ネパール・バクタプル

2014/12/2 (3日目) 続き

15:10 カトマンズからバスで30分、バクタプルの近くハイウェイ沿いでショッピングです。時間押しているはずなのに、この時間にこんな所で予定通りショッピングしていて大丈夫なの?

バクタプルへ続くハイウェイ


ネパール国営の工芸店で30分のショッピングになりました。曼荼羅とか彫刻品とか高級品を売っているようなお店で、気軽なお土産はスカーフとかくらいしかありません。押し売り的な店ではないのが救いですが、ほとんどの人が興味さなそうなので、早めに切り上げるとか機転を利かすべきでしょとイライラします。周囲に他にお店もないし。

バクタプル近くのネパール国営工芸店


15:45 お店から5分、バクタプルにやってきました。バス発着所の手前でバスを降り、町の中心へは歩いて向かいます。この町はカトマンズ盆地で3番目に大きな町、15世紀から18世紀にかけてマッラ王朝の首都のひとつとして栄えた古都です。木に飲み込まれた道端の小さな祠が時の流れを感じさせます。

バクタプルの木にのまれた祠


大きな池のほとりを歩きます。Na Pukhu(Guhya Pokhari)、長方形の溜池でしょうか。
水に映る町や山の景色がとてもきれいです。カトマンズよりは空気がましなのか、青空も映ります。

溜池に映るバクタプルの風景


この町は基本的に自給自足で、ヨーグルトとレンガが有名だそうです。そのズーズー・ダウ(ヨーグルトの王様)というヨーグルトはプリンみたいらしいです。右の店はその専門店のようでした。試すチャンスがなかったのは残念です。

バクタプルはレンガとヨーグルトで有名な古都


この道は町の中心ダルバール広場に通じるバクタクルの中でも広い方だと思われる道ですが、まっすぐとは言えず人の往来も多いです。車はほとんど入ってこない(規制されている)ので、歩きやすく、周囲は飲食店などが多いです。

バクタプルの町並み


広場に近付いてきました。こちらは寺院の跡でしょうか。基壇だけになってしまっていて、こうしてみるとピラミッドのようです。地図で調べたら、シヴァ・パールヴァティー寺院でした。

上部を失ったシヴァ・パールヴァティー寺院


いかにも古そうな建物が出てきました。古都、という雰囲気がヒシヒシと伝わってきます。微妙に歪んでいる所や、木の窓枠などが朽ちかけている様子がなんとも言えない味わいです。

バクタプルの古い家並み


ダルバール広場のすぐ手前までやってきました。道の真ん中に何かあります。私にはとても重要な見るべきものに見えますが、ガイドブックなどにもその説明はありません。

バクタプルのダルバール広場手前にあるヒティ(公共の水場)


覗き込んでみました。なるほど、水場ですね。実はバクタプルではよくこの水場が見られました。ヒティ(Hiti)と呼ばれる公共の水場らしく、現在使われているかどうか、使われているぽいものもありますが、その形状や装飾がいろいろで、これらを見比べるのは密かな楽しみになりました。単なる井戸、水場として捨て置けない存在です。

ヒティの内側


ダルバール広場の入口、ライオンゲートです。外国人は入場料を取られます。もちろん、ツアー組み込みなので、入場券はガイドが買いに行きます。

バクタプルのダルバール広場の入口ライオンゲート


待っている間、門からダルバール広場を眺めます。とてもいい感じです。
入場券をもらうと、Rs.1500と書いてありました。値上げしたのかな、約1800円とはネパールの物価からするとかなり高いです。それだけ見どころも多いと期待しましょう。

バクタプルのダルバール広場


16:00 ライオンゲートをくぐりダルバール広場に入ります。すぐ左手に立派な像があります。現在は中学校の門になっていますが、旧王宮の入口だったようです。入口の白い門がなんでライオンゲートっていうのか、こちらの像が横にあることからかな。

バクタプルのダルバール広場の獅子像とバイラブ像、ウグラチャンディ像


獅子の像と一緒に門を飾るのは、シヴァ神の化身バイラブとその妃パールヴァティーの化身ウグラチャンディの像です。写真はウグラチャンディ、18本の手があります。赤いのはティカという粉で額につけるのと同じですが、お参りの印につけるのだそうです。これらの彫刻を掘った技術者は2度と同じようなものを作れないよう、手を切り落とされたという話が残っているそうです。

ウグラチャンディの像


ダルバール広場を奥へと進みます。カトマンズのダルバール広場に比べて広々とし、美しい広場です。1934年にあった大地震によって被害が受ける前にはもっと寺院が建っていたそうで、写真に写っていない部分には基壇だけになったものや遺跡化したものもあります。何よりこの広場が素敵なのは、カトマンズのように騒々しくないことかも知れません。幼い少女たちの下校風景までが溶け込んでいます。

バクタプルのダルバール広場


次回はバクタプルのダルバール広場続きからトウマディー広場をレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

せっかく 行ったのに
ヨーグルトの王様食べれなかったのは残念でしたね

2枚目の写真
ローマ字で縦書の看板珍しですね(笑)

Re: No title

うーん、ヨーグルトは正直食べられなくてもよかったかな?
焼き菓子とかならともかく、水っぽいものはアジアではちょっと・・・。
近くで見てみたけど、衛生的に無理だなーという感じのものでした。
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR