FC2ブログ

ペルー・マチュピチュ村~遺跡入り口

2014/11/06 (4日目) 続き

7:40 マチュピチュ村に到着です。ウルバンバ川とそこへ流れ込むアグアス・カリエンテス川を挟んだ小さな集落です。世界的に有名なマチュピチュ遺跡の観光拠点の村としてはあまり開けた感じはなく、ひなびた温泉街のような所です。実際、温泉もありますが・・・・。

マチュピチュ村


遺跡へ向かう前に簡単に村を案内してくれます。市場の食堂が改装中なのか、路地に屋台が並び、アジアな雰囲気です。地元の人専用という感じがにじみでています。

マチュピチュ村の路地屋台


メインストリートのパチャクティ通りです。外国人観光客が利用しやすいホテルやレストランなどが並びます。朝から歩く人はほとんどいませんが、夜は遺跡観光を終えた観光客または前泊で着いた人々で賑わいます。                                                                   
マチュピチュ村のメインストリート、パチャクティ通り


小さな村の中心、アルマス広場です。
こうしてみると、山々に囲まれたど田舎だという事がわかるでしょう。

マチュピチュ村のアルマス広場


広場に面したかわいらしい教会です。この周辺に郵便局とか観光案内所などが集まっています。

マチュピチュ村の広場にある教会


広場の中心にはインカ皇帝パチャクティの像が建っています。村一番の記念写真スポットかも知れません。

マチュピチュ村の広場にあるパチャクティ像


周囲の建物は観光客相手のレストランやお土産屋が多いですが、目に付くのはバルコニーに飾られたいろんなタイプの鳥の像です。たぶんコンドルです。南米ではいろんな神話が残りますが、インカ最後の皇帝トパック・アマルは死後コンドルになってこの地を見守っていると言われています。マチュピチュでも野生のコンドルが見られることがあるようですが、実際はかなり運がないと難しいようです。

コンドルの飾り


市場にやってきました。食料品が主なので、基本的に地元民向けです。

マチュピチュ村の市場の一角


見慣れない食料品や生活に必要なものが雑多に売られているので、観光客にとっては見物の対象です。

マチュピチュ村の食料品市場


さて、なんとなく村の中心を案内してマチュピチュ遺跡へのバス乗り場へと向かいます。
町角にはコンドルが肩に乗ったインカ皇帝の像、格好いいです。

マチュピチュ村の町角


マチュピチュ遺跡は山の尾根にあるので、マチュピチュ村からはハイラム・ビンガム・ロードと名付けられたジグザグの山道を行く専用のシャトルバスで向かいます。他は歩くしかありません。遺跡入り口までの往復バスのチケットは19ドル、いい収入源でしょう。

マチュピチュ遺跡行きシャトルバスの切符と値段


シャトルバスは乗り場に並んだ順に詰め込まれ、いっぱいになると次々と出発します。
8:15 私たちを乗せたバスも出発しました。

ウルバンバ川沿いにしばらく走って川を渡った後は、ハイラム・ビンガム・ロードをかなりのスピードで上がっていきます。道は細いので、対向車が来たら、どちらかがバックして譲り合わないと進めません。

ハイラム・ビンガム・ロード


このハイラム・ビンガム・ロードは、マチュピチュを発見(というか再発見して広めた)ハイラム・ビンガムの名前が付いていて、要するに後から作った道です。徒歩で遺跡に向かう人のための階段も作られていますが、もちろん現代のものです。ちなみに歩いて遺跡まで行くのは2時間半かかるそうです。そう思えば往復19ドルのバス代は安いかも知れません。

ハイラム・ビンガム・ロードを横切って上る歩道の階段


遺跡は標高2400mにあり、つまり標高差400mをすごい勢いであがります。マチュピチュ遺跡の写真でよく見る、背景にある山、ワイナピチュが見えてきました。もうちょっとです。

ハイラム・ビンガム・ロードから見るワイナピチュ


13回もの急カーブを曲がって遺跡はもうすぐです。少し手前で最近土砂崩れがあった場所を通りました。今はきれいになっていますが、土砂崩れの直後は途中でバスを降りて歩いて遺跡に向かったりと大変だったようです。ふもとからの唯一の道ですから・・・。

ハイラム・ビンガム・ロード脇の土砂崩れ跡


8:27 マチュピチュ遺跡入り口に到着です。バスはだいたい25分です。遺跡内にはトイレがないので、入り口の有料トイレ(1ソル、または2人で1ドル)を使います。
高山病による体調不良の割りに、ジグザグ道路を吐かずに乗り切れたので、ひとまず遺跡入場はできそうです。

マチュピチュ遺跡入り口


添乗員さんは、自分のペースで見学して調子悪くなったら入り口で待っていてもいいからと言ってくれました。私が遺跡の広さや道をよく分かっていて、そもそも2度目だから好きにしていいですよ、という配慮です。インティプンクも前回行っているし、ひとまず途中までは一緒に行って様子見ることにしました。

次回はマチュピチュ遺跡をレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは
わぁ 13回もの急カーブですか。
ayaさん よく頑張れましたねー
私だったら完全に酔っているかもです。
次回なのですねー いよいよっ わくわくっ

Re: No title

実は列車で何の薬を飲もうか悩んだ挙句、強力なアメリカの酔い止めを服用したんですが
それが効いたんじゃないかと。頭痛は我慢するしかないですが、吐き気を止めるのが先かなと。
それにあまりに顔色とか悪かったものだから、皆が前に乗りなと席を取っておいてくれて。
しかし、前日昼抜き、夕飯以降に口に入れたものは水も全て吐くという状況で観光なんて
できるんでしょうか~

No title

こんにちは
はじめまして
昔からいきたかったのですが体力的に無理かな?

楽しみに拝見しています

Re: No title

こんにちは!コメントありがとうございます♪

遺跡は体力的にはさほど大変ではありません。多少のアップダウンがあるし、
1週するのに3時間かかりますが何と車椅子で来ている人もいましたよ。
途中のクスコを短時間の滞在のみで回避して、チチカカ湖なども行かなければ
高山病の心配はありませんよ。
この遺跡に限っては写真やテレビで見ている方がいいという話もありますので
無理にはすすめませんが、一度は行かないとと長年憧れている人ほど、実際
見た時の感動は薄いような気がします(笑)
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR