スペイン・サンティリャーナデルマル

2014/04/24 (5日目)

9:00 サンタンデールのホテルを出発しバスで西へと向かいます。
9:35 中世の香り漂う小さな町、サンティリャーナ・デル・マルに到着です。ライセンスガイドがいないと案内はできないので、各自で11:00集合の自由散策となりました。
駐車場はドミニカス修道院の裏側、町の南に位置しています。高い塀を周って、修道院の入り口に来ました。

サンティチャーナ・デル・マルのドミニカス修道院


中は見学できないようですが、玄関入ると修道院で作っているお菓子など売っています。扉はダンメダロップのようなものがあって、ここで商品の受け渡しをするようです。

サンティリャーナ・デル・マルのドミニカス修道院のお菓子販売所


サンティリャーナ・デル・マルはこじんまりとしていて、南北を通る3本ほどの道を中心として、数えるほどの道しかない小さな町です。人の少ないヘスス・オテロ通りを歩きます。道は石畳で、石垣が多いのも特徴のひとつです。

サンティリャーナ・デル・マルのヘスス・オテロ通り


町のメインストリートです。突き当たりにサンタ・フリアナ修道院(参事会教会)があり、道は写真奥の方はリオ通り、手前がカントン通りと名前が変わります。同じツアーの方たちがそろそろこの辺りに来ちゃうので、メインストリートはこのまま横切ります。

サンティリャーナ・デル・マルのメインストリート


人の少ないうちに町の雰囲気を味わいたいと思います。さらに人の気配のないラシアル通りへと足を運びます。この町は14世紀から18世紀の館などが残っていて、町全体が中世そのままに保存されています。

サンティリャーナ・デル・マルのラシアル通り


時間はたっぷりありそうなので、ラシアル通りをそのまま進むとすぐに町の外れに出てしまったので、苔むした長い階段を登って、ロス・オルノス通りに出ました。素敵な坂道です。

サンティリャーナ・デル・マルのロス・オルノス通りの美しい町並み


ロス・オルノス通りを上がっていくと、町の外れあたりは見晴らしがとてもいいです。
サンタ・フリアナ修道院(参事会教会)の一帯を見下ろすことができます。この教会の辺りが北の外れで、町の中心部は南北600mほどしかありません。

ロス・オルノス通りから見たサンタ・フリアナ修道院(参事会教会)


少し目線を左にやると、そこはもう緑の牧草地帯、のんびりした田舎の風景です。
ロス・オルノス通りはメインストリートから外れているので、観光客も少ないし、素敵な風景が見られてオススメです。

サンティリャーナ・デル・マルの北に広がる牧草地帯


そのまま道を行けば町から出てしまうので、ロス・オルノス通りを戻ります。すると三角形のマヨール広場にでます。左の建物が市庁舎、右は現在パラドールです。

マヨール広場と市庁舎とパラドール


10:00を過ぎたので、観光客の姿も多くなってきました。この町一番の見所と言えるサンタ・フリアナ修道院(参事会教会)へと向かいます。起源は定かでないようですが、9世紀にある修道士が聖フリアナの聖遺物をもたらしたことで、修道院ができ、周辺に集落ができるようになったと言われ、町の歴史でも重要な場所です。ちょっと見た感じは廃墟のようにも見えます。

サンタ・フリアナ修道院(参事会教会)


この教会は裏側へ周ると入り口があり、入場料3€で見学ができます。入り口近辺は壁や柱などが曲がっている所も多く傾きそうな気配ですが、回廊がとても趣があります。

サンタ・フリアナ修道院(参事会教会)回廊


回廊の柱の彫刻が1本ずつ違っていて、なかなか凝ったものが多くて必見です。

サンタ・フリアナ修道院(参事会教会)回廊の彫刻


礼拝堂にも入れます。思っていたよりしっかりとしているし、広い礼拝堂でした。古い石造りの教会だからか、暗くてひんやりしています。一人になったらちょっと怖い感じです。

サンタ・フリアナ修道院(参事会教会)の礼拝堂


サンタ・フリアナ修道院(参事会教会)を見た後は、メインストリートを南へ進みます。
この辺りがサンティリャーナ・デル・マルを代表する景色じゃないかと思います。
カントン通りは南へ行くとラ・カレーラ通りとまた名前が変わります。お土産屋やホテル、レストランなどが並び、ついつい足を止めたくなる店も多いし、石畳の町並みが最も素敵に見える場所です。

サンティリャーナ・デル・マルの美しい町並み


残り時間は町の隅から隅まで歩きながら帰ります。写真にも写っているブルーの服着たお姉さんとは何度もすれ違いました。この町はスペインで最も美しい町、かも知れません。最後に、インフォメーション下にある公共トイレに寄ってから集合場所の駐車場へと戻ります。

散策するだけで楽しいサンティリャーナ・デル・マル


石畳の小さな村は、緑の牧草地帯に囲まれたとても素敵なところでとても気に入りました。朝はあまり人がいなくて静かな感じだけど、続々と団体が増えてきていました。
800m先には動物園、タクシーで5分行った所には1万5千年前の壁画で有名なアルタミラ洞窟があります。壁画のオリジナルは公開されていないそうなので今回は行きませんでしたが、よほど時間がない限りは町を散策した方がいいように思います。

11:00 サンティリャーナ・デル・マルを出発し南にあるブルゴスに向かいます。車窓景色が素晴らしいです。

サンティリャーナ・デル・マルからブルゴスへ向かう車窓景色


次回はブルゴスをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ああ,アルタミラ

 歴史の本で読んだ事柄地名が バンバン出てくるので
 興奮します。アルタミラも 何回もページを開けたところです。
 サハラに行く途中の道を 東側に行ったタッシナ・ナジェールと
 とも に 古代の人の生活の跡が残る素晴らしい遺跡 
 元気があれば いってみたいです。

Re: ああ,アルタミラ

アルタミラ、目と鼻の先まで行っておいて、ちょっと悩みましたよ。
でも歩くには遠いのと、オリジナルが見えないんじゃ、と早々に諦めました。
どんな所に洞窟があるのかと、町を去る際に目を凝らしたけど、目の前は通らなかったか見逃しました。
特別公開とかあれぜひ行ってみたいですね~。

順調に

こんにちは。
すっかりayaさんと一緒に旅をしているような気分です。
おお!アルタミラの洞窟ですか。
公開してたら、是非みたいですね!!

Re: 順調に

コッツウォルズの村とか、フランスのもっとも美しい村、に負けない素敵な町がスペインにもあったのは
この旅行に行くまで全然知りませんでした。洞窟のことを諦めても悔いのない所ですね。
後半はサンチャゴへの巡礼路を巡りますよ~。

アルタミラ洞窟

保護のためオリジナルは公開されていませんが、ラスコーⅡと同じように、洞窟をそっくり復元してあります。CGや360度撮影解説もあり、みごたえはありましたよ。お時間のある方はぜひ!!
何よりアルタミラ(小高い楼望)の名のとうり神秘的景観もお勧めです。

Re: アルタミラ洞窟

かなり時間がないと、洞窟と町の両方をゆっくり楽しむのは難しそう。
私はレプリカだとテンション落ちちゃうので、優先度が下がるんですよね・・・。
でも、あの周辺、たしかに景色は良さそうですよね!
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR