フランス・トゥールーズ~ルルド

今回から4月に行った南西フランスから北スペイン横断の旅レポートスタートです。
クラブツーリズムの9日間のツアーに旅ともさんと参加、旅費は燃油等込で26万円台。30PAX。

2014/04/20 (1日目)

22:10 このところ4連続で利用のTK-0053便でイスタンブールへと向かいます。
ターキッシュエアラインズ(トルコ航空)の搭乗レポートはこちら

2014/04/21 (2日目)

4:50 イスタンブール到着。いつもより遅いなと思ったらサマータイムが始まってたのでした。乗り継ぎ待ち時間が結構あるので、ラウンジでゆっくり過ごそうと思っていたら、時間あるのでイヤホンガイドでツアーの説明しますと添乗員が言い出し、ツアー日程を最後まで詳しく説明し出しました。6:00過ぎにやっと開放され、トルコ航空を利用する一番の楽しみイスタンブールのCIPラウンジを堪能します(ラウンジレポートはこちら)。

11:00 TK-1805にて、トゥールーズへ。機内食あり。パーソナルモニターもない約3時間のフライトです。

13:40 トゥールーズ到着。トゥールーズ・ブラニャック空港はエアバス社の組み立て拠点でもあるので、珍しい飛行機を見つけました。エアバス・ベルーガ、白イルカの名前が付く貨物機で、エアバスの翼とか運んでいます。ぽっちゃり系の私は親しみを感じます。

トゥールーズ・ブラニャック空港のエアバス・ベルーガ


14:20 トゥールーズ・ブラニャック空港をバスで出発、今回トゥールーズの観光は含まれておらず、そのままルルドへ向かいます。車窓は新緑が豊かで、緑が輝いて見えます。この時期のヨーロッパは一番いい季節だと思います。

トゥールーズ近郊の車窓写真


今回ちょっぴり残念なのは、スペインへ抜けるのにピレネーは越えない点です。車窓から美しい山々を遠くに眺め、いつかピレネーでハイキングするぞと決意を新たにします。

ピレネーの山並み


16:30 ルルドのホテル、メルキュールインペリアルに到着です。ルルドの観光の中心、聖域まで徒歩5分くらいの好立地です。ポー川にかかるヴュー橋のすぐ近くにあります。

ルルドのメルキュールインペリアル


部屋は使いやすく、風呂トイレ別。バスタブ、ドライヤー、冷蔵庫あり。Wi-Fi無料(メルアド登録)。電源コンセントが廊下とバスルームにしかないのが唯一のマイナスポイント。

メルキュールインペリアルの部屋


飛行機の乗り継ぎがイマイチで、夕刻のホテル入りになるし、深夜便の移動だったからか、この日は観光がありません。19:00のホテルでの夕食まで時間があるので、早速町を散策することにしました。

17:00 翌日のツアーの観光で聖域には行くので、行かない方面を歩くことにして、ポー側の東側へ向かいます。グロット通り(Grotte)はなだらかな坂道で、ホテルやお土産物屋などがたくさん並んでいて賑やかです。

ルルドのグロット通り


ちょっぴり雨が降り出しました。通りはやや左へ続きますが、曲がった所の右に細い階段があったので、上ってみます。後で調べたら、ガルナヴィ通りという道だったようです。階段→高い所→景色がいい、という期待です。

ガルナヴィ通り


上った先は小さな広場に突き当たりましたが、興味深い泉や塔があるだけで、かなり高いところへ来たと思った割りには景色などはよく見えませんでした。

ガルナヴィ通りにある塔のある小広場


そのまま広い通りまで降りて、失った方向感覚を取り戻すために現在地を確認します。ブール通り(Bourg)に出たようです。近くに城塞があるのがわかったので、そちらへと足を向けます。やっぱりフランスだな、と思う素敵な町並みです。

ブール通り


ルルドの城塞は町の至る所から目に付くので、どうやって行くのかと思っていたら、ブール通りから入り口を発見しました。城塞は大好きなので、是非上りたいと思っていたら、全体が博物館になっていることが分かりました。展示物はともかく見晴しがいいだろうと、空いているようなので入場することにします。ピレネー博物館一人6ユーロ。

ルルドの城塞はピレネー博物館


チケット買うと、18時で塔も教会も閉めるから、と念を押され、エレベータに案内されました。エレベータで上がったら、素晴らしい景色が待っていました。天然の岩山を要塞にしてあり、見下ろす町並みが素敵です。

ピレネー博物館のエレベータの上からの眺め


町の東側の景色です。塔はサクレ・クールのものです。上機嫌で写真を撮ります。

ルルド城塞から見たルルドの町並み


さて、エレベータから先へ進むと、順路と主な見所、そしてもう一度クローズの時間をフランス語で念押しされました。フランス語はほとんどわかりませんが、言いたい事は分かったの、時計を確認して先へ進みます。17:30、あと30分と微妙な時間です。
英語のリーフレットの番号通り、一応展示をさくっと一通り見ることに。

順路は一方通行になっていてくまなく見られるようになっています。ピレネー地方の生活を表す展示がメインで、動物の展示とかもあります。

ピレネー博物館の展示


この要塞は、最初はローマ人によって利用され、一番古い記録はシャルルマーニュ(カール大帝)が778年に要塞を包囲したもののようです。その後、11~12世紀にはビゴール伯爵の城となり、16世紀以降には牢獄としても使われた長い歴史があるようです。こちらは順路の脇にあったのですが、いつの時代のトイレでしょうか。

ルルド城塞の古いトイレ


展示はゆっくり見ている暇はないけど、期待外れとも言い難いものでした。私たちが最後の入場者なのか見たところから鍵をかけているようです。急いで、塔に向かいます。高さ26m、最初は1314年に建てられ、1406年に再建されたものとのことです。

ルルド城塞の塔


104段という螺旋階段を上ると一番上まで上がれますが、大きくはない窓はガラス張りで景色が抜群とまでは言い難かったです。塔の入り口の所にあるテラスからの方が素晴らしい眺めです。ルルドの聖域が一望できます。楕円の芝生の近辺が聖域と呼ばれるエリアでいくつもの聖堂がありますが、それは明日のお楽しみです。

城塞から見たルルドの聖域


次回は城塞の続きからルルド散策後半をレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは。ヨーロッパの小さな町並みって、素敵ですね。レポートが楽しみです。五月の連休にスペインのトレドに2泊しました。高台から見た町並みや石畳の路地など思い出しました。

Re: No title

こんにちは! この規模の町は本当に素敵なところが多いですよね。
トレド、私が行ったのは6年前かな、もう景色は思い出せません(笑)
トレドも同じように古くからの歴史があり、川に囲まれた町で共通点がありますね♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR