アルゼンチン・三国国境地点展望台~イグアス国立公園(グリーントレイル)

2014/11/08 (6日目) 続き

9:00 ホテルカリマを出発し、今日はアルゼンチン側の観光です。
9:10 ブラジルを出国します。ツアーではバスを降りず、添乗員がパスポートを集めて手続き、スタンプは押されません。国境の橋を渡ります。国境周辺は写真撮影は厳禁、橋の上での撮影はOKです。イグアス川、イグアスの滝の下流です。

ブラジルとアルゼンチン国境を流れるイグアス川


9:50 橋を渡った先のアルゼンチン側でも同様に入国手続き、今度は少し待たされたこともあり入国スタンプがありました。この国境は混雑具合によって時間がかかることもあります。予定を変更し、先に三国国境地点展望台へ行くことになり、プエルトイグアスの町を通ります。地面が赤っぽいですが、赤土で鉄分が含まれているそうです。

プエルトイグアスの町


小さな町の中心を横切ります。教会や病院など必要な施設は一通り揃っていますが、大型のホテルなどはほとんど見当たりません。ちなみに、ここではシエスタが4時間もあるそうで、のんびりした人が多いそうです。

プエルトイグアス中心部


10:00 三国国境地点展望台へやって来ました。ここ工事中みたいで、以前に来たときとはちょっと違う場所にモニュメントがありました。アルゼンチンとパラグアイ、ブラジルの国境が交わる地点です。

三国国境地点展望台モニュメント


この三国国境地点展望台付近では路上にお土産屋さんもたくさん並んでます。
この道リオ・イグアス通りから国境を見渡すことができます。

リオ・イグアス通り


手前がアルゼンチン、右奥がブラジル、左側がパラグアイになります。右からイグアスの滝から流れ落ちているイグアス川が流れ込み、パラナ川に合流しています。川の流れは穏やかで、空が映るほどです。

アルゼンチン・パラグアイ・ブラジルの三国国境地点を流れるパラナ川とイグアス川


駐車場に戻ると、脇には小さな売店がいくつか並んでいます。私はここでマテ茶のティーバックを買いましたが、欲しい数確保できませんでした。グループの皆が買占めたようです。これからイグアスの滝観光に向かいますが、公園内の売店はとても高いので、飲み物など十分に持っていない人は入手する最後のチャンスです。飲み物が1ドルで手に入ります。

三国国境地点展望台駐車場にある売店


アルゼンチン滞在は今日だけなのでツアーであれば両替は必要ないと思いますが、何か売店などで買い物した場合、おつりはアルゼンチンンペソでくるので1ドル札を用意した方がいいでしょう。1米ドルは9ペソで、実際には公定レートと闇レートがあります。

10:20 三国国境地点展望台を出発し、国立公園へと向かいます。再びプエルトイグアスの町を抜け、森の中を走り、10:50 イグアス国立公園に到着です。ビジターセンターのトイレは混んでいますが、公園内には各所にトイレはあるので心配は要りません。

アルゼンチン側イグアス国立公園のビジターセンター


入り口からトロッコ列車(ジャングルトレイン)の中央駅まで歩きます。半袖1枚でいい気温で、日差しが強いので、日焼け止めとあと虫除けが必要です。グループの皆はペルーから来たせいか、若干厚着をしているように見え、Tシャツ一枚で歩いているのは私くらいでした。恐らく真夏の気温をイメージして来なかったようです。

イグアス国立公園ビジターセンターから中央駅の周辺


駅に着くと、次に乗れるトロッコ列車までかなり時間があることがわかり、トレイルを歩いて行きましょうということになりました。あれ、私は前回トロッコ列車に乗っているからいいのだけど、皆はいいのかな・・・?特に不満はないようです。

実はアルゼンチン側のイグアスの滝観光ハイライト、悪魔の喉笛と呼ばれる滝の真上から見学する予定は、川の増水でトレイルが流され見に行けない事が事前に分かっています。ここへ行かないとなると、トロッコ列車に乗るチャンスは最初の1本だけだったんだけど、そんなことは皆分かっていないようです。私は初めてのトレイルが歩けるのでむしろ歓迎です。

トレイル入り口に向かう途中、道端に人がたかっています。何かと思ったら、オオトカゲ。
でかい、でかいです。体長は50cm以上、トカゲというよりイグアナです。割と大人しいので、人が取り囲んでいてもゆっくりしか動きません。

イグアス国立公園で見られるオオトカゲ


さて、中央駅からカタラタス駅までジャングルを歩いて移動できるグリーントレイル(Green Trail)に入ります。600mの道のりで、まだ滝はちらっとも見えないトレイルです。

イグアス国立公園のグリーントレイル


このトレイルを歩いたお陰で、途中で野生のオニオオハシを見ることができました。
生い茂った森の中、かなり高い所にいたので、目が悪い人には場所を教えられても見えなかったようです。ズーム倍率の高いカメラ持ってきてよかったと思える時間でした。

野生のオニオオハシ


オニオオハシ、いろんなポーズをとってくれます。首が180度縦に回転、おもしろいです。

オニオオハシのおもしろポーズ


あっという間にカタラタス駅に到着。最後は線路を横切ります。確かに歩くほうが遥かに早い・・・。観光客の数に比べて運行本数が少ないので、歩く人が多くトレイルも大渋滞でした。土曜なので地元の人も多いようです。

グリーントレイルの終点はカタラタス駅


通常であればほとんどの人が、このカタラタス駅で列車を乗り継いで、悪魔の喉笛駅に向かうのですが、その先のトレイルが流されているので今日はここを基点にトレイルを歩きながらの滝観光になります。悪魔の喉笛へのトレイルは2015年1月復旧予定だそうです。

と、駅の掲示板を見てショックなことが・・・。サン・マルティン島へのボートもキャンセルの赤札が。午後のフリータイムに行こうと思ってたのに・・・。水量が多いと滝の迫力は増しますが、トレイルが流されたり、ボートが運休になったりとリスクも伴うのです。

イグアス国立公園の列車やボートの運行状況


午前中はツアーの観光でアッパートレイルを歩くことになっています。アッパートレイルの入り口に向けて歩きます。途中、ハナグマの団体さんに出会いました。ハナグマは後でいくらでも遭遇できるので紹介は後回しにするとして、イグアスで見られる鳥ルリサンジャクを紹介します。こちら青いアイシャドウみたいな指し色が特徴のカラスの仲間、鳴き声が結構うるさいです。

イグアスでよく見られるルリサンジャク


次回はイグアスの滝アッパートレイルをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ayaさん
トカゲを抱いた一枚v-212が見たかった(笑)

Re: No title

つ、次は是非トライしてみます(笑)
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR