ルーマニア・シギショアラ旧市街(ドラキュラレストラン~山上教会)

2014/06/05 (3日目) 続き

11:40 旧市街中心の城塞都市広場から時計塔を前にして右を見ると、小高い山の上にちらっと山上教会が見えます。ツアーではここから眺めるだけで連れて行ってはくれないので、後でフリータイムになったら行きたいと思います。階段や坂道を使わないと行けないので、平均年齢が高いのが普通のツアーでは組み込まないのでしょうね。

シギショアラの町と山上教会


シギショアラの一番の観光スポットといえば時計塔です。9つ残る塔のうち一番立派で目立つランドマーク的存在で旧市街の正門です。内部は博物館になっていて、ツアーでは大抵入場は含んでいませんが、上からの眺めが超素敵なので少しでも時間があれば絶対に上ることをオススメします。

シギショアラ旧市街と時計塔


この時計塔はもともとは14世紀に建造されましたが、1676年の大火で一度消失しています。外からの見所は19世紀に葺き替えられた色つきタイルの屋根や、17世紀のからくり時計でしょう。今でも動くらしいですが、修理中なのか夜なのか動くのを見たことはありません。

シギショアラ時計塔


時計塔のすぐ近くには立派な建物があります。現在の市庁舎です。ちょっとした宮殿のようです。ここの庭の部分はテラスのようになっていて、城壁外の町並みを眺めることができます。

シギショアラ市庁舎


市庁舎の脇にはヴラド・ツェペシュの像があります。ドラキュラ伯爵のモデルになった15世紀ワラキア公国の君主で、この町で生まれたことからこの町のシンボルといった存在です。

ヴラド・ツェペシュの胸像


12:00 ランチはそのヴラド・ツェペシュの生家、時計塔のすぐ前にある黄色い建物で、通称ドラキュラレストランです。父親のヴラド・ドラクルの家で、父親がハンガリー王によって幽閉されている4年の間にヴラドはここで生まれました。日本のツアーはここでランチをすることが多いようです。

ヴラド・ドラクル生家レストラン


空調がないので、暑い時期にはしんどいですが、雰囲気はとっても素敵です。壁と窓の上の方に古いフレスコ画が少しだけ残っています。

ヴラド・ドラクル生家レストランの内部にはフレスコ画も残る


今回のランチはトキトゥーラ。豚肉とソーセージの煮込みシチューと言えばいいでしょうか。中央にあるのはトウモロコシの粉を練って蒸したママリガというものでトキトゥーラとの愛称は抜群です。とてもおいしかったのでぺろっと完食させて頂きました。
ちなみに、片言の日本語を話すイケメン店員のサービスもよかったです。後、ここではドラキュラワインなるものも1本80RONでお土産に売っています。

ドラキュラレストランで食べたトキトゥーラ


12:40、13:30までフリータイムとなりました。40分というのは微妙な時間です。山上教会と時計塔両方行くためには少々急ぎ足に行かなければなりません。2度目なので道を知っているのと時間予測ができるのが強みです。まずは遠い方から攻めます。

外へ出ると晴れ乞いが効いたのかすっかり晴れて暑いくらいです。城塞都市広場はカラフルな色合いの建物が並びすごく綺麗です。その昔、残忍な公開処刑なども行われたとは想像しにくい町並みです。

Fortress Square


山上教会は城壁内南端の学校の山と呼ばれる山の上にあります。この山には175段の屋根付き階段で上ることができます。右側の道からも階段の上へ出られます。

山上教会への屋根付き階段入り口


この階段の上には教会の手前にドイツ語の学校があるので、もともとはその学生の通学路として作られたそうです。学生は毎日ここを上るんですね・・・。時間が少ないので、休まず一気に上りますが、結構心拍があがります。

屋根付き階段スカラ・シュコラリロル


階段を上りきったら学校を左手に見て、正面に教会が見えますが、入り口は裏手になります。右から回ると小さな古い家みたいなものに出会います。実は9つ残る塔のひとつ、綱職人の塔で、13世紀に建造されたシギショアラでも古い塔です。現在は墓地の管理人が住んでいるそうです。

Rope Tower綱職人の塔


こちらが山上教会、入り口から見た限り中はシンプルな教会です。時間もないし、入場料も取るようなので、内部の見学はパスすることにしました。

山上教会


教会入り口の前には広大な墓地が広がります。ドイツ人墓地のようですが、地元の名士たちが眠っているのか、立派な墓石が多いです。

ドイツ人墓地


せっかく階段上ってもすごく見るべきものがあるという訳でもないので、体力や時間がない人は時計塔を優先して町を散策する方がいいのかも知れません。戻りは階段を使わず坂道を下りました。おかげで、2つの塔と城壁を見ることができました。左が肉屋の塔、右が皮職人の塔です。14あったギルドの象徴の名残なので、職人の名前がついているのです。

肉食人の塔Butchers Towerと皮職人の塔Furriers Tower


次回は時計塔周辺を中心にレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

とても参考になりますm(..)m

来週(10月7日)からクラツー関西のブルガリア・ルーマニアツアーに参加してきます。
各地におけるフリータイムの行動などのレポートが非常に参考になります。

私もスタアラGなのでTKを利用したかったのですが、今回は初めてのQR利用で乗り継ぎのドーハではラウンジが利用できないのが残念です。

出発ぎりぎりまで、そしてPDAを持参しますので現地でも旅レポートを楽しみにさせて頂きます(^^)

Re: とても参考になりますm(..)m

こんにちは!

来週出発なのですね!
今は紅葉シーズンでしょうかね。バラの季節以外は日本人の団体客は少ないと思うし
ゆったり楽しんでくださいね。
もし気になる観光地などあったらほかの町のことでも気軽に質問して下さいね♪

No title

今晩は

 いつも詳細な旅のレポート感心して拝見しております。
それにしても拍手の多さ、我がブログとは比べものなりません。

 私も行ったところ行かないところ色々な見方、角度、再度旅のおもしろさに引き込まれます。

 これだけのレポート大変でしょうが是非継続して下さい。貴殿の今後の活躍を祈ります。

Re: No title

こんばんは!

続けているうちに書きたいことが増えてきちゃって、どんどん詳細になってきている気がしますが
これでも結構切り捨てているんですよね・・・。ほとんどは旅行中に自分用の日記をつけているので
それほど大変ではないんですが、写真選びは悩みます(笑)

それにしても、私のブログも早4年を超え、最初は拍手はおろか訪れる人も数人だったのが、継続は
力なり、ですね。今では私のブログの読者も99.9%は面識のない方で、たぶん1/3くらいは検索で過去記事を
参照にいらした方、やはり1/3くらいがfc2ブロガーの方々やtwitter等でつながりのある方、残りの1/3は
全くの不明で、ブックマークなどして下っている方々と想定しています。
最近は、誰に対して書いているんだろうと考えてしまうこともありますが、理由はともかく密かに応援して
下さっている方がいると思うことがブログを続けるエネルギーになっています。
旅好きさんが見て下さっているのは特に嬉しいので、これからも頑張りますね♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR