インド・デリー(クトゥブミナール)

今回から11~12月に行ったインド・ネパールの旅レポートスタートです。
阪急交通社の7日間のツアーに旅ともさんと参加、旅費は燃油等諸税込みで1人約20万円。20PAX。

2014/11/30 (1日目)

11:30 AI-307便、成田発デリー行きにてインドへ。飛行機の搭乗レポートはこちら
17:33 デリー到着。ビザ取得に散々悩まされた割にはすんなり入国。
19:00 現地ガイドとミートし空港を出発します。近代的できれいな空港です。バスに乗るとマリーゴールドのレイと水ボトルが配られました。

デリー・インディラ・ガンジー国際空港


19:15 空港に近いホテル、レッドフォックスに到着です。ホテルに入るために荷物検査、X線とさらに男女別に手荷物も全部チェックします。予約ミスがあったとかでチェックインに1時間も待たされました。ウェルカムジュースが配られ、皆平然と飲んでいます。私は氷が解けた跡が見られたので辞退します。インドでは高級そうなホテルでも氷入りドリンクや生野菜は避けるべきです。

部屋の手配数をランドが間違えたために、部屋に入ってからもドタバタありましたが、やっと落ち着くことができます。水のボトルが1本ずつ、空の冷蔵庫、湯沸しポットあり。バスルームはシャワーのみ。Wi-Fiは30分2回までが無料です。

レッドフォックスの部屋


たまたまバルコニー付きの部屋があてがわれました。夜なにやらうるさいので外に出てみると、中庭のプール沿いでパーティをやっているようでした。このホテルは空港近くの閉鎖された感のある大型ホテル街の一角で、周囲には何もなく、外出するというチョイスはありませんでした。
ちなみに夜でも生暖かい外気でした。

レッドフォックスのプール


2014/12/1 (2日目)

インドの食事に過度に警戒している私たちは、朝は日本から持って来たおにぎりとお味噌汁を部屋で食べます。その後でホテルのレストランを覗いてみました。安全そうなのはコーヒーとマフィンくらい。後は朝からカレーばかりです。カレーは好きですが、3食本場の香辛料や油を摂取するのは危険です。

初めてのインドの朝食はレッドフォックスで


8:00 ホテルを出発します。空港ホテル街は全体がセキュリティで守られた感じでしたが、そのエリアを抜けるとインドらしさが出てきます。写真後方に見えるのが空港ホテル街です。

デリーの空港周辺の路上


8:30 最初の観光地、クトゥブ・ミナールにやってきました。ビデオ撮影はRs.25、カメラ写真撮影は無料です。ちなみに1インドルピー(Rs.)=2円(両替は現地ガイドから)。ここはインド最古のイスラム寺院の跡で、勝利の塔という名のクトゥブ・ミナールという塔があります。世界遺産に登録されています。

クトゥブミナール入口


入り口からしばらく歩くと、想像よりずっと太くて重量感のある塔が見えてきました。空気があまり良くないのと、逆光で見る角度によって色がかなり違うように見えます。72.5メートルもある塔は、内部に379段の階段があるそうで、砂岩と白大理石でできています。

クトゥブ・ミナール


ある程度近付くまで来ると、層ごとに模様が異なる緻密で美しい彫刻が見られます。1192年から建造された塔ですが、5層に渡るデザインの装飾は見事です。特に各層のバルコニーはすばらしいですが、上の方の層は肉眼でそのデザインを見るのは困難です。

クトゥブ・ミナール


真下から見上げるとこんな感じです。ちなみに、20年ほど前に子供たちが塔から落ちて以来、上れなくなっています。いろいろミナレットを見てきた私ですが、これほど大きく、美しいミナレットは見たことがないと言っていいでしょう。正直驚きました。

下から見たクトゥブ・ミナール


ここには塔だけでなく、モスクもある程度残っていて遺跡、と言っていいのですが、遺跡にはかわいいリスたちがいっぱいいます。まるで彫刻のようです。

クトゥブ・ミナールのモスクに住みつくリスたち


そのミナレットの横にあるクワットゥル・イスラーム・マスジットは1188年建立のインド最古のモスクですが、その中庭に4世紀の鉄柱がぽつんとあります。デリーの鉄柱と呼ばれ、高純度で錆びない鉄柱として有名ですが、実は中は鉄じゃないと言われています(まだきちんとした調査が終わっていないようです。)

クトゥブ・ミナールのデリーの鉄柱


クワットゥル・イスラーム・マスジットは、ヒンドゥー教寺院を壊してその石材を利用して建てられたと見られています。そのため、回廊の柱にはその名残を見ることができます。ひとつひとつ違う彫刻が施された柱はどれも見事です。

クワットゥル・イスラーム・マスジットの列柱はヒンドゥー教寺院のもの


この遺跡にはリスの他にも目を引く居住者がいます。このきれいなインコです。大きさはオウム大で、たぶんワカケホンセイインコ じゃないかと思います。私の家の近所でも見かけますが、飛んでいる時などとても綺麗です。

クトゥブ・ミナールに住みつくインコたち


クワットゥル・イスラーム・マスジットの外側に出ると、壁の下に柵がされている所があり、ガネーシャの彫刻があるというのですが、目のいい私がよーく見てもガネーシャには見えませんでした。

さて、モスクの外側には巨大な作りかけの塔があります。台座くらいしかないと言っていいと思いますが、クトゥブ・ミナールとは素材が全然違います。未完のミナレット、アライ・ミナールです。直径25m、クトゥブの2倍の高さの塔を作ろうとしたそうですが、財政難で断念したようです。

未完のアライ・ミナール


最後に奥の霊廟へ。イルトゥトミシュ廟、クトゥブ・ミナールを建てたインド最初のイスラム王朝のスルタン、クトゥブッディーン・アイバクの後継者で、クトゥブ・ミナールの2,3層を完成させたと言われる人のお墓です。美しい彫刻で飾られた壁に囲まれた中央に立派な墓石があります。

イルトゥトミシュ廟


最後に10分ほど写真タイムがあり、クトゥブ・ミナールの見学はおしまいです。実はあまり期待していなかったので、想定外に見ごたえのある遺跡でびっくりしました。遠足の女学生たちとすれ違い、9:30クトゥブ・ミナールを後にします。

さて、1ヵ所見学しただけですが、空港へ向かいます。ネパールに向かい、インドの観光の残りは戻ってきてからとなります。デリーでは渋滞がひどく、幹線道路にBREAK DOWNとか表示されて置き去りにされたバスとかが更に渋滞に拍車をかけています。

デリーの渋滞


次回はカトマンズをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは!

1192年から建造された塔

どうやって建てたんでしょうね
ピラミッドほどではないけど
高所恐怖症のひとには仕事は無理ですね(笑)

Re: こんにちは!

これ、かなり高い塔だから、下から順に積み上げていけば割と簡単じゃないかと思うほど
でっかい建物です♪
それでも私には無理だけど(笑)
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR