コソボ・プリシュティナ

2014/03/14 (2日目) 続き

プリシュティナのホテル、ビクトリーのあてがわれた部屋は2方向が全面窓状態、外を眺めます。道路にしてもまだまだこれから整備されていくという作りかけの街に見えました。コソボの首都とはいえ、まだ復興途上という感じがします。

ビクトリーから見たプリシュティナの街


17:00 夕食までまだ2時間あります。旅の経験から一人で歩いても大丈夫そうな街の空気を感じたので、一人で散歩に出ることにしました。ホテルの位置すらわからなかったのですが、人の多い左の方へ行ったら、どうやらマザーテレサ大通りに繋がるメインストリートに出ました。

プリシュティナのメインストリート


ホテルから5分以内の所に小さめのスーパーマーケットを発見。旅ブロガーとしてはホテル周辺情報は押さえておきたいので、ひとつ義務を果たした気分になります。歩道の幅もゆとりがあり、人通りが多いので、自信を持って遠くまで歩いてみることにしました。

ビクトリーホテルに近いスーパーマーケット


それにしても、皆が私をガン見します。視線が痛いので、とにかく目線を合わさず、もくもくと歩きます。道沿いにスーパーマーケットは何軒も見かけましたし、飲食店や物販店もたくさん、おしゃれな店も多いです。広い歩道にはキオスクもあり想像以上に近代的です。

歩道のキオスク


しばらく歩くと教会らしきものが見えてきたので、そこまでは行こうと足を速めます。ホテルから20分くらいで到着したそこはマザーテレサ大聖堂でした。まだ建築中で、側面などはレンガむき出しです。

建設中のマザーテレサ大聖堂


ドアが開いていたので中に入ってみました。建築中だからか、内部はすごくシンプルで、ほとんど何の装飾もありません。外から見たとき、塔の上に人がいたので、塔の下に位置する所へ行ったら、入口らしき所は鍵がかかっていました。英語表記がないので、何時までやっているのかとか全然情報がありません。18:00ぽいけど・・・。

マザーテレサ大聖堂内部


そもそも教会が建築中ということは、塔も高所恐怖症の私が一人で上れるかもわからないので残念ですが諦めます。でも何だか心残りでした。教会内でガイドブックの地図をチェックし、近くの国立図書館を見て帰ることにしました。教会前の公園から建築中のマザーテレサ大聖堂を振り返ります。次に来る事があれば完成してるのでしょうから、是非塔にもチャレンジしたいです。

プリシュティナ中心にあるマザーテレサ大聖堂


公園の先に個性的な建物、国立図書館があります。なんだかとてもおもしろい形状ですね。プリシュティナの街は新しいものや古いものが交じり合ったおもしろい街のようです。

プリシュティナの国立図書館


急に暗くなってきたのでホテルへ帰ることにしました。視線が合うとすごい確率で話しかけられます。あまり冷たくするのもどうかと、途中で声かけて来たおじさんに返事をしたら、話が熱くなってきました。そうだ、私、何故か一部のアルバニア人男性に人気があるんだった、と前回アルバニアを訪れたときのことを思い出しました。

結婚してるのか聞かれたから、してると言ったのに、それでもしつこくせまってきます。君は僕の太陽だとか天使だとか、運命だ、コーヒー飲みに行こうと、そんなこと言いそうもない平凡な真面目そうなおじさんに何度も言われると、言い慣れてないせいもあってうまく断れません。

最後は時間がないからときっぱり断ると、諦めきれないという感じで、ハグハグチュッチュ・・・。18:00過ぎにホテルに帰着し、とにかくすぐに顔を洗いました・・・。

19:00 夕食は外のレストラン、ということでバスでホテルを出発します。
19:10 シンフォニーという素敵なレストランでお夕食です。実はついさっき歩いてきたマザーテレサ大聖堂から程近い場所でした。おしゃれな家庭的な雰囲気で、地元でも人気の店のようです。

雰囲気のいいシンフォニーというレストラン


ボリュームのあるサラダはバルカンらしいサラダで、メインは魚料理、デザートは焼きりんごでした。

サラダ


2014/03/15 (3日目)

8:00 ホテルを出発し、プリシュティナの観光へと向かいます。といっても、ツアーに組み込まれているのは車窓観光のみです。ビル・クリントン通りにはビルにクリントン氏の壁画と道の脇には銅像まであります。コソボにとって、NATOがユーゴへの空爆を行ったときのアメリカ大統領クリントン氏は英雄のようです。

ビルクリントン通りとクリントン像


マザーテレサ大聖堂、スポーツスタジアムだったところなどを通り、旧市街へと向かいます。道路が本当に滑らかです。

プリシュティナの道路


一番古いタシュ・モスクが見えてきました。ここあたりから旧市街です。タシュ・モスクはチャルシャ・ジャーミヤとも呼ばれる14世紀のものですが、現在修復中のようです。

タシュ・モスク


街中にも空間的な余裕を感じます。道路の広さ、さらには歩道や広場、公園などがゆとりを持って配置されているからでしょう。こちらは民族の統合を表した統合のモニュメント、だったと思います。

統合のモニュメント


旧市街へと入るとすぐに見えるのが、周囲から浮いた存在に見える宮殿風の建物です。こちらはコソボ博物館、ガイドブックを見るとなんと入場料無料だそう。どうやら元々の展示品は紛争前にセルビアへ持ち去られていて、あまり展示品がないそうです。

コソボ博物館


次回はプリシュティナ車窓観光続きからプリズレンまでをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR