ブルガリア・ベリコタルノボ(ツァラベツの丘②)

2014/06/07 (5日目) 続き

ツァラベツの丘の裏側、丘の北端から南端へと道を歩いていましたが、5分も歩いていると、それはもはや道ではなくなりました。北側は確かに道だったと思いますが、南側は足元に伸びた草に踏まれた跡が全くないのです。文字通りの陸の孤島にいるので、万一にも迷子になることはありませんが、探検モードに気持を切り替えます。

ツァラベツの丘南東の獣道化した道


最後は獣道ともいえないくらいの草むらを文字通り掻き分けて視界が開けるところへ出ます。どうやら南端に出られたようです。ボードワン・タワーを見下ろす丘の中腹に出ました。やれやれほっとしました。北から南へは何とか来れますが、来た道を引き返してみろと言われてもできないなと思いました。

ツァラベツの丘南端ボードワンの塔


タワーのすぐ北に正門以外にある唯一の門、南の山門があります。小さな門ですが、完全に川に囲まれた場所なので何のための門なのか、前向きな理由ではなさそうです。

ツァラベツの丘ひっそりとした南の山門


ボードワンの塔に向かいます。ブルガリア皇帝カロヤンがラテン帝国に攻め入り捕虜にした初代皇帝ボードワンを幽閉した塔なのだそうです。カロヤンの皇妃がボードワンに恋をしたため、ボードワンを殺害したという伝承があるそうです。

ツァラベツの丘ボードワン・タワー


さて塔に登ってみました。素晴らしい眺めです。右に見えるのは、ツァラベツの丘の中央にそびえるキリスト昇天教会の塔、視界いっぱいに丘を取り囲む堅固な城壁が見えます。城壁は正門の先まで伸び、写真の左端にまで達しています。

ボードワンタワーから見たツァラベツの丘


川向こうの南側に見える町並みも味わいがあります。ベリコタルノボはいくつもの丘からなる町なので、丘に張り付くような家並みが何ともいえないのですが、古い教会や、崩れかかった家など、飾らない町並みです。

ボードワンタワーから見たヴェリコ・タルノヴォの町並み


南端のボードワン・タワーからは中心へ向かって歩くと、丘の中の唯一の売店がありました。暑い中歩き回ったので、売店でドリンクなどを購入し一休み。観光地価格ではありますが、冷たいもので心身を回復させます。

丘の一番上にあるキリスト昇天教会に上がってきました。どうやらお葬式をやっているみたいで中には入れませんでした。かつてブルガリア総主教座が置かれた教会があったのですが、現在のものは社会主義時代に建てられたものでかつてのものとはかけ離れたものなのだそうです。教会の塔には有料エレベータで上れるようですが、クローズしていました。

ツァラベツの丘キリスト昇天教会


教会は丘の頂上に建っているので景色が抜群です。北の方を見ると、立派な建造物が見えます。ここが王宮跡です。一部が修復されています。

キリスト昇天教会から見たツァラベツ要塞


王宮と言っても復元図を見ると要塞のような建物だったようです。丘自体を囲む城壁もあれだけ堅固なのに、さらに高い城壁に守られていたようです。建物自体は3階建てだったらしいです。

ツァラベツの王宮跡


王宮の中を気ままに歩きます。ここは竈だったのでしょうか?とても大きなものです。

王宮跡にある竈跡


王宮の中には大理石の床なども残っており、立派な建物だったのだろうなと想像をめぐらせます。前方に見えるキリスト昇天教会のすぐ下、王宮の間にある石組みはかつての総主教座教会跡のようです。

ツァラベツの王宮跡から見たキリスト昇天教会と総主教座教会跡など


隅々までツァラベツの丘を楽しみました。王宮跡から教会の下を通って正門から帰ります。この城壁内には王宮以外に21の教会と500軒ほどの住宅などがあったと言われているので、城内がひとつの町だったようです。丸ごと遺跡、大好きな城壁付ということもあって何と2時間近くもゆっくり探索してしまいました。

ツァラベツの丘の城壁と住居や教会跡


14世紀のツァラベツの丘全体図です。こうして見ると川が不思議なほどに城全体を守っていることがわかります。平坦に見えますが、高低差がかなりあり、川辺と城壁は崖に阻まれています。

14世紀のツァラベツの丘の城塞再現図


18:40 とっくに入場時間は終わり、同じようにのんびり見学して出てくる人がいるばかりの時間になりました。ライオン像から先は入場時間内はチケットがないと入れません。私は遺跡は古い方が好きなので、12~14世紀は新しい方に入りそんなに気に入ることがないのですが、この丘がすっかり気に入りました。新しいと言ってもマチュピチュより古いですけどね。

ツァラベツの丘の入り口のライオン像


19:00にホテルで夕食なのですが、もし戻ってこなければキャンセルして下さいと事前に添乗員さんに言ってあります。丘に付き合ってもらった旅ともさんにツアーで行くはずだった旧市街の見所を案内してから戻ることにします。

ニコラ・ピコロ通りを上がって聖母教会へと向かいます。教会は高台にあり、振り返ると、ツァラベツの丘の全景が見渡せて再び感動が押し寄せてきました。
前回の未練であったこの素晴らしい丘を満喫できた事に大きな達成感を感じました。

聖母教会から見たツァラベツの丘全景


夕方18:15には入場が終わってしまうし、1時間は歩かないとならないと思われるこの丘はツアーでは通常入場観光になっていません。でも遺跡好き、足腰に問題ない人は他の観光を捨てても是非立ち寄るべきスポットとしてオススメします。旧市街は朝晩散歩することができますから・・・。

次回はベリコタルノボ旧市街をレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

鍵コメさんへ

ブログはマイペースが一番ですよね。
これからもよろしくお願いしますね♪

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR