ブラジル・イグアス国立公園(イグアスの滝カタラタストレイル)

2014/11/09 (7日目) 続き

11:00 ホテルカリマをバスで出発し今日はブラジル側のイグアスの滝観光へ向かいます。
11:15 ビジターセンターで一度降りて国立公園に入場します。普段は3000人くらいの入場数が今日は日曜とあって8000人くらい。ものすごい混雑と行列です。当日チケットを買う個人の人は入場するだけでかなりの時間がかかりそう。

ブラジル側イグアスの滝ビジターセンター


入場したら通常は公園内のバスに乗るのですが、団体ツアーの場合は自分たちの専用バスですぐ移動することができます。ジャングルを走り、ブラジル側の公園内にある唯一のホテル、ベルモンド・ホテル・ダス・カタラタスの前でバスを降り、ここからはトレイルを歩いて滝観光です。

カタラタストレイル入り口の展望台


11:50 トレイルの入り口にある展望スポットからは対岸のアルゼンチン側の滝、昨日見たサン・マルティン滝からボッセティ滝まで全てが一望できます。

カタラタストレイル入り口から見るアルゼンチン側イグアスの滝


ズームして見てもアッパートレイルを歩く人々は針の先ほどの大きさです。背後に広がるジャングルの大きさも圧倒です。何しろイグアス国立公園はブラジルとアルゼンチン側合わせると東京都よりも広いのです。この広いジャングルに縄張りの広いジャガーが15頭ほど棲んでいるそうです。

ブラジル側から見るアルゼンチン側アッパートレイル


ブラジル側の遊歩道は1200mほどで、こちらもあまり道幅はありません。混雑している時は大盛況の博物館みたいに前の人を抜くことすら難しくなります。気温は33℃くらいありますが、木々のお陰で直射日光を浴びずに済むので快適です。

ブラジル側カタラタストレイル


ブラジル側のトレイルでもハナグマやオオトカゲに出会うチャンスは高いです。見慣れてきたら怖くなくなりました。ハナグマはちょろちょろ動くので写真にきれいに納めるのは意外と難しいのですが、こちらじっとしているので楽です。アルゼンチン側の滝を見ながら奥へと進みます。

イグアスでよく見かけるオオトカゲ


12:20 視界が開けるビューポイントに着きました。ここで初めて滝の最深部である悪魔の喉笛が見えました。まだ距離があります。

カタラタストレイルの展望スポットkら見た悪魔の喉笛


悪魔の喉笛をズームして見ました。やっぱりすごい迫力です。アルゼンチン側の遊歩道が流されていなければ、この悪魔の喉笛のすぐ上、写真で言うと右側に展望スポットがあって、真上からこの凄まじい滝を覗き込むことができます。今は遊歩道も展望デッキも全く見当たりません。

悪魔の喉笛をズーム


悪魔の喉笛方向が見えるこの展望スポットですが、反対側を見るのも忘れてはなりません。
サン・マルティン滝から奥リバダビア滝までが見えます。この辺りは2段になっていて、下の段はトレス・モスケテロス滝と言います。ちょうど橋がかかるように虹も出ていて絶景です。

カタラタストレイル展望スポットから見るアルゼンチン側のイグアスの滝


ブラジル側の観光ポイントの一つは滝の8割を占めるアルゼンチン側の滝をいろんな角度で見る事でしょう。間近の滝の迫力にも感動ですが、滝の美しさを感じるにはある程度の距離があるこのトレイルからの眺めが一番かも知れません。

眼下のトレス・モスケテロス滝には、ブラジル側のボートツアーがアタックしている様子が見えました。私が以前に体験したのはこちらだと思います。下流で乗ってここまですっ飛ばして来ます。どちら側のボートツアーでも全身びしょ濡れになるのは変わりありません。

ブラジル側のイグアスの滝ボートツアー


展望スポットで十分景色を楽しんだら、更に奥に向かいます。悪魔の喉笛に近づいて来ました。そしてこれから行く滝に迫り出す遊歩道が見えてきました。この辺りからは、トレイルは階段などでどんどん降りていくことになります。

高台から見たイグアスの滝と悪魔の喉笛バルコニーまでの遊歩道


さて、下まで降りてきました。滝へ向かう遊歩道はとても混雑しているので、各自見学ということになりました。ここから先は濡れたくなければポンチョやレインコートの準備が必要です。

滝の中段に作られた遊歩道を観光する人々


遊歩道を人を掻き分け奥の方までやってきました。この遊歩道は2段になっている滝の間に作られています。足元には下の滝、このブラジル側遊歩道はかなり頑丈に作られているとはいえ、水の勢いも物凄く、いつか根こそぎ持っていかれそうな恐怖がまとわりつきます。

ブラジル側の遊歩道から見た下流の景色


遊歩道の先端、悪魔の喉笛バルコニーは、満員電車並みの混雑。それを掻き分け怖さも忘れ手すりに寄ります。足元を流れる滝の勢いも吹き飛ぶほどの、奥の景色、悪魔の喉笛。写真では伝わらないかも知れませんが最大落差90m近くある荒れ狂う激しい滝です。水煙で全貌を見ることが難しいほどです。

悪魔の喉笛バルコニーといわれる遊歩道の先端から悪魔の喉笛を覗く


この遊歩道のすぐ横はブラジル側のフロリアーノ滝。この滝だけでも凄い迫力です。イグアスの滝、このスケールはやはり圧倒です。ルーズベルト大統領夫人が「かわいそうなナイアガラよ」と言ったのは有名な話ですが、私も順番的には先にナイアガラを見ておくことをオススメします。

ブラジル側のフロリアーノ滝


次回は続きからリマに戻るまでをレポートの予定です♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

滝壺の ボート
いくとこまで いくんですね~

滝登りまではしないと思いますが(笑)

強烈そう

Re: No title

このボート、乗ってる人には何が起きてるか何にも見えないんですよね~
これこそ滝行ですよ(笑)
もうちょっとなだらかな滝だったら、登れんるんですけど残念!
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR