スペイン・モンテドゴゾ~サンチャゴデコンポステーラ

2014/04/26 (7日目) 続き

19:00 モンテ・ド・ゴゾ(歓喜の丘)に到着です。ここは長い旅をしてきた巡礼者たちが初めてサンチャゴ・デ・コンポステーラのカテドラルの尖塔を目にするポイント。巡礼路最大のアルベルゲ(巡礼宿)がある場所でもあり、巡礼者たちが最後の休憩をする場所になっています。何かテープのようなものがはためいているようです。

モンテ・ド・ゴゾ歓喜の丘


なぜだろう・・・、テープでどうやらレースのコースが作られているようです。オートバイレースがあるのか、練習中と思われるバイクが横切る中をテープをまたいで丘のモニュメントへと向かいます。何故こんなところでレース・・・?

なぜかオートバイレースのコースになっている歓喜の丘


中世の巡礼者がたちが、カテドラルの塔を指差す像があります。その昔は、グループで最初に塔を見つけた人がその後グループ内で王と呼ばれ、今でも苗字にその名残が見られるそうです。

モンテ・ド・ゴゾ歓喜の丘の巡礼者の像


それにしても、バイクが行き交う中心に像があるのはちょっとどうなんでしょうか。
感動の場面も台無しです。数日のことだとは思いますが・・・。それにしても、ここだけ光が指しているようで、なんだか巡礼者が祝福されているように見えました。

土煙と日光をあびる巡礼者の像


今では塔を見つけるのは簡単。指差す方向をたどればいいんです。でも、かなり遠いです。塔の上部のシルエットがわずかに見えるだけ。実際は5kmないらしく、ここに泊まれば、明日午前中早くに巡礼のゴールを迎えることができるらしいです。

モンテ・ド・ゴゾ歓喜の丘から見るサンティアゴ・デ・コンポステーラのカテドラルの塔


19:30 モンテ・ド・ゴゾからバスで15分、コングレソというホテルに到着です。サンチャゴ・デ・コンポステーラの中心からはかなり離れている模様で、地理的にどこにあるのかさっぱりわかりませんでしたが、歩いて1分程度の場所にスーパーマーケットもあります。

サンティアゴ・デ・コンポステーラのホテル、コングレソ


部屋は広め、ミニバー、ドライヤー、バスタブ(ジャグジー付)あり。Wi-Fi無料(パスワードはフロントで)。

コングレソの部屋


部屋に荷物だけおいてすぐスーパーマーケットへ行きました。21:15までなので、夕食後だと閉まってしまうからです。スペインで最も上質と言われる白ワイン、リアス・バイシャス(Rias Baixas)や缶詰などお土産をゲットしました。

20:15 DNR@HTL
白ワインがボトルでたったの6ユーロ。そのワインですらおいしかったので、お土産に買ったワインは間違いなくおいしいはずです。まずはパスタたっぷりのシーフードスープです。

コングレソのシーフードスープ


メインはビーフ。デザートはサンチャゴ名物のアーモンドケーキ、タルタ・デ・サンティアゴです。ここまで一緒に旅をしてきたツアーの仲間たちと最後の夕食を楽しみながら、世界各地の旅の情報交換に花を咲かせました。

サンティアゴ名物のタルタ・デ・サンティアゴ


2014/04/27 (8日目)

9:20 ホテルからバスで20分、サンチャゴ・デ・コンポステーラの駐車場に到着です。ツアーでは必ずこの駐車場を使うようです。ここから現地ガイドと共に徒歩にて観光します。

サンティアゴ・デ・コンポステーラの駐車場


駐車場の周辺では巡礼グッズなどが売っています。最終地点で巡礼グッズ、本当の巡礼者は始める前とか途中で買うものでしょうが、バスで最後だけ訪れる人々にはお土産として売られているわけです。ホタテ貝とか杖とか。

サンティアゴ・デ・コンポステーラの駐車場付近で売られている巡礼グッズ


最初に通るのはサンフランシスコ修道院、現在でも8人の修道士がいます。このあたりから、ケーキやクッキーを試食させてくれるおばちゃんお姉ちゃんがあちこちに立っていて、声をかけてきます。ここを通る団体客がまたこの道を戻ってくることも知っているのです。

サンフランシスコ修道院


オブラロイド広場を目指して歩きます。ここは巡礼者の道ではないので、まだ静かです。時々クッキーを持ったメイド服に似た服を着たクッキーおばちゃんが出てきます。

オブラロイド広場へ


オブラロイド広場に入ろうとするその角で、巡礼者たちと合流します。続々とオブラロイド広場目指して巡礼者がゴールの瞬間を迎えようと歩いてきます。

オブラロイド広場に到着する直前の巡礼者たち


一緒に広場にたどり着いた巡礼者たちに拍手を送ると、彼らは最初は手をあげて応え、そして涙ぐみながら互いを称え合い、抱き合って崩れていきました。思わずこっちまでうるっときてしまいました。どこから歩いてきたかはわかりませんが、少なくても100km以上、しかもここ数日は相当にきつい道のりだったはずです。苦難の道をまさに今終えた巡礼者の達成感と感動をちょっとだけ分けてもらえた気がしました。

オブラロイド広場で喜びをかみ締める巡礼者たち


次回もサンチャゴ・デ・コンポステーラのレポートの続きです♪
(シトカからの更新でした)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは

不思議な光が、ほんとに巡礼者を祝福してるかのようですね!
どの国、どの宗教の人も、巡礼を達成したときの喜びはすごいのでしょうね。

シトカからですか〜何となく「雨」のイメージがある町です。
この後も楽しんでくださいね!

良かったです。

こんにちは!!
今はアラスカクルーズにいらしてるんですね。
船旅はいかがですか?
私は15日に帰国しました。
ayaさんのブログで予習をしていったので、随分気持ち的に楽チンでした。
ありがとうございました。
サラマンカのマヨール広場での凄い群衆の中でのライヴも楽しめ、最終のサンチャゴコンポステーラはツールドスペインのゴールの日と重なるというおまけ付きでした。
サンタンデールではayaさんが宿泊された海辺のホテルではなく、残念でした。
これからも、こちらにチョクチョクお邪魔したいと思っています。
よろしくお願いいたします。
ありがとうございました。

Re: こんにちは

里花さん

こんにちは!写真としてどうか別として、見たままの感じです。
なんだかとても眩しかったんです。
巡礼は、宗教に特にしても、あれだけ長く歩けば達成感はあるでしょうね。
そう思うと、私もいつかやってみたいです♪

Re: 良かったです。

reiさんこんにちは!
かなり楽しめたようですね♪予習も楽しいですが、復習も結構楽しいですよ。
予習はどうしても、頭にしっくり入ってこないものですが、復習すると、細かな背景とか
他人がたどった道とか、すごく興味深く想像しながらかみしめることができます。
旅が恋しくなったら、またときどき覗きに来てくださいね~お待ちしてます♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR