ルーマニア・シナイア~ブラショフ

今回から6月に行ったブルガリア・ルーマニアの旅レポートスタートです。
阪急交通社の10日間のツアーに旅ともさんと参加、旅費は燃油等込み24万円台。28PAX。

2014/06/03 (1日目)

両替ですが、日本円からの両替ができない場所もあるので、日本でユーロを10ユーロ単位で用意することをオススメします。

22:00 このところ5連続利用となるTK-0053成田発イスタンブール行きで出発です。
ターキッシュエアラインズ(トルコ航空)の搭乗レポートはこちら

2014/06/04 (2日目)

4:37 イスタンブール到着。7:50 TK-1043にてブカレストへ。
9:15 ブカレスト到着。ルーマニアでは両替は少しずつするのが教訓、ということで10ユーロだけ両替、40Lei(1Leu=35円)

10:20 空港を出発、今回のツアーはVIPバスと呼ばれる3列シートのバスを利用します。普通のバスよりピッチがありますが、私が一番魅力に感じているのは、このバスのお陰でツアーの人数が最大28名に制限されることです。

12:05 シナイア駅の上にあるホテルカライマンでランチです。バスを降りると、涼しい高原の空気を感じます。一見廃業したような様相のホテルですが、サービスなどきちんとしています。

シナイアのホテルカライマン


4年前に来た時にルーマニアの食事がイマイチだったという記憶は特にないのですが、ツアーの食事があまり評判よくないらしく今回特別にアンケートに協力お願いしたいと申し出がありました。料理は3コースで、まずはチョルバ(子牛肉の入った野菜スープ)です。ちょっぴり酸味があっておいしいです。

ルーマニアのスープ、チョルバ


メインはグリルチキン、サラダ付き。そしてデザートはチョコレートケーキです。一見普通のケーキですが、洋酒が利いていて、甘いけど大人の味でおいしいケーキでした。サービスも丁寧で食事に悪い印象はまったくありませんのでまず1軒目は問題なしです。

意外にも味わい深いチョコレートケーキ


食後は庭を散策しておいしい空気を胸いっぱいに吸い込みます。シナイアはカルパチア山脈のリゾート地で、観光は後日に予定されていて今日は通りがかりに食事に立ち寄っただけ、になります。のんびりした空気が心身をリラックスさせます。

ホテルカライマンの庭


13:15 ブラショフへと移動します。周囲の岩山の景観が素敵です。

カルパチア山脈


14:20 ブラショフに到着、そのまま観光します。まずは聖ニコラエ教会ということで旧市街の外れスケイ地区でバスを降ります。

ブラショフのスケイ地区


こちらが1392年創設のルーマニア正教の聖ニコライエ教会。内部は撮影禁止です。お香のせいでかび臭い匂いのするちょっと薄暗い教会です。外観が小さなお城のような美しさがあり、いろんなバラが庭先を飾っています。

ルーマニア正教の聖ニコライエ教会


聖ニコライエ教会の隣にあるのが、学校博物館です。元々は1495年創設のルーマニア最古の学校でした。前回来た時に内部を見学しましたが、今回はさくっと紹介のみです。

ルーマニア最古の学校


14:45黒の教会にやってきました。近隣諸国の中で最大のゴシック教会ということもあって、周辺では全景を入れて写真を撮ることができません。16世紀末にトルコ軍の攻撃で火が放たれ壁が煤けて黒くなったことから黒の教会と名がつきましたが、白っぽく見えます。修復などではなく雨などで黒さが薄れたとガイドは言います。

ブラショフ黒の教会


内部は撮影禁止です。現在はプロテスタントの教会です。中は明るく簡素ですが、祭壇はカトリックの名残で、オークの木の立派な祭壇があります。150枚もの古いトルコ絨毯や、火災を免れた黒い奇跡のマリアのフレスコ画、有名なパイプオルガンを見ることができます。巨大な教会はブラショフのランドマーク的存在です。

ブラショフ黒の教会


教会の裏手は町の中心スファトゥルイ広場です。雨がたまにパラつくかと思えばこの天気。ここから歩いてホテルへと向かいます。

スファトゥルイ広場


ブラショフは12~13世紀にゲルマン系のチュートン騎士団が作った町で、中世の香りがする所ですが、チャウシェスク政権に対して最初の抵抗をしたのはブラショフの民衆だったそうです。広場の中心にある旧市庁舎は歴史博物館になっています。

旧市庁舎とスファトゥルイ広場


町並みはドイツの影響を強く残した古いままの建物が残されていてとても雰囲気がいいです。丘の上には白い塔も見えます。

スファトゥルイ広場とブラショフの町並み


ブラショフは山に囲まれたような町で、すぐ背後にはトゥンパ山がそびえ、山の上のBRASOVの白い文字はかなり遠くからでも見ることができます。中心付近の町並みはどの方向を見てもほんわかするかわいい色合いで平和な雰囲気です。

トゥンパ山とブラショフの町並み


メインストリートであるレプブリチ通りは歩行者天国になっていて、レストランなどが並び活気ある雰囲気です。ホテルはこの道を抜けた所にあります。この道には空港よりレートがいい両替所がいくつもあるので、必要に応じ小額ずつ両替するのがよさそうです。

レプブリチ通り


次回はブラショフのトゥンパ山を中心にレポートの予定です♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR