ルーマニア・ブラショフ旧市街

2014/06/04 (2日目) 続き

17:00 最終のロープウェイでトゥンパ山を下山します。乗り場から見る景色は展望台に比べるとワイド感が劣りますが、旧市街を見下ろすには十分です。残念なことに、乗り場を出てしまうと、視界が開ける場所がなく、展望台に行かないと景色が楽しめないのです。

トゥンパ山ロープウェイ山頂駅の乗り場からの風景


下山した後は、ロープウェイ駅の前の道を南西に歩きます。トゥンパ山の山麓にある道は町からは高台になるので、そこそこいい眺めです。ロープウェイ終了後だったら、この高台から町を見るのもいいでしょう。薄い城壁や塔も残り道周辺は静かな公園のようです。

トゥンパ山麓の道からブラショフに残る城壁や旧市街を眺める


そのまま城壁の外側を歩いていくと、その先には要塞博物館があるはずです。白壁の先が要塞になっているようです。

城壁の角にある要塞博物館


と、山側に目をやると登山道の入り口が目に入りました。この地図によるとトゥンパ山にはいくつか登るルートがあるようです。この山は標高865mもあり、見た目では斜度がかなりあります。降りるのに1時間と言っていたので上りはもっと・・・しっかりした情報を持たずに山に入るのは危険そうです。

トゥンパ山地図登山ルートなど


城壁をぐるっと回りこんで、要塞博物館の入り口方面に来ました。ついさきほどいたBRASOVのサインのあるトゥンパ山展望台が小さく見えます。というか外見からは展望台らしきものは識別できませんけれど。

要塞博物館入り口


要塞博物館に入っていくと、入場券を買う前に、見たかった要塞の内側の部分が見れたので、内部の展示はいいや、と入場するのはやめにしました。入場料よりもカメラ持ち込み料金がとても高いのが入場をしぶった一番の理由かも知れません。

要塞博物館内側


次はスケイ門を通ります。アラブ風の白い門で、町の南の門として機能していました。
かつてこの門の城壁内側にはザクセン人が住み、ルーマニア人は門の外側のスケイ地区
に追いやられ、門の中に入ることはできなかったそうです。

スケイ門


すぐ近くには別の門、エカテリーナ門があります。こちらはスケイ門より先の1559年に建設されています。教会かお城の塔のようなかわいいデザインの門です。現在は人は通れますが、道は通っていないので、ひっそりと残されているという感じです。

エカテリーナ門


スファトゥルイ広場に戻り、レプブリチ通りをホテル方面へと戻ります。途中、トルコ系のアイスのお店、MADOでアイスを購入、食べ歩きをします。

レプブリチ通りのMADOでアイス


17:45 まだ時間があるので、スーパーマーケットへ寄ることにします。4年前にも利用したのでよく覚えています。ホテルからはレプブリチ通りへ曲がらずそのまままっすぐ行くと、大きな交差点でStarと書いてあるショッピングビルが見えるのでその地下になります。

町中のショッピングセンター地下にはスーパーマーケットも


このスーパーは、ルーマニア産のものを国旗で識別しているのでお土産を探す観光客にも利用しやすいです。写真は有名な貴腐ワイン、コトナリですが、セキュリティのおじさんが、おすすめワインをいろいろ教えてくれました。メモって後で日本で扱ってないものか確認してから明日買おうと思います。

ルーマニア国旗のマークのあるものはお土産にもオススメ


18:10 ホテルへ戻り、ひどい泥はねだらけのパンツを洗ったり、シャワー浴びたりして夕食までの時間をすごします。

19:00 ホテルで夕食です。水とグラスワイン白一杯付き。ルーマニアのツアーでは水やワインがつくことは結構多いのが前回も学んだ特徴です。サラダ、メインはミティティ、デザートはアイス。ちょっと音大きめの生演奏&歌つき。ミティティはハンバーグみたいなものですが、肉がレア気味でした。

ミティティ


ロープウェイの山頂駅で会ったご夫婦、結局展望台には行けずに戻ったそうで、急いでホテルを出てロープウェイ乗ったまではスゴイですが、景色見れずに残念でした。躊躇なく人に聞くとか、字が読めなくても看板を見つけ解読するとか、勘を働かせるとか、小さいと思えることが結果を大きく左右する大事なことだと痛感しました。

2014/06/05 (3日目)

朝、散歩に行こうかと思っていたのに、外を見たら小雨が降っていました。そこで先に朝食をとりながら様子を見ることにします。朝食はあまり期待できるものではないですが、それでも手持ちの食料を取り出すまでもない内容です。結局、雨はあがりそうにないので、散歩は諦めました。連泊でまた明日もチャンスがあるからというのが理由です。

キャピトルの朝食


朝食の後、部屋に戻る前にエレベータの前や階段の踊り場などから旧市街の景色を楽しみます。旧市街側の部屋ならば部屋から見える景色はこんな感じです。

キャピトルから見たブラショフ旧市街


天気がイマイチなのでかえってトゥンパ山も幻想的な雰囲気に見えます。4年前に旧市街側の部屋だったので、部屋から見たこの景色が目に焼きついて、次はトゥンパ山に上りたいと思っていました。今回はそれが叶ったので、2度来た意味があったというものです。

トゥンパ山とブラショフ旧市街


次回はルペア~サスキズをレポートの予定です♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR