スペイン・ブルゴス大聖堂

2014/04/24 (5日目) 続き

13:05 サンティリャーナ・デル・マルからバスで約2時間、サンチャゴ・デ・コンポステーラへの巡礼路の大きな中継地でもあるブルゴスに到着です。泊まるホテルで荷物だけ降ろし、サンタ・マリア門の側まで行って、歩いてランチに向かいますが、雨がポツポツ降ってきました。

コロナ デ カスティーリャ ホテル前から見たブルゴス中心の町並み


13:25 カテドラルの脇サンタ・マリア広場にあるメゾン・デル・シッド(Mason del cid)というレストランでランチです。15世紀の建物を使ったレストランで、内部もすごく雰囲気がいいですし、評判の高いお店のようです。今回のツアー、レストランのチョイスを疎かにしていなくていいです。

メゾン・デル・シッド(Mason del cid)


温野菜に近いスープ、お魚。そして、デザートがこちら、ケソ・デ・ブルゴス。ブルゴスのチーズなんですが、豆腐みたいな感じで、チーズの味どころかほとんど味がしません。甘いゼリーと一緒に食べます。このゼリーがまるで羊羹のような感じで、なんとも言えない初体験のデザートでした。

ケソ・デ・ブルゴス


14:35 レストランから歩いてブルゴス観光へ向かいます。お店を出てびっくり、嘘のような青空が広がっている!さすが晴れ女です。風が涼しく気持いいです。ゴシックの傑作と言われるブルゴス大聖堂は巨大で、スペインの3大カテドラルのひとつ。ファサードを写真に収めるのも大変です。

ブルゴス大聖堂ファサード


ブルゴスではおもしろいローカルガイドさんが付きました。カテドラル(ブルゴス大聖堂)の入り口はサン・フェルナンド広場側になります。サンチャゴ・デ・コンポステーラへの巡礼地で、ここから巡礼をスタートする人も結構います。このベンチで昔の巡礼者と記念写真も人気のようです。

ベンチでくつろぐ巡礼者


元々は色がついていたという彫刻の施された入り口から大聖堂に入ると、内部はたくさんの区画に仕切られています。中央には、11世紀後半のレコンキスタの英雄エル・シッドとその妻のお墓があります。

エル・シッドの墓


カテドラルの中には20くらいの祭壇があるそうですが、中央の主祭壇にはやはり圧倒されます。クルミの木でできた祭壇は豪華で、細かい彫刻が施されています。このカテドラルはサンタ・マリア・デ・ブルゴス大聖堂といい、マリア様に捧げられたもので、祭壇もマリア様だけシルバーで作られています。

ブルゴス大聖堂の主祭壇


西の角の高いところに仕掛け時計があり、ちょうど15時になると言うので皆でスタンバイして見ました。目のいい私でも肉眼で見るのは難しく、カメラをズームして見てたんですが、一帯どこがどう動いたのかよくわかりませんでした。

ブルゴス大聖堂内部にある微妙な仕掛け時計


主祭壇の周りにも豪華な礼拝堂がたくさんあります。祭壇はクルミの木が多く使われているようです。現在、このカテドラルには23人の聖職者がいるそうです。
ある祭壇前にあったこのお墓はアラバスター製で、光をあてると美しく透き通ります。

ブルゴス大聖堂にあるアラバスター製のお墓


いつしか大聖堂というより、博物館か宮殿を見学に来ているような気分になってきました。1221年から完成までに300年もかかったというこのブルゴス大聖堂はお宝の宝庫みたいな所で、見所いっぱいなのに驚かされます。ただの柵でさえも目をひきます。

ブルゴス大聖堂内の柵の彫刻


天井や窓も見落とせません。こちらは1235年のバラ窓で、シャルトルのデザインと言われています。このバラ窓のステンドグラスだけが当初からのオリジナルだそうです。

ブルゴス大聖堂のオリジナルのバラ窓


入り口正面、北西の向きには、かつて巡礼者が使った出入り口と階段が残っています。16世紀のもので、現在は使われていません。まるで宮殿の階段のようです。

ブルゴス大聖堂内の巡礼者の階段


奥の礼拝堂にはマグダラのマリアの絵があります。レオナルド・ダ・ダビンチの作ではとの話もあるそうです。絵はオリジナルで、添えられた説明は「Leonardo da Vinci y Giovan Pietro Rizzoli Oleo sobre tabla(1515-1520)」。弟子のジョバン・ピエトロ・リッツォーリの作かも知れません。

マグダラのマリアの絵


見学コースは地階へと続きます。豪華な祭壇やら美術品、彫刻を山ほど見た後にも、素通りできない聖遺物などが入っていると見られる聖具などの展示です。ここまでお宝尽くしと思っていなかったので、最後まで、ノックダウンという感じです。

聖遺物入りの聖具


こちらは最初にお墓のあったエル・シッド(本名ロドリーゴ・ディアス・ビバール)の肖像画です。といっても、7年前に書かれたもので、超イケメンに描かれています。今風に美化されていると見て間違いないので、本当はどんな人だったのでしょうね。

エル・シッドの肖像画


ブルゴス大聖堂はただのでかい教会ではなく、まさに必見、単体で世界遺産に登録されているのも十分に頷ける存在でした。

次回は旧市街をレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは!

初体験のデザート
味って言葉で伝わりのくいのが残念です

食べてみたいな~

ベンチに座ってる人w
かなり日焼けそてますね(笑)

Re: こんにちは!

こんにちは!

木綿豆腐と羊羹を一緒に食べてみて下さい~。ほぼ同じ味と食感がします!
残念ながらあまり好みじゃなかったです(笑)

ベンチの人はかなり長い日数ここまで歩いてきたか、またはここで休憩し過ぎたんでしょうね(笑)

ただ、でかいんじゃない!

楽しみです。
地理に弱いので、地図を印刷して、行く予定の地名を順を追って印をつけてみました。
気温も調べたら思ったより低めで、長袖に羽織物も必要かな?とちょっと不安です。

Re: ただ、でかいんじゃない!

町々の詳細な地図も印刷するのオススメです。
もちろん、現地でもらえると思いますけど、事前にどこに何がありそうかとか、町の作り自体を頭に入れておくのがオススメです。私のブログを地図を片手に見たら、もう下見に行ったも同然!
現地に行ったら、人の記録を追う旅はオススメじゃないので、自分も絶対見たい、というのだけ参考にしてくださいね!
北スペインは、周辺に比べると年間を通して過ごしやすい気候だと思います。天気は雨が多め(私は晴れ女なので、ほとんど降らないけど)なので、運しだいではありますが、気温的には厳しくはならないかと・・・。
でも、重ね着対応をお忘れなく。
なお雨対策と寒さ対策にはポンチョがオススメです♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR