の元


山を下りてくるに従って、畑や農家も少しずつ増えてきました。斜面においては棚田が作られています。

ナガルコット近郊の棚田


畑ではいろいろな野菜が作られているようです。これは、じゃがいもかな・・・?

ナガルコットへの道で見た畑


30分も山を下りてくると段々と視界が悪くなってきました。いろんなものが霞んできます。
町に近付くと、視界は極端に悪くなります。ネパールの空気汚染は深刻なレベルです。

霞むカトマンズ盆地


町に入ると後はハイウェイを進みます。町中の空気の悪さは、バスの中にいても感じられるほどです。おそらく一昔前までは澄んだ空気に澄んだ空だったのでしょうが、町の見た目があまり近代化していないのに、この汚染レベル。天気がよくても町からヒマラヤが見えることはほぼないのでしょう。

空気の悪いネパールの町


9:00 カトマンズのトリブバン国際空港に港着です。先に着いていた荷物を空港の建物の入り口で受け取り、チェックインカウンターへ。今回のネパールの滞在はカトマンズとバクタプル、ナガルコットだけ、しかも駆け足の滞在だったので、2人で5千円分の両替も余ってしまいました。食事の度にビールを飲み、個人的に買い物にまで行ったのに、です。両替はほんの少しで良かったのかも知れません。空港の店はどこも小さく、値段がものすごい高いので空港に着くまでに使い切ることをオススメします。

出国した後、セキュリティの前にお土産とかコーヒーショップなどが数軒ありますが、これらも値段がかなり高いです。10:00の便でデリーに戻る予定ですが遅れています。この便だけではなく、空港が閉鎖状態、午前中はいつものことらしいです。ですので、皆セキュリティの前で時間を潰しています。

カトマンズトリブバン空港セキュリティ前の待合場所


10:00 私達はスターアライアンスゴールドなので、タイ航空のラウンジでのんびりします。
時間がたっぷりあったので、昨日のOP遅延で待機を強いられ、夕景鑑賞にも影響が出た旨、旅行会社に苦言のメールを入れました。まだツアーは半分残っているので同じような事を起こさないようお願いするためです。今止むを得ない理由があって待たされるのと昨日の件は訳が違うのです。

頃合いを見計らって、男女別に手荷物X線検査とボディーチェックを受け、ゲートへ向かいますがゲートは人がごった返しています。どの便も折り返しの到着便待ち状態なのです。カトマンズの空港は午前中特にスモッグで視界が悪く、離発着ができない状況で、昼前から稼働することが多いようですが、国際線、国内線、遊覧飛行、たくさんの飛行機が離発着の順番待ちで大幅に遅れることは日常になっているようです。

13:00 ようやくボーディング開始になりました。ここでも男女別にボディーチェック。そして、飛行機に乗る前に、更に荷物チェックとボディーチェック。散々待たせている間にやっておけばいいのに、という気持ちです。やっと飛行機に乗れました。結局4時間弱の遅れです。

カトマンズ・トリブバン空港


13:50過ぎ、ようやくAI-214便デリー行が離陸します。何だかんだ、ネパール滞在中、この空港での滞在時間はかなりの割合を占めたように思います。空港は街のすぐ隣です。スモッグで離発着できないのもこの近さのせいでしょう。そういえば、添乗員はこれを霧と言っていましたが、乾季だし、間違いなくこれはスモッグです。天気の問題じゃなく人災です。

トリブバン空港から見たカトマンズの街


カトマンズに別れを告げます。カトマンズもバクタプルも町並みはすごく素敵でもっとゆっくりしたい場所でしたが、何しろ空気がひどいのが想定外でした。マスクをしていても息苦しさと喉の痛みを感じるほどです。ネパールに行く方、マスクとのど飴必需品です。

上空から見たカトマンズの街


離陸して5分もしないうちに、下界とはかけ離れた風景が私達を迎えてくれます。
デリー行で右手、ヒマラヤが迫力満点で迫ってきます。F席(窓際)がオススメです。

カトマンズ上空から見るヒマラヤ山脈


ズームを引くとこんな感じです。肉眼だと上の写真とこの写真の間くらいの大きさでしょうか。エベレストに拘らなければ、遊覧飛行じゃなくて、これで十分じゃないでしょうか。

カトマンズ離発着の飛行機から見るヒマラヤ山脈


ナガルコットからの眺めよりよっぽど近くて鮮明に山々が見え、しかもほぼ確実に見られます。ナガルコットに行く意味はちょっと薄れてしまいます。今以上にカトマンズ盆地の空気が悪くなるようなら、最早地上で気軽な所からはヒマラヤ山脈は見えなくなるでしょう。

カトマンズ離発着の飛行機から見るヒマラヤ山脈の眺め


ネパールは静かでのんびりしたきれいな国だと思っていたのに、あまりに空気が悪く、電気も足りないのが、イメージとかなり違いました。街の見所や雰囲気はとてもいいので、また再訪したいですが、空気がこれ以上濁らないことを祈るばかりです。

次回はデリーをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

山道は標高は高くないんですか?

エレベスト エベレスト どっちだ(笑)

肉眼のアングルだと
雲みたいですね~

Re: No title

標高は2000mくらいだから高くはないですね~。
山脈は実際みた時のインパクトはかなり迫力ありますよ!
写真だと感動できないけど(笑)

No title

ネパール、いいですねえ。いつか行ってみたい。お隣さんがネパールの人なのでおいしいネパール料理の香りがしばしば家の周りに(笑)。

Re: No title

町の空気は非常に悪いですが、見どころは多そうです。
私も今回はハイライトだけだったので、いつかゆっくり滞在してみたいです♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

鍵コメさんへ

せっかくのヒマラヤ、空気のおいしいところで見たいものですよね。

世界のあちこちで痛ましい事件が起きていますが、いつか私にも番が回って来るかも
知れません。望んで危険に近付くことはなくても避けられないことはあるものです。
東京都内にいても、交通事故で毎日のように人が亡くなっています。そう思うと
飛行機が落ちたり、テロに遭遇したりする確率は低いものです。とはいえ、十分に
気を付けますね♪

jikeidan 真実の実話告発ブログ

jikeidan 真実の実話告発ブログ管理人自警団です。
国際情勢が気になる環境下になりました。
大切なブログの旅レポート様 今の世の中 何処に行っても危険が付き物だと思えますが、御身体大切に気を遣い無理せずマイペースに人生をエンジョイして下さい。
美しい景色 遺跡 建物等々の写真が素晴らしく感心して見ています。
私のアイパッドノート型パソコンは、SIMカードを入れた常態では色々ありまして、データーが何故か改ざんされる為に大切な閲覧者の方々に対して御礼の御挨拶が出来ず、大変に気を病んで苦慮しています。
素晴らしいあなた様の神聖なコメント欄に対して、jikeidan の最近の近況報告を一部させて頂きますが、グレーな内容を書いてしまい どうもすいませんでした。
私 jikeidan 管理人は 2013/11/26以降ブログ書き込みをしていませんが、地域安全運動の為に日夜努力して正義活動を心掛けて続けています。
私の告発ブログ内容に書かれている様な出来事が非常に多く、殺伐とした世の中の流れに成りつつある昨今です。
実際に未解決事件の目撃者情報を証明する為に、警察組織内部に対して未だに告発告訴行為を続けて来て悲しいかな、警察組織と自警団の立場が真逆状態であり、私が警察の鏡の様な精神で正義活動を続けて来て、苦情を受け付けする側の警察組織が、全くに法律を守らず規約規則無視を続ける警察官達に対して憤りを覚えます。
一番に警察刷新をする県警本部の警察を管理調査をする中心的な監察官が、驚く事に事実を知りながら警察不祥事隠しの先頭に立っていると誤解をされる行動行為をしている様な、状況証拠が出てしまい悲しい思いを致しました。
愛知県警の大切な監察官達が、jikeidan 管理人からの告発を数え切れ無い程に報告書が届いている事実を隠していて、部外者の警察官の様な対応策をしています。
地位権限がある大切な警察組織部所である為に、警察組織に対して信用失態を出させる訳にも行かず、手をこまねいて同行調査の継続中です。
警察の実体は散々な素人の集まりかと誤解をする警察官が異常に多く、倫理観から遠く外れている警察官の多い事に情けなく思い、対応する警察官を観察していると個人の力の限界を考えさせられました。
警察組織は上の命令には絶対であり、間違った命令にも逆らえず 法律を犯す行動行為でも常識を外れる隠ぺい工作を平喘と行ないます。
40年以上も警察の実体を見続けて来て、何れだけ協力者になり手助けをしても一切 己のプラスに成りませんでした。
逆に余分な辛い苦労の連続が続き、大切な人生設計が狂ったのも事実であり、誰も経験した事の無い過酷な攻防戦の連続の経験が、強人な精神力と特殊なノウハウを身に付け 今に至り人助けに役に立てています。
元来なら私の行っている努力範囲は、一般常識人の限界を遥かに超えた、映画ドラマの上を行くのではと思える程に危険迫る、命懸けの自らを守らなければ生きては居られない程の、命を狙われる攻防戦が実際に数多くありました。
個人では絶対にしては成らない正義活動の限界が存在していますから、私の様に固有名詞の名前を挙げて犯罪者を攻撃的な書き込みをすると、見せしめ的な辛い現実を味わいます。
私の命と代わって上げたかった辛い悲しい屈辱感を何度も味わい、日本国には正義感を持って一緒に悪と戦ってくれる方々が存在するのかと、壁にぶち当たり個人の限界点を超えた私は、壊された身体を労わり過去の自らの正義感の足跡と向き合い考えて 反省をしている毎日です。
警察組織は手遅れな規律違反者の集まりと思える秩序の崩壊した警察官が異常に増えていて、情報提供した多数の案件を見て見ない振りをするとんでもない実体だと報告しておきます。
正義心を失った警察組織に対して愚痴をこぼしてしまいすいませんでした。
2015年3月20日 15:35

旅レポート様のブログが大好きなファン
困っている弱い人の正義の味方 自警団管理人

jikeidan



Re: jikeidan 真実の実話告発ブログ

いつもありがとうございます!
どこにいても回避できない危険はありますが、これからも気を付けて旅を続けます。

どんな組織にも、保身優先の弱い人はいるものです。それぞれの事情もあるでしょうけど
エスカレートしないことを祈るばかりです。そして、正義を保っている人も必ずいるはずです。
愚痴をこぼしたくなるような時はやっぱり気分転換が大事です。
私のブログで異世界に行った気分になってくださいね。
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR