ペルー・クスコ(サクサイワマン遺跡)

2014/11/05 (3日目) 続き

14:50 キリストの丘から道路まで降りてきたところは、まさにサクサイワマン遺跡の巨大な石垣で作られた城壁の前でした。クスコの町中や、マチュピチュなどで見る石垣に比べ、明らかに石のサイズがでかく堅牢なもので見ごたえがあります。

サクサイワマン遺跡の城壁


丘からは適当に降りてきただけで、何か柵を越えたわけでもありません。ちょっと降りただけなのに、キリスト像がもう小さく見えます。そろそろ同じツアーの皆さんはランチを食べ終わった頃でしょう。このまま道を下ればクスコの町で安全にグループに合流できそうです


サクサイワマン遺跡から見たキリストの丘


ですが、折角なのでもうちょっとだけ遺跡を見てみたいという衝動を抑えることはできませんでした。チケットオフィスがあったら、その場で引き返すか入場料払えばいいやと城壁に沿って中の方へ入っていきます。

サクサイワマン遺跡の城壁の間


後で分かったことですが、私は既に遺跡の敷地内にいました。最初にタクシーを降りた所が遺跡の北の入り口、キリストの丘から下りてきた道からさらに町へかなり下った所に南の入り口、遺跡を横断したところに西側の入り口と3ヶ所出入り口があるようです。キリストの丘は遺跡入場料の範囲ではないものの、境界はあいまいで遺跡と行き来ができてしまうようです。だから遺跡見るなら先にチケット買ってねと最初に確認したかったのでしょうが、見る時間がないからと私が行ったので、もういいよ通ってということになったのでしょう。

その時は状況がわかっていない私でしたが、本格的に遺跡の中へ入ってしまっていることは途中で気付きました。でも監視員とかいないし、もし声かけられたらある程度見た後なら事情を話して後払いすればいいやという気持でした。それにしても、この遺跡ではインカの石組みの見事さを改めて実感することができます。デザインはわかりませんが見事です。

サクサイワマン遺跡の見事な巨石の石組み


このサクサイワマン遺跡はキリストの丘の隣にあり、同様にクスコの町を一望できる高所にあります。皇帝パチャクティの時代に建築が始まったもので、城塞とか神殿とかはっきりとはわかっていません。360mにも及ぶ3段の城壁から要塞という感じはします。1段目の上を西へ向かって歩きます。

サクサイワマン遺跡の城壁


3段の城壁はジグザグになっています。そして、そこから広場をはさんで反対側にも天然の岩場と石垣による遺跡が残っています。あちらには秘密のトンネルのようなものもあるそうです。クスコの町中まで繋がっているとかいう話も聞いたことがあります。

サクサイワマン遺跡北側


城壁を歩いていくと、西側の入り口の方へ突き抜けられます。団体や車で来る人は、この西側の入り口か、私が通してもらった北側の入り口から入るようです。昼に降った土砂降りの雨のせいか遺跡には数えられるほどの観光客しかいません。

サクサイワマン遺跡西側


西側の入り口の付近には説明版がいくつか立っていて、遺跡の地図があります。この遺跡はあまり地図が出回っていないので、事前に情報を得ることが難しかったのですが、この地図を見ても、実際にこの地に立ってじっくり見ないとわかりにくい地図でした。

サクサイワマン遺跡の地図


地図よりも上空からの写真パネルの方がわかりやすかったです。なるほどジグザグの3段の城壁、その上には大規模な建造物の遺構、というか礎石だけ?のようなものが写っています。上まで上ってみたい所ですが、もう時間がありません。

サクサイワマン遺跡の俯瞰写真


ということで、踵を返します。反対側の自然の岩が多いマウンドの方も行ってみたかったですが、またいつかあるかどうかわからない機会にしたいと思います。間の広場にはリャマかアルパカがのんびり草を食んでいます。この広場、6月24日冬至に行われるインカの太陽の祭り、インティ・ライミ、が行われる場所です。

サクサイワマン遺跡とリャマたち


一番下の石垣を見ながら戻ります。こうしてみると石が巨大だということがわかるでしょうか。エジプトのピラミッドもびっくりの大きさです。4mくらいありそうです。

サクサイワマン遺跡に使われている巨大な石


こちらは城壁にある門、その脇の角の所には、蛇の彫りこみのある石が使われています。蛇といっても、どんな意味があったのでしょうか。偶然ではない人工的な彫りですが、インカの加工としては雑な気もします。

サクサイワマン遺跡の城壁の門


クスコがスペイン軍の手に落ち、1536年にマンコ・インカ・ユパンキが篭城してここで戦った際、建物などはスペイン軍に破壊されただけあって、石垣くらいしか残っていませんが、インカの巨石による石組みを見るのにとてもいい遺跡だと思います。入場料が70ソル(約3000円と言うのがきついですが)

サクサイワマン遺跡


15:20 さて、町へ降りる道に戻ってきました。ちょっとだけ、と思って結局30分遺跡を見学してしまいました。しかも無料で・・・。今頃ツアーは町中の石組みなど見ながらコリカンチャに向かっているはずです。もう標高のことはすっかり忘れいつの間にか普通のスピードで歩いていました。今の所高山病の症状はないですが、そろそろ体内の酸素がなくなりそうです。

サクサイワマン遺跡の東の道


さぁ、急いで町へ戻らないと行けません。石畳の道を段々近づきつつあるクスコの町を見ながら下ります。それにしてもこの道、かなりの斜度で足元に注意が必要です。上がってくるのは相当にきついでしょうが、下るのは眺望もいいのでオススメです。車で遺跡に来ても帰りは歩くといいでしょう。この道、途中2手に分かれますが、どちらを歩いてもまた合流します。

サクサイワマン遺跡から徒歩でクスコの町に戻る


次回はクスコの町をレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ほんと 大きい石ですね
漬物石にはできませんねヾ(ーー )ォィだれがやねん(笑)

Re: No title

こんにちは!
こんなデカイ石を山の上まで運んだのがスゴイですよ。
漬物もぺったんこになりそう(笑)
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR