ネパール・カトマンズ(ダルバール広場)

2014/12/2 (3日目) 続き

クマリの館を背にして、ダルバール広場を北に向かいます。
左手にあるのは、シヴァ・パールヴァティー寺院、18世紀後半の寺院です。各王朝、歴代の王がこうして王宮周辺の広場に競い合うように寺院などを建てたので、広場は建物でいっぱいになっています。

カトマンズのダルバール広場とシヴァ・パールヴァティー寺院


シヴァ・パールヴァティー寺院は屋根のすぐ下の窓から、シヴァ神とパールヴァティー妃が仲良く広場を行きかう人々を眺めているようです。

人々を見守るシヴァ神とパールヴァティー妃


右手は続きの建物で巨大な王宮です。王宮の南側は白い西洋風の建物で、広場の雰囲気と対局な印象です。19世紀に増築された部分です。

カトマンズの王宮増築部分


王宮の北側は概ね17世紀の建物で、どこもため息が出る彫刻で飾られています。王宮内の寺院かも知れません。木とレンガの組み合わせが絶妙なネワール建築、もっとのんびり見たいところですが、ほぼ素通りです。

カトマンズの王宮古い部分


王宮を回り込むように北へ歩くと、次々といろんな建物が出てきます。ガイドの説明もないし、ガイドブックを見ても名前すら紹介されていない建物がたくさんあります。
これらも全部名前のついている歴代王が建てた古い寺院です。

ダルバール広場のたくさんの寺院


少し開けた所へ出ました。ジャガナート寺院(右の大きいの)など多数の寺院が立ち並びます。数々の寺院の重なり具合が何とも言えない味わいです。鳩の数もすごいです。
うーん、こうなってくるとやはり午前中なぜここへ放っておいてくれなかったのか恨めしく思います。

カトマンズダルバール広場のジャガナート寺院など


この一角に、破壊神シヴァの化身、カーラ・バイラブの黒い像があります。この刀を振り上げ、生首を持つ恐ろしいカーラ・バイラブの前では嘘がつけないと言われて来たそうですが、21世紀では人の考え方も変わり本気で信じる人は大幅に減ったようです。
お参りする人は後をたたないので、人気は高いようです。

カトマンズダルバール広場にあるカーラ・バイラブの像


あまりに寺院などがあり過ぎて、どれも丁寧に見る暇は与えられず、主だったものだけ簡単に紹介されるだけなのが残念です。よく見ると、どれもこれも本当にすごい彫刻で飾られています。これなんて、何がモチーフかわかりませんが、ゴシックに通じるものがあります。

ダルバール広場の寺院の彫刻


屋根を支える部分もひとつひとつに細かな彫刻が。ゆっくり眺める時間がないのが本当に残念です。もともと1時間の観光予定なので、午前中のことを恨むのは筋違いでしょうが、とても1時間で足りる観光資源ではありません。

カトマンズダルバール広場の寺院建築


ダルバール広場の一番北には16世紀に建てられたタレジュ寺院があります。ここはダルバール広場でも最も高い建物です。年に一度だけ、ヒンドゥー教徒のみ入ることができるそうです。

カトマンズダルバール広場で一番高いタレジュ寺院


次は王宮へと入ります。王宮と言っても2008年に王制が廃止されているので、旧王宮というべきでしょうか。この白壁の奥に入口があり、ダルバール広場の入場券が、旧王宮への入場も含んでいるようです。

ハヌマン・ドカ


この旧王宮はハヌマン・ドカと言います。ハヌマンとはヒンドゥー教のサルの神様で、ドカは門、つまり、ハヌマン像が門を守っているからそう呼ばれるようになったようです。
ですが、この赤い塊がサルに見えるかどうか・・・、サルどころか何にも見えません。

ハヌマン門のハヌマン像


小さな門を入ると、門の外にも中にも門番の兵隊がいます。この像は、何か説明をしてもらった気がしましたが、メモを取るのを忘れました・・・。あちこち見たり、写真を撮るのに夢中で話を聞いている余裕がないのです。

ハヌマン門の内側


ハヌマン門をくぐった先は、ナサル・チョークという広い中庭です。旧王宮の中心にあたり広場の周囲は時代の違う建物で囲まれています。広場の奥にある高い建物はバサンタプル・ダルバール、ガイドブックには上れると書いてありますが、そんな時間がないのが悔しいです。

ナサル・チョークとバサンタプル・ダルバール


上の写真の左側に入ると、さらに中庭に囲まれた古い王宮エリアになっています。レンガと窓の木枠の彫刻に囲まれた、外の騒々しい世界とはかけ離れたシンとした静の空間です。

ハヌマン・ドカの静かな空間とネワール建築


13:50 このナサル・チョークで、30分のフリータイムとなりました。広場の周囲を散策したかった私たちにとって、30分はあまりに短すぎます。またしても駆け足になりそうです。

次回はダルバール広場周辺散策をレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは!

いろいろあって 観光も忙しいんですね(笑)

メモとり忘れた
兵隊さんと銅像?の写真
迫力ありますよね~

Re: こんにちは!

気が短いもので・・・(笑)

この像も神様だと思いますが、はて~
ヒンズー教は勉強不足で見ただけでは何やらです。

ツアーは

足は心配ないし、楽ですけど、自分の興味のある所に時間をかけられるとは限らないのが難点ですよね…。

ネパールまではなかなか行けそうにないので、より楽しく拝見しています♪

Re: ツアーは

ツアーの難点ですよね。
もっと日本人観光客がたくさん行くようになれば、こうした意見が段々
反映されて、フリータイムを長く設定したりとかするんでしょうが、まだまだ
これから、のエリアです。
でも、一度は行ってみないと、ゆっくり自分が行きたい所かも分からないし
そういう点ではツアーは短期間で効率よく楽に行けるのでそれが魅力です。
ですが、2度目だからと個人で女一人で行けるかと言われると、ちょっと怖い
かなー。特に移動・・・。
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR