ペルー・ペルーレイルでマチュピチュへ

2014/11/06 (4日目) 続き

6:10 オリャンタイタンボ発のペルーレイル、エクスペディション81号にてマチュピチュ村へ向かいます。朝2本目の列車です。前回来たときはインカレイルだったので違いが楽しみです。ペルーレイルはオリエント急行の運営会社とペルー資本の会社が運営していることもあってか、見た目が格好いいです。

ペルーレイルの列車


途中からインカ道をトレッキングする人を除き、手荷物は一人5kgまでしか持ち込むことができず、マチュピチュに宿泊する場合もスーツケースは持ち込めません。乗る時にはパスポートが必要になります。これはインカレイルもペルーレイルも共通です。5kgの荷物は実際に計ることはないです。

ペルーレイルの場合、列車は豪華なものから何種類かありますが、今回使うのはビスタドームより少し安いエクスペディションという列車です。時間帯によって値段も違いますが、今回の列車は早朝なので片道48ドルとチケットに書いてありました、結構いい値段です(ちなみに帰りの切符は景色もろくに見えないのに62ドル)。

天井にも窓があり眺望は抜群で、ビスタドームとの違いはわかりません(サービスの違いかも)。全席指定ですが、ウルバンバ川サイドが人気があるので、ツアーの場合添乗員の悩みの種のようです。写真など譲り合う精神が必要です。この日は空いていて空き席があったので、皆窓際に座れました。

ペルーレイルのエキスペディション


シートは座り心地よく、インカレイルより若干スペースがあるように感じました。今回は日帰りなので荷物がないから気になりませんが、手荷物があると足元や通路が狭くなります。

マチュピチュへ行くためには、基本的にこの路線を使わないといけません。ウルバンバ川沿いに線路が引かれているので、雨季で川の水量が増し洪水で線路が流されるなんてこともあります。観光の点でも、できれば乾季にいくのがいいでしょう。11月といえばまだ雨季の始まりなので、所によって川の流れは穏やかです。

ウルバンバ川


ウルバンバ川と反対側の景色は主に山と畑などが見えます。マチュピチュに近付くにつれ、あまり見えるものがなくなります。日帰りの場合は、帰りは暗くなるので、行きに山側になっても川側の眺めもちゃんと見ておく必要があります。

ウルバンバ渓谷の景色


インカレイルもですが、ペルーレイルでもドリンクサービスがあります。
ワゴンが回って来たら好きなものを頼みましょう。高山病症状に苦しむ私はコカ茶。コカ茶は持ち帰れないのでペルーにいるうちに存分に飲んでおきます。クッキーやマフィンなどのおいしいお茶菓子も好きなものをもらえます。この後お土産などの社内販売もあります。

ペルーレイルのサービス


さて、車窓景色ですが、ウルバンバ川の流れが激しくなってきました。このウルバンバ川はアマゾン川の源流の一つです。

力強いウルバンバ川


山側の景色のハイライト、白い山が見えてきました。ベロニカ山(モンターニャ・ベロニカ)です。コーヒー豆の産地として有名なので名前を聞いたことがある人もいるでしょう。

ベロニカ山


30分も走ると、KM82という地点を通過します。クスコから82kmという場所ですが、ここはインカトレイルをマチュピチュへ歩いていく人の出発地点です。3泊4日インカの道を歩いてマチュピチュへ行くのですが、ポーターやガイドが付くとはいえ、素人には難しい道のりです。それでも人気があり、人数制限もあるので、かなり前からの準備が必要なのだそうです。

インカトレイルの入り口KM82


インカトレイルを歩けば途中に遺跡などもあり素晴らしい体験ができるらしいですが、列車からは遺跡の類はほとんど見えず、川沿いをひたすら走るのみです。とはいえ、このウルバンバ渓谷の景色はそれなりに素晴らしく、マチュピチュに憧れを抱く旅行者にとっては近付きつつある遺跡への期待を高める眺めであることは間違いありません。

ウルバンバ川沿いを走るペルーレイル


さて、また川にかかる小さな橋が見えてきました。こちらはKM88、ここもインカトレイルの出発点のひとつです。ちなみに、インカトレイルは4000m超級の山も越えるハードなものなので、高所恐怖症に加え、高山病常習者の私は検討することすら許されないルートです。

インカトレッキング出発地点KM88


オリャンタイタンボからマチュピチュまでの列車の旅は1時間半です。徐々に標高が下がり終点マチュピチュ村は標高2000mです。薬をのんだこともあり、吐き気は少し遠のき、頭痛も激しいものから重い程度へと緩和しました。列車にはトイレもあり、そこそこきれいです。

ペルーレイルの列車のトイレ


だいぶ進んできたなぁと思っていた時、列車が止まりました。なんだろう?と思って窓の外を見ると降りている人たちがいます。ここはKM104、マチュピチュまでの最後の6時間をインカトレイルを歩いて行くというルートの出発点です。これだったら高所恐怖症を克服すれば私にも可能性あるかな?

インカトレイルでマチュピチュを目指す最後の地点KM104で停車


列車が動きだし、KM104で降りた人たちに頑張ってねと手を振ります。しばらく行くと川の対岸に遺跡が見えます。Chouesuysuyという遺跡だと思います。マチュピチュだけでなく、この周辺の山の中にはたくさんのインカの遺跡があるのです。私にはマチュピチュそのものよりそういったことの方がロマンを感じます。

列車から見えるChouesuysuy遺跡


すぐに水力発電所が見えてきました。これが見えたら終点マチュピチュはもうすぐです。降りる支度をしましょう。具合が悪い割りに結構写真も撮りました。一度も列車で吐かなかったし(もう吐くものもないが)、これなら遺跡見学もなんとか行けそうな気がしてきました。

マチュピチュ村の水力発電所


さぁ、いよいよマチュピチュの駅の手前です。前方の山をさしてあっちの方にマチュピチュがあるんだよと言うと、どこどこ、と周囲の人がいいます。いえ、マチュピチュの遺跡は山に囲まれた場所にあるので、列車からはもちろん町なんかからも全く見えないんですよ、それが数ある遺跡の中で皆に好かれるポイントなんだと思う、とコメント。見えないから神秘的なんじゃない?

マチュピチュ村周辺の景色


次回はマチュピチュ村をレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

鍵コメさんへ

お気遣いありがとうございます。
コカ茶は日本への持ち込みは禁止ですが、麻薬ではありませんので
現地で短期旅行者が飲む分には全く問題がないと私は思います。
日本の日本茶以上に、現地では飲まれているもので、日本人が飲むことも
避けるようにとは誰も言いません。
日本への持ち込みは禁止ですということは、外務省の安全情報にも
かかれていますが、現地で飲むなということはないのです。
コカの葉はコカインの原料なので、日本へ持ち込み禁止なのですが、コカ茶は
コカインとは全く別ものです。
まぁ私がどうこう言うまでもなく、ほとんどの旅行者が試しているのが実情です。
でも、ブログでの書き方などは気を付ける必要があるかもしれませんね。

No title

わくわくしながら拝見しています。
マチュピチュに着いた頃には
aya1103さんの具合も治ったのかしら。
次回 到着ですね。
楽しみです。

Re: No title

こんな話を聞くと、じゃぁやっぱりマチュピチュ行くのは難しいかしら
って皆言うんですが、マチュピチュ村は標高2000、しかも3000超から下りて
来た所なので、皆元気になるんですよねー。
さぁ、私はどうなったでしょう。。。

No title

エクスペディション81号

外から見ても明るいですが
中もかなり明るそうですね
日焼けしそうなくらいヾ(ーー )ォィ

Re: No title

やっぱり窓が多いと光がいっぱい入るよね♪
それに、皆、やっとマチュピチュだよ~ってワクワク感いっぱいなのかな。
あー私は早く高度下がってくれ~って思いでぐったりだったけど(笑)
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR