ネパール・カトマンズ(ダルバール広場周辺散策)

2014/12/2 (3日目) 続き

13:50 フリータイムではダルバール広場の周辺を歩きたいと思いますが、旧王宮ハヌマン・ドカのナサル・チョーク(中庭)をすぐに出てしまうには惜しい気がします。北側には、5重の屋根のついたパンチャ・ムクヒ・ハヌマン寺院があります。手前の建物には、ナラヤンヒティ王宮事件(2001年皇太子による国王夫妻含む王族10人の殺害事件)の関係者の肖像などが飾られているそうです。

ナサル・チョークから見たパンチャ・ムクヒ・ハヌマン寺院


パンチャ・ムクヒ・ハヌマン寺院の屋根は円形で特徴的ですが、やはり素晴らしい彫刻で飾られているようです。思っていたよりも遥かに見どころの多い場所です。

パンチャ・ムクヒ・ハヌマン寺院の5重の丸屋根


ナサル・チョーク周辺の博物館をあれこれ見る暇はないので諦めますが、門のすぐ北側にある王家のお風呂2つだけは見に行きました。ここだけ写真撮影禁止なのですが、お風呂というより小さなプール、それは見事な彫刻で飾られたものが中庭の地下にあります。これは必見です。

ナサル・チョークには王家の神輿とかそういったものも飾られています。それより、この扉が気に入りました。ネパールらしいデザイン。木とレンガの色合いがやさしいピンク系に見えるのも心が休まります。

ネパール風扉


時間はどんどん過ぎていくので、王宮ハヌマン・ドカを出て、ダルバール広場も出て、西にあるヤトカ・トール(Yatkha Tole)という道を北上します。首都の中心とは思えない町並みで、一般の人の生活が垣間見られます。

ヤトカ・トールの町並み


やはりあちこちに小さな寺院や仏塔とかがあります。
神々の息遣いが聞こえてくるようです。

ヤトカ・トールの小さな寺院


いろんなお店があり、庶民がどんなおやつを食べているのかもわかります。
ここはダルバール広場から遠くないこともあり、観光客は珍しくないのか、特に視線は感じません。

ヤトカ・トールのいろんな店


お目当ての場所が見えてきました。右の建物の2Fです。1978年発行のネパールの切手の図案になったことから「切手になった窓」と呼ばれているそうです。思っていたより小さかったので、見落としそうでした。

切手になった窓がある建物


正面から見ると確かにきれいです。Deshay Madu、同じものは二つとないというものだそうですが、パッと見は先ほどのハヌマン・ドカなどで見た窓とよく似ている気もします。ここは王宮じゃないのに、どういう経緯でこんな精巧な彫刻がほどこされたのでしょう。

切手になった窓


さらに北上し、2つ目の角を曲がって東に向かいます。道路も舗装されていないし、周囲の建物もまるで建築中のように見えます。何かから復興しているか、または建築中の町、そんな感じです。ただでさえ息をするのが苦しいひどい空気がさらにいっそう埃っぽくなります。

カトマンズ中心部の道


その先の交差点が次の目的地です。自転車の男性が眺めているもの、カニの甲羅みたいな塊ですが、コインの木というものです。この通りは、車やバイク、人が入りまじり、壮絶なごった返しぶりです。

コインの木がある街角


コインの木に近付いてみました。奇妙な物体です。この木、最早木には見えませんが、歯痛を治す神様が祀られているとかで、何千枚ものコインが釘付けにされています。周辺には歯医者が多いとのことですが、一見して歯科医院ぽいものは識別できませんでした。

コインの木


もう時間がないので、ダルバール広場に戻らなくてはなりません。コインの木からは南に向かいます。ものすごい人で溢れ返っていて、走ることもできません。インドラ・チョークという庶民のバザール周辺です。思わず鞄を手で押さえるほどの賑わいです。

インドラ・チョーク


そこからは人並みに乗って、タレジュ寺院の方からダルバール広場に戻ってきました。
集合場所はクマリの館なので、広場を縦断します。時間があれば、右のシヴァ寺院の基壇に上ってみたかったです。

ダルバール広場


それに、広場に点在するたくさんの寺院もひとつひとつよく見たかったです。やっぱり王宮周辺の彫刻はどれもこれも素敵です。

ダルバール広場の建造物の彫刻


クマリの館まで来て、まだほんの少し時間があるのを確認してから、クマリの館の中庭を見学します。今日はクマリはお休みだそうですが、それなりのお布施をすると、窓から顔を見せてくれるそうです。と、油断していたら、ここに住んでいる鳩にフンをかけられてしまいました・・・。

クマリの館の中庭


ダルバール広場だけで2,3日過ごせそうな見ごたえある場所でしたが、とにかくあまりにせわしなく、時間が足りませんでした。寺院のいくつかには上って見たかったし、細かい彫刻もゆっくり見たかった、写真だってもうちょっと構図を選びながら撮りたかったです。せめて、フリータイム1時間は欲しかったです。

ダルバール広場を後にし、来た道を戻ります。王宮の白さが目にしみます。
また来て、今度はじっくり楽しみたいです。

カトマンズの王宮


14:40 バスに乗りカトマンズを後にします。

次回はバクタプルをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは!

結構人が多そう
舗装されてない道もあるんですね

木とレンガの色合いがやさしいピンク系の扉・・

人の顔の見えてしまいます(笑)

Re: No title

こんにちは!

いやー実際すごい人の数ですよ。観光客じゃなくて人口過密って所でしょうね。
写真撮ったのは比較的人の少ない所ばかり、それでこれだから。

扉は顔っていうか、少なくとも目でしょうね。
寺院とか扉に目が書いてあったりするし、魔除けの意味があるのかな?
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR