ブルガリア・ベリコタルノボ旧市街

2014/06/07 (5日目) 続き

18:45 旧市街を散策しながらホテルへと歩いて帰ります。
こちらは聖母教会(Cathedral Rozhdestvo Bogorodichno)です。この時間になるとこの町の教会はどこも開いていないので外観のみです。

ヴェリコタルノヴォ聖母教会


次は職人街チャルシャに向かいます。ブルガリアのお土産はこのあたりで買うのがオススメです。たとえばバラ製品、カザンラクのバラ博物館の売店は小さく混みあうし、この町でもホテルに入っている売店は値段が倍くらいします。この旧市街ではお店もたくさんあり、ソフィアより安いです。たとえばハンドクリームは2Lv(150円)が相場です。

職人街チャルシャは手工芸品の小さな工房が並ぶエリアになります。トルコの時代から受け継がれた技術が今も伝わり昔ながらの味わいの残る一角です。

ヴェリコタルノヴォ職人街チャルシャ


写真は職人街の中心サモヴォドスカ・チャルシャ広場の上あたりの住宅街です。こうして見るとトルコ風の町並みが本当によく残っています。

ヴェリコタルノヴォのトルコ風の家並み


雰囲気を楽しみなら職人街の通りを下ります。この時間、職人さんが実演しているシーンはあまり見られませんが、私たちは明日こういった職人街をそのまま保存した野外博物館へ行くので、ここでは雰囲気のみ楽しみながら帰路を急ぎます。

ヴェリコタルノヴォの職人街チャルシャ


19:15 インターホテルに到着です。夕食の時間を15分過ぎました。ちょっとくらいなら遅れてもいいと言われていたし、15分ならあまり影響ないと判断し、フロントで日本人グループのレストランの場所を聞きます。このホテルは以前も泊まっていてレストランが複数あり場所もわかりにくい事を知っているので、ややこしい案内を聞き漏らさないよう注意します。

レストランに着くと、ちょうど飲み物とショプスカ・サラタが出たところでした。ひとまず地元のビールを頼み、歩き疲れて汗だくの体を冷やします。ショプスカ・サラタはブルガリア定番のサラダで、白チーズがたっぷりで、慣れると病みつきです。

ブルガリアの定番サラダショプスカ・サラタ


子牛煮込み、りんごのケーキと食べている間に外はものすごい雷雨になりました。あんなに晴れていたのに、帰ってくるのが少し遅くなれば大変な目に遭うところでした。
夜、外は雨ですが、外を見ると雷とは思えない光が見えました。ツァラベツの丘で光のショーをやっているようです。ホテルからツァラベツの丘は見えないのが残念です。ここからみえるのは旧市街の丘です。

ヴェリコタルノヴォ夜景


2014/06/08 (6日目)

朝起きると、朝靄がすごくて対岸の町が見えない・・・。ねー見て朝靄すごいよと旅ともさんに見せようとしてカーテンを全開にしようと勢いよく引きました。
と、やってしまいました。カーテンを全部引き抜いてしまいました。もう3度目かな?

朝もやの中の日の出とアッセン王のモニュメント


アッセン王のモニュメントもこの通り。と、朝靄の中から日の出です。
とても幻想的でした。

朝のヴェリコ・タルノヴォ


朝食を食べている間に靄が晴れてきました。なんだか目まぐるしく変わる天気に唖然とします。せっかく天気がよくなったので、出発前に朝のお散歩に出かけます。

朝のヴェリコ・タルノヴォ


ホテル前の橋を渡ってアッセン王のモニュメントへ向かいます。朝の空気は気持がいいです。写真右が泊まったインターホテル ベリコタルノボです。

ヤントラ川にかかる橋とインターホテルベリコタルノヴォ


アッセン王のモニュメントは高さがあるので、あまり近付くと写真に納まりません。12~14世紀に栄えた第二ブルガリア帝国の歴史はあまりなじみがありませんが、アッセン王の頃の全盛期にはバルカン半島のほぼ全域を支配したそうです。

アッセン王のモニュメント


アッセン王のモニュメントの後ろは川の向こうの丘の旧市街です。丘というより、川に落ちそうな崖の上に張り付くように家々が建っているのが信じられません。何度見ても驚愕の町です。

丘の町ヴェリコタルノヴォ


さて、出発までまだ時間があるので、もう一度旧市街まで歩いてみることにしました。
このあたりは新市街、かな。きれいな町並みです。

ヴェリコタルノヴォの町並み


時間があればわき道を歩くのも楽しそうです。といっても、ホテルからの景色でわかるように丘に張り付いた町なので、道もわかりにくく、坂や階段が多いので、かなり時間にゆとりがないと大変なことになりそうです。それにしてもこの町は生活するのに脚力が必要そうですね。

ヴェリコタルノヴォの町並み


ホテルから15分で職人街の奥まで来れました。朝の静かな町並みもとても素敵です。
さて、出発時間まで後30分、帰りは小走りになりました。

朝の職人街チャルシャ


次回はエタル野外博物館をレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ayaさん

カーテン引きぬくなんて
やりますね~~
破れてなかったですか(笑)

慣れると病みつき・・ということは
白チーズは癖があるのですか?

Re: No title

世界のカーテンレールにはいろんなのがあって、ピンチばさみみたいなのから、レールにストッパーがないようなのはよくあるんですよね。よく見ずに引くと、きれいに取れちゃうんです(笑)
高さ的に自分で元に戻せないので、夜は要注意!

白チーズはくせがなくって、塩気も少なくて食べやすいんですよ。だからたっぷりかかっていても
飽きずに食べられるというか。これ、売っている状態は、お豆腐みたいな感じ。かなり馬鹿でかいブロックでも売ってます。日本で売ったらヒットしそうだけどな~
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR