コソボ・プリシュティナ~プリズレン

2014/03/15 (3日目) 続き

コソボの首都プリシュティナの車窓観光は続きます。スルタンが建てたというファーティヒ・ジャミーアそして、時計塔と忙しく車窓を右左と見ます。時計塔は19世紀のものだそうです。

プリシュティナの旧市街にある時計塔


広くはない旧市街の端まで行ってUターン、なんで車窓だけで徒歩観光がないのかちょっと不満に思いましたが、要するに見るべきものがあまりないというのが旅行会社の判断のようで、実際ちょっと納得です。旧市街の町並みと言ってもこんな感じでぱっとしません。

プリシュティナ旧市街の町並み


あの白い家は昔ながらの家ですってわざわざ紹介されましたが、せいぜい18世紀頃の家できれいに修繕されているのか古さを全然感じません。昨日一人で街中を散歩したので、街の雰囲気を肌で感じることができたこともあって、あまり未練を感じませんでした。

プリシュティナ旧市街にある古い家


旧市街を出るとがらっと雰囲気が変わり、現代的な街並みになります。マザーテレサ大通りの端にはスカンデルベグ像が建っていますが、写真中央のではなくて左の方に小さく見えるだけです。もう少し日が長ければ昨日もこのあたりや旧市街まで来れたでしょう。

マザーテレサ大通りとスカンデルベグ像


こちらは街の真ん中の空き地に残る未完のセルビア教会です。紛争があったことを感じさせる数少ない建造物と言えます。それほど、プリシュティナの街には痕跡も何も残っていないのです。

プリシュティナの未完のセルビア教会


そして、昨日歩いて来た国立図書館が見えてきました。脳をデザインしているんだそうです。これといって見所はないですが、新しいもの、ちょっと古いもの、そして少しおもしろいものが混在する一風変わった街です。

プリシュティナ国立図書館


マザーテレサ大聖堂に戻り、街を一周しました。ビルクリントン通りから街を出て、プリズレンへと向かいます。

8:35 ショッピングセンターにてトイレ休憩。スーパーに入るには荷物は大きさに関わらずビニールパッキングします。コソボ、マケドニア、アルバニアの3国はどこも物価は安いですが、中でもコソボが一番安いように思いました。駐車場には物乞いする子供もいますが、治安は悪くは感じませんでした。

プリシュティナ郊外のスーパーマーケット


9:00 再び快適な道路でプリズレンへと向かいます。幹線道路は本当に滑らかでびっくりです。天気も上々で快適な旅と言いたいところですが、ひとつだけ難点が。水のせいだと思いますが、手がガサガサ・・・。海外旅行にハンドクリームは必携ですが、消費が早いです(ホテルのアメニティ、ボディローションは代用に最適です)。

コソボの幹線道路は滑らか


早春の景色を楽しみながらの移動ですが、プリズレンが近付くと、雪を被った山並みが見えて来るようになりました。

プリズレン近郊の車窓景色


10:00 コソボ南部の中心都市、プリズレンの街に入ってきました。眼前にはきれいな雪山の山並みが迫ります。シャール山2740m、峰はマケドニアに属します。

雪山に見守れられたプリズレンの街


10:10 プリズレンの庁舎前でバスを降り、歩いて観光に向かいます。この庁舎の壁には、コソボの独立を認めた各国に感謝の言葉が書かれています。日本も独立を承認しているのですが日本語は見当たりません。よく見たら左側真ん中あたりに「ARIGATO GOZAIMASU JAPAN」とローマ字で書かれていました。

プリズレンの庁舎


庁舎から脇道を少し北に行った所、世界遺産の教会群のひとつレヴィシケの生神女教会へとやってきました。まさに危機遺産でもあることが分かる教会で、2004年のコソボ紛争の際に焼き討ちにあっているため、外観のみしか見ることができません。

危機遺産レヴィシケの生神女教会


街中にあるこの教会は柵で囲われているので、内部の様子はちらっとしか見えません。14世紀のセルビア教会、よく見るとフレスコ画がわずかに残っているのが見えます。

レヴィシケの生神女教会のフレスコ画


近くに建つ時計塔はとてもシンプルで、なんだか灯台のようです。

プリズレンの時計塔


庁舎前に戻り、川沿いを石橋のある中心部へと歩きます。とても素敵な町並みでワクワクして来ました。

プリズレンの町並み


次回も引き続きプリズレンをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは!

マザーテレサ大通り

中央の銅像がマザー・テレサ像かと(笑)
フェイクですね(^^)

No title

スーパーマーケット、商品って、主な輸入先はどこ?

スパークリング、スティルウオーター。お菓子。ハムなどの加工食品などは?

カット野菜などの、1人前用にできた惣菜用のサラダは、どうなっているの?

Re: No title

tookueさん、こんにちは!

この銅像誰だったけかな・・・。って私も思ってたんですけど痛いところつかれましたね。
マザー・テレサの銅像も町にはあるんですけど、さすがに違いますね(笑)

Re: No title

T.Tさん

スーパーの商品はヨーロッパ各国からの輸入品が多かったですね。中でも近隣のバルカン諸国のものが多いです。
品揃え的にはかなりそろっているので、日本の大きなスーパーと比べても遜色ないです。
野菜などはキロいくらの量り売りが中心で、カット野菜とか惣菜みたいのは見かけなかったかな。
バルカンの中でも物価がかなり安い方ですね。仕事さえあれば生活がしやすそうな国って印象です。
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR