ブルガリア・エタル野外博物館

2014/06/08 (6日目) 続き

9:00にベリコタルノボを出発し30分ほどでガブロヴォという町を通過します。なんか草臥れた町に見えます。この町でもバラ祭りがあるらしいのですが、そんな気配すらありません。ここの住民はケチな気質ということで、道や建物が直されないままなのだそうです。

カブロヴォの町


9:50 ガブロヴォ郊外にあるエタル野外博物館にやってきました。山間の川沿いに位置する19世紀のバルカン山間部の典型的な村を再現した所です。伝統的な産業や昔の村を保存しているので、子供たちの学習にも用いられ、長い夏休みに入ったばかりの子供たちが教育プログラムの一環でたくさん訪れていました。

エタル野外博物館入り口


エタルでは様々な目的で水車が用いられています。ロクロを回したり、絨毯を洗うバカでかいたたき機などを動かしています。

エタル野外博物館では至る所に水車


こちらは洗濯層。村の上に引かれた水路から水を流して、勢いよく水を流し込み、渦ができていました。よく計算されている天然の洗濯機です。

水を利用した天然洗濯機


昔の農機具が展示されています。いろいろ見ていると、電気が無くてもそこそこ生活にはそれほど不便がなかったろう時代の暮らしが見えてきます。

19世紀の農機具


家などは移築したもので、その古さは屋根などを見ると実感できます。苔むした石瓦の味わいはなんとも言えません。

苔むした19世紀の屋根


村の中心には川が流れ、この水あっての村の生活を実感できます。橋を渡った先は職人街になります。

エタル野外博物館中心部


ここからは職人街、道の両側に古い家が軒を連ね、様々な失われつつある職人技を見ることができます。各種細工やパンや伝統菓子まで様々で一軒ずつゆっくり見て周ります。作られている作品は購入することもできます。

エタル野外博物館職人街入り口


工房ではいろんな手作業を見ることができます。写真OKの人もいれば、NGの人もいます。中には蝋人形かと思うようなおばあさんなども見ることができます。

エタル野外博物館職人階の工房


職人街を一通りガイドしてくれた後、後半はフリータイムです。職人街がこの村の繁華街ですが、その先もまだ村は続いているので先まで行ってみます。全部で50くらいの建物があるようです。

エタル野外博物館職人街の下の外れ


村の下の方は建物も少なく緑も多いのですが、木に結ばれた赤と白のミサンガのようなものが目に入りました。これはマルテニッツァというものです。3/1に親しい人とこの赤と白で編まれた紐を送りあいます。バックや腕など身に着けた紐を、春になりコウノトリを見かけたらこうして木に結ぶのです。するとその年は幸せになれるとか。要するにおまじないです。

マルテニッツァの結ばれた木


村外れまで来ると家はぽつぽつ、という感じになります。どこまでも本物の村を歩いているような作りです。

エタル野外博物館川下


ひとつひとつの家を覗くと水車を利用したいろんな仕掛けを見ることができます。丸太を黙々と切断している大きな機械や、写真は糸をつむいでいるようです。管理人など誰もいない状態で、流れる水と水車の音、そして機械が動く音だけが響き、少し不気味な感じもします。

無人で動き続ける水車で動く機械


村の下にも出入り口がありますが、私たちの集合は上の入り口なので、来た道を戻ります。村の中のトイレは0.5Lvと有料で、村から出た駐車場のトイレは無料で利用できます。この職人街の中には昔ながらのカフェもあります。

エタル野外博物館職人街


村の真ん中には時計塔、これも水車で動いているのかな・・・。川なしには成り立たない生活のようです。山間の村ではこうして豊富な水を活かし産業、生活を支える工夫がなされたのでしょう。

エタル野外博物館中心部の時計塔


斜面の上の方にも酪農に関連した作業場がありました。チーズやバターなどを季節になると作り、保存していたようです。そして、ちょっと離れたところにある小さな小屋、なんだろうと思ったら運河を利用したスモークの機械みたいでした。

燻製小屋


2時間の予定が1時間ちょっとの見学となりました。50軒ほどの集落なので、さすがに2時間は要らない広さかな?博物館ということでもっと作られた商業的なものを想像していたのですが、19世紀の村の保存という意味ではかなり自然なものに見えました。なかなかおもしろかったです。11:00 カザンラクに向け出発です。

次回はシプカ峠~バラ博物館をレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

突然ですが

悲しいことに
ブログ「ヒカルと呼んで♪」をすべて削除することになりました(涙)
ごめんなさい。
ブログはまた見に来ますのでヒカルのこと忘れないでください。

ブログ復活はしばらくの間は無理です。

今までありがとうございました。

Re: 突然ですが

ヒカルさん

ショックです・・・リアルではとても知り合えない楽しい存在だったのに
たまに思い出して見に来て下さいね。待ってます♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR