ネパール・カトマンズ(ヒマラヤ蕎麦~ダルバール広場)

2014/12/2 (3日目) 続き

12:05 やっと空港を出発します。結局午前中観光には行けず、お昼も過ぎたのでまずはランチのレストランへと向かいます。車窓に見えるのは国会議事堂です。

ネパールの国会議事堂


12:20 ランチのお店ということでセキュリティの効いたプライベートエリアに入ります。後で調べたら、ホテル・サンセット・ビューというホテルの一角にある「ヒマラヤそば処」でした。日本人の奥さんがいる方の経営の店です。

ヒマラヤそば処があるホテル・サンセット・ビュー


まだ日本食が恋しいとは言えない段階ですが、ヒマラヤ蕎麦のランチです。戸隠で修業してきたとかで、日本の蕎麦とまったく同じです。蕎麦粉が現地ものということですね。偽物じゃない日本食という味と質です。

日本人も認めるヒマラヤ蕎麦


さて私は今日の予定が気になります。添乗員に観光と夕日鑑賞は予定通りできるのかと聞いたら、予定通り観光しても18:00頃ホテルに着く予定ですと言います。ここが旅程管理の腕の見せ所でしょう。いいでしょう挽回のチャンスをあげましょう、そんな気持ちでした。

13:00 店を出てダルバール広場へと向かいます。街中にはサッカー場も見えます。ナイター設備がありますが、きっと夜は使われることもないのでしょう。

カトマンズのサッカー場


13:15 ダルバール広場から徒歩10分くらいの川沿いでバスを降りてここから歩いて観光へ向かいます。バクマティ川の支流ビシュヌマティ川沿いだと思いますが、街の中心部に近いのに、生活レベルはかなり低そうです。

カトマンズ中心部の町並み


ダルバール広場まではあまり広くない道を1列になって歩きます。ここは女性の服の仕立て屋さんでしょうか。いつも思うのですが、女性の服を売る店が(しかも採寸して仕立てるだろうに)女性の店員を置かない国が多いのに驚きます。

カトマンズの洋服屋


道沿いには興味をそそるものがたくさんあります。
これは祠?なんだか遺跡の町みたいです。

カトマンズの街角にある祠


こちらは見た目はお寺に見えます。寺院かどうかは別として現在はお店のようです。
お寺が大々的に商売しているのかもしれませんが・・・。

カトマンズの街中にある寺院か店か


道沿いは商店も多く歩くだけで楽しい感じです。町並みも旧市街っぽい雰囲気で、建物に使われている色もカラフルだったりするのがちょっと意外です。

カトマンズの商店街


今度は小さなストゥーパ。でも誰にも敬意を払われていないように見えます。土台部分では誰かが商売しているし、こういう雑多な感じがカトマンズなのかもなと、思うようになりました。

カトマンズの街角にある小さなストゥーパ


ほんの数百メートル歩いただけでも、大小の寺院らしき建造物がそこかしこにあります。人より神々が多く住む町と言われたのも頷けます。過度の人口流入によって、神様達も窮屈そうではありますが、このまま追い出されずに頑張ってほしいものです。

ダルバール広場周辺


さて、目の前にどーんと大きな寺院らしきものが出てきました。ダルバール広場に着いたようです。ダルバールとは宮廷という意味でカトマンズ王国の中心だった場所です。この広場には柵はありませんが外国人観光客は入場券(Rs.750、1000円弱)が必要で、出入りは自由ですが、中でときどきチェックがあるそうです。写真は、カスタマンダブ寺院、カトマンズの名前の由来となった寺院で、ネパール最古の建造物(12世紀頃)のひとつです。

カスタマンダブ寺院


人を掻き分け広場の中へ入っていくと寺院がいくつも並ぶ広場に出ます。ダルバール広場と名がついていますが、「広場」で想像する広い空間よりも建造物があちこちに建っているので、どこまでが広場なのかわかりにくい場所です。一番左はナラヤン寺院(17世紀)、白いお堂が付随しているのはシヴァ寺院(17世紀)、どの寺院も基壇などに人が腰かけています。

カトマンズのダルバール広場


そして、広場の南、ナラヤン寺院すぐ隣には彫刻のきれいな立派な建物があります。クマリの館です。知っている人も多いと思いますが、クマリとは一言で言えばネパールの生きた女神です。そのクマリが住んでいる家ということになります。

カトマンズのクマリの館


クマリは、女神の依代として小さな幼女が選ばれます。ネパールはヒンドゥー教が8割で、そのヒンドゥーの女神も宿るというクマリですが、ネワール仏教徒の僧侶カーストの娘の中から、様々な選定条件を満たすものが候補として選ばれます。その候補の中から何事にも動じない子が選ばれるそうです。ダライラマに似た感じです。

選ばれたら家族と一緒に館に引っ越し、外に出るのは祭りの時だけ。初潮を迎えるまでその生活は続きます。何もわからないうちに連れてこられ、役目を終えれば普通の人になるとはいえ、その後も本当の意味で普通に暮らすのは難しいでしょう。
木彫りの窓枠の彫刻のひとつひとつがそれは美しい館です。

クマリの館の木の彫刻


次回はダルバール広場の続きをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは

「クマリ」そういえばテレビで見た覚えがあります。
大変だろうに・・・と思ってしまうけど、現地の人々の信仰の中では大切な、
ある意味当たり前のものなのでしょうね。

ヒマラヤ蕎麦!面白いですね。ちゃんと日本の味なんですね〜。

Re: こんにちは

こんにちは!

クマリは、実はほかの町にもローカルクマリというのがいる所もあるそうですよ。
確かに、小さな子供を軟禁状態って、人権的にどうよという議論はあるようですが
役目を終えれば故郷に帰って普通に暮らせるし、一生年金みたいのもらえるそう。
でも、それまで神様と崇められていたのが、貧しい村に帰ってl、普通どころか
偏見の目で見られるなんてのが実態みたいで、どんな気持ちでしょうね。
今後はどうなるのか注目です。

ヒマラヤ蕎麦、忠実に日本の味を再現していて、よくある怪しい日本食の気配が
感じられなかったのはさすがでした。奥様日本人ということで厳しいチェックが
あるのかも。もちろん店に来ていたのは日本人ばかりでしたが、在住の方にとっては
機長な存在でしょうね!

No title

こんばんは、カトマンズの街並みの様子楽しく見て
おります。いまでもクマリが顔を出す窓の下の石段
には年配の女性が座っているんですね。懐かしいです。




Re: No title

こんにちは!
クマリの館の前にいる年配の女性はたぶんクマリの写真を売っている人ですね。
思ったよりその手の人が少なかったのは意外でした。
あ、ちなみに普段クマリが顔を出すのは写真の窓ではなくて、中庭の窓です。
後で紹介します!

No title

蕎麦のランチ あるんですね~~

ayaさん 洋服仕立たてもらえばどうなるんだろう
男性が採寸するんでしょうかね?
女性が裏方に隠れてるんでしょうか(笑)

Re: No title

ヒマラヤ蕎麦は、ネパールの小さな小さな日本でした♪

仕立ての謎を解明するにはやはり自分で試してみるしかないですね。
あー、でも学校の制服以来、仕立ての服なんて着たことないし、
採寸はハードル高いなー。
次の機会には突っ込んでガイドさんに聞いてみることにします(笑)

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR