ネパール・カトマンズ(町の風景~パシュパティナート寺院)

2014/12/2 (3日目) 続き

朝食後出発までまだ時間があったので、再びホテル周辺の散策をすることにしました。
人々の服装も、建物も何もかもが見た目は混沌としたイメージです。でものんびりしたムードです。

ホテルシャンバラ周辺の町並み


町はもうかなり活気付き、お店も開いてきました。首都の町でも商店の大半は、こんな小さな個人商店です。店舗を持たない人は街角で野菜などを売る人もおり、何でもありという印象です。

カトマンズの個人商店


交差点で、先ほどのスーパーマーケットとは逆の方向へと曲がります。この先に地図上では商店街があるっぽい、それだけの理由です。未舗装の下り坂を降りていきます。

ホテルシャンバラ周辺


坂を降りきったところに商業地区がありましたが、最早観光客が足を踏み入れる雰囲気ではありません。とはいえ、危険ではなさそうなので、多少周囲の目が気になりながらも少し奥へと入っていきます。

カトマンズの生活を垣間見る


何の肉かわからないようなものを売っている店やいろいろ興味深いものはありますが、カメラを出すのは何となく躊躇われます。一番店構えのいいお店に入ってみると、小さな雑貨屋という感じです。ヒマラヤの蜂蜜を購入(300gが約200円)し、来た道を引き返してホテルに帰ります。このツアーでスーパーや商店で買い物するチャンスはこの後訪れませんでした。蜂蜜は純度100%インドの大手メーカーの製品でしたが、すごくおいしかったので、もっと買えばよかったです。

10:10 ホテルをバスで出発します。この時既にこの旅一番の不快な思い出の幕は上がっていました。そもそもは9:00発予定だったのですが、OPのエベレスト遊覧飛行が遅くなりそうだからと10:00出発に変更になっていました。昨日の到着時の状況を考えても想像はついていましたが、10:00になってもOPに参加した人達は戻ってきていません。

10:00の時点で、「もう飛ぶみたいだから、空港へ向かえに行き、申し訳ないが20分くらい待っていただくことになる。」と添乗員が言いました。OPが遅れているからと言って、ツアー本体を待機させるなんて聞いたことがありません。でも、観光する町は空港方面にどうせ行くのだし、20分くらいなら待っても仕方ないかと渋々従いました。

空港への道はリング・ロードという大通りを走ります。街の中心部に近付くと、ある程度ちゃんとした建物もあるのが見えます。昨夜は停電のせいでどんな街か見えなかったのですが、首都というだけあって、まぁ近代的な建物もあるようです。

カトマンズの街中


昼間でも停電は続いているのか、慢性的だからか、信号はほとんど見かけません。大きな交差点にたまに信号があってもどれも点灯はしていません。それに、やはりすごい電線の絡まりようです。
電線の重みで電柱が倒れないか心配です。

ネパールでは珍しい信号も停電で使われていない


ネパールらしい建造物が見えました。渋滞気味なのでゆっくり車窓を見ることができます。地図によるとチャバヒル・ストゥーパ(Chabahil Stupa)のようです。後で調べたところ、ここには古くから町があり何世紀も前に、ネパール王子と結婚したインド王女が建てたもの。何度も修復されているので、新しいもののように見えますがカトマンズでも最も古い仏塔と言われているそうです。

チャバヒル・ストゥーパ(Chabahil Stupa)


しばらく行くとまたネパールらしい建物。まだ昨夜カトマンズに着いたばかりですが、ネパールに来たという実感がひしひしと湧いてきます。

ネパールらしい建物


空港に近付いてきました。空港の近くには柵で囲まれた広いエリアがあります。世界遺産のマークが目に入ったので、ガイドブックを開いてみたら、パスパティナートというネパール最大のヒンドゥー教寺院だと分かりました。ガイドブックでは見開き2ページも使っています。ツアーに入っていなかったのでノーマークでしたが、急いで読み始めました。

パシュパティナートエリア


10:40 空港に到着します。国内線の駐車場に着きましたが、まだ時間かかりそうだからと駐車場にあるカフェに案内し、お茶をご馳走すると添乗員は言います。遅くとも11:30には出られると言いますが、そもそも話が違うという感じです。カフェと言っても、地元の人向けの汚い食堂みたいな所で、こんな所で待たされるなんて時間ももったいないし、あり得ません。せめて観光に行くはずの街中の広場などでフリータイムにしてくれるとかすべきじゃないですか?と言っても聞かないので、では、11:30に戻ってきますから、と旅ともさんと2人で外へ出ました。

カトマンズ空港にある国内線駐車場付近のカフェ


バスで橋を渡った際に、先ほどのパシュパティナートがちらっと見えたので、その橋まで歩いてみようと歩き始めました。空港の入口の所には検問所があり、外へ出る分には特に問題がないので、リングロードに出ます。

ネパール・ゴルフコースというゴルフ場の横を歩きながら歩道を歩いていくと、お坊さんのような人たちがポツポツに座っています。と思ったら、どうやらこの方たちは占い師だったようです。手相の図とかが見えました。観光客は商売相手じゃないので、声もかけてきません。

歩道に並ぶ占い師たち


ゴルフ場が途切れたころで、やっと橋が見えました。戻る時間も考えると、パシュパティナート寺院の近くまで寄ることはできず、橋の上から眺めるしかないようです。橋はBagmati Bridgeといい、ガンジス川の支流バグマティ川にかかっています。

橋から寺院の中心部までは300~400mあり、はっきりとは見えませんが煙が立つのが見えます。パシュパティナート寺院には川沿いにアルエガート(火葬場)があり、ひっきりなしに火葬が行われているのだそうです。肉眼ではこの程度です。

Bagmati Bridgeから見るパシュパティナート寺院


ズームして見ると、下流の4つの火葬場の様子がよく見えます。ちょうど、4つ目の火葬場に、花で飾られた遺体が運び込まれ、これから火葬を始める所のようです。人があまりに大勢集まっていることや、遺体の飾りが豪華に見えることから、ある程度地位のある方かもしれません。

アルエガートで火葬にされる遺体


気持ちのいい場面ではないのですが、しばらく見ていると目が離せなくなってきました。衝撃的というか、何かが心にガツンと刺さりました。何というか見なくちゃいけない場面を見ている気がしました。ヒンドゥー教の死生観が少し見えたような気がします。

けれど、足元の灰が流されるバグマティ川は今まで見たことのある中でも相当に汚い川で、見るからにそこから流れてきたであろうと分かる灰が流れているのがしっかり見えます。その川で洗濯や沐浴する人がいるのはやはり信じられません。そして、この火葬はカトマンズのあまりにひどい空気汚染に一役買っていることは間違いないのです。

火葬の煙とパシュパティナート寺院


いろいろ思う所はありましたが、時間がないので急いで空港へと戻ります。検問所では人を掻き分け、パスポートをちらつかせ、ガイドと中で待ち合わせしていると言って通ります。ちなみにこのパシュパティナート寺院はヒンドゥー教徒以外の立ち入りは禁止で、観光客は限られたエリアにのみ入ることができるそうです(しかも入場料が高い)。それでも、時間があれば立ち寄りたい場所です。今回はちらっとでしたが垣間見れてよかったです。

11:30 急いで戻ったのに、駐車場にはバスはあるけど誰もいません。やっぱりね、という気持ちと、怒りが込み上げてきます。だいたい私は人に待たされることが大嫌いなのです。しばらくするとカフェに行った人達が戻ってきました。

そこで、もうこれ以上待てない今すぐ先に観光へ行きましょうと、添乗員に苦情を入れますが、いつOPのフライトが飛べるか分からないという事情なので仕方ない、と言い訳をします。別契約であるOPをどう開催するかの話でツアー本体に影響がでないようにするのは当然、添乗員は行程管理のためにいるので、今こそ仕事してほしい。ときっぱり言いますが、気持はわかります、でも、というばかりで埒があきません。

あなたができないなら東京に連絡して下さい、と言うと、ガイドと相談しますと言ったきりどこかへ行ってしまいました。その間、バスにはドライバーもガイドもいずに、ツアー客だけが取り残されました。私は他の客に、雰囲気悪くしてごめんなさい、でもその場で言わないと旅行はやり直せませんから、今日は夕方ヒマラヤ夕日鑑賞もあるし、と言いました。皆内心は同じ考えだったようです。

バスでイライラしながら待っていると、近くの木に動くものが・・・。サルです。そういえばパシュパティナート寺院にはお供えものなどを狙ってサルが出没するとガイドブックにありましたが、このあたり一帯に住みついているようです。

空港からパシュパティナート寺院にかけて住みつくサル


結局、12:05 OPに行った皆が戻ってくるまで添乗員も戻ってきませんでした。午前中を無駄にしたわけですが、添乗員はきちんと謝罪もしませんでした。添乗員には旅行前の電話から私は嫌な予感がしていたのですが、的中です。見るからに経験が浅いのに、自分が添乗員だと声を張り上げ、典型的なKYで、謙遜ということを知らないタイプです。旅の前半にしてすっかり疲れてしまいました。

次回はカトマンズのダルバール広場を中心にレポートの予定です♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは!

アクシデントというか
なんか自分がある程度予定決めてると
想定外は イライラしますよね
ラテン系のところに旅行すれば どうなるんだろう?(笑)

猿がいますね~

こちらも南の方に磯釣り(山を下って)に行けばいます
りこうなので かばんの中の弁当開けて持って行ますからね~~余談になりましたが

Re: こんにちは!

ネパールくんだりまで行って、半日、政党な理由なくただ待機させられるなんて
どう考えてもおかしいです。
まともな添乗員であれば観光地に先に案内して、待たせるにしても観光とか
ショッピングとか時間をつぶせるよう配慮しないといけませんでしたね。

猿、空港の隣にいっぱい住んでいて、大丈夫なのかなーって感じでした。
そっか、かばんも探るのか。堂々とやられたら、なすすべなしかなー(笑)

こんにちは

旅行中は時間が一番貴重なのに、こんなことがあるとほんとに困りますね!
たとえ埒があかなくても、言うことは言うべき。さすがです!
添乗員さん、何というか、気がまわらないんでしょうね。
これがだめなら、まずこうするでしょう〜とこっちは思っても、
目の前の一つのことしか考えられず、パニくってしまったんだろうなあ。
なんのための添乗員か?ってとこですよね。

ところで、ネパールでもこんなふうに火葬するんですね!
バリ島でもよく見かける光景です。
私が散歩する遊歩道沿いにもお寺があって、
その前の広場に時々人が集まって火葬をしています。
バリの場合は、運ぶ時、焼く時はずーっとガムランを演奏しています。
見なくちゃいけない場面を見ている・・・。
その気持ち、すごくよくわかります。

Re: こんにちは

話のかみ合わない人でした・・・。
参加者の立場にたって考えられないのは致命的でしたね。
ネパールまで普通の観光ツアーで来るような人たちはおそらくこの添乗員より
皆旅慣れているので、バカにされないようにと思ったのか必要以上に大声出すし。
ドリンクオーダーと写真撮りくらしか存在示していないのに、こういう時役に立て
ないならいるだけ邪魔です。
それでも、OPに参加したお爺さん達には若い女性ということで人気あったようですが(笑)

ネパールでの火葬は基本的にはインドと同じと思います。聖なるガンジス川に還る・・・。
でも、その川があまりに汚いので衝撃的なんでしょうね。しかもその水、生活水に使ってるし。
空港でふてくされているより、はるかに有意義な時間が持てたのが救いです。
観光でこういう風景を見るって、最初は興味本位以外の何物でもないんですが、
上っ面だけじゃないもの、現地でしか感じられないものっていうのはやはり重いですね。
ツアーでは体験できないものに、少しでもチャレンジするというのがポリシーです。
バリは20年近く前に行ったことありますが、そのころの私はそういうものを見ようとも
思っていなかったので、もちろん見たことはないですが、広場で火葬は驚きです。

予告していただいたので(笑)イライラは最小限に読みました^^;
(感じないように頑張っただけというか…苦笑)
貴重な旅の時間…待たせるだけとは…ツライ…

でも、火葬場は良かった?ですねっ
私もあえて観光客の行かない日常を体験するのが好きです
ですが…私もネパールはもっとこう神聖な印象を持っていましたので
なかなか…衝撃続きです 貴重なお話ありがとうございます-人-

Re: タイトルなし

ブログ読んでてもし私と同じ気分になっちゃったら、申し訳ない
そう思うくらい、イライラしましたよ・・・。日本でだって5分も
待たないのに、海外で半日待たされるなんて。
そう、ネパール、山に囲まれた静かでおっとりとした国という
イメージだったので、町や空気は汚い、首都でも水も電気も足りない
ないない尽くしの国でびっくりしました。
続きもイライラするかも知れませんが予めご了承を!

No title

お疲れさまでした。運が悪かったと思うしかないのかな。小生は、やはり阪急で頭に来る事があり、それ以来阪急は使いません。マレーシアで最終日マラッカの観光時間を端折って(渋滞すると行けないからとの理由で)移動となりました。途中スーパーで約一時間調整し夕食。その後、空港に向かい午後7時到着。(予定表では、午後9時前に空港到着になっていました。)飛行機は午後11時過ぎです。ガイドは午後9時発の飛行機でペナン島の自宅に帰りました。ガイドの帰る時間に合わせて予定が変更されたようです。阪急にアンケートでクレームしましたが何の音沙汰もなし。もう二度と阪急は利用しないと決めました。

Re: No title

こんにちは!
アジアでは旅行会社に限らず、現地ガイドが自分の都合のいいようにすることがよくあります。
それを管理しなくてはいけない添乗員が言いなりだったのが問題でした。
ご存じのように私は阪急は数十回利用していますが、今までこんな事はありませんでした(添乗員なしの
現地係員対応ツアーを除く)。
後で書きますが、今回の件については阪急はきちんとした対応をしましたよ。
ちなみに、アンケートはダメです。阪急ではアンケートはあくまでアンケートとしてしか
とらえていないようで、個別の対応はしないようですね。
私の経験の中では何かあったときの対応は阪急はかなりいい方だと思いますよ。もっとも旅行業界
全体的に、顧客対応がひどい、という前提での比較の問題ですけど(笑)。
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR