コソボ・プリシュティナ国際空港~デチャニ修道院

今回から3月に行ったコソボ・アルバニア・マケドニアの旅レポートスタートです。
クラブツーリズムの7日間のツアーに一人参加です。旅費は燃油等込で約204,000円。39PAX。

2014/03/13 (1日目)

まずは両替について。コソボの通貨はユーロ、アルバニア、マケドニアは現地通貨がありますが、ツアーの場合、レストランやお店などユーロを受け取ってくれる所が多く、トイレチップも不要、スーパーなどではクレジットカードが使えるので、ユーロのみでも大丈夫です。私は前回の残りの現地通貨があるので、今回は両替なしで行きます。

22:00 最近お馴染みとなったTK-0053便でイスタンブールへと向かいます。この便は毎日30分早く出発するので忙しいです。ターキッシュエアラインズの搭乗レポートはこちら

2014/03/14 (2日目)

3:52 イスタンブール到着、日によって到着時間にかなりばらつきがあります。乗り継ぎの待ち時間はお気に入りのラウンジで過ごします。

7:40 TK-1017、イスタンブール発プリシュティナ行でコソボへ移動します。実は私たちの7日間のコースの他に、私たちと同じ日程で周り後半にクロアチアやセルビアなどに行く13日コースが一緒なのですが、そのコースのPAXが2名乗ってないと騒ぎになりました。うち1名は後から乗ってきましたが、結局もう1名はイスタンブールに置き去りになりました。深夜便で着いて、どこかで寝てしまい乗り遅れる人が後を絶たないので要注意です。(幸い次の便で夜にはツアーに追いつくことができました。)

8:05 プリシュティナ国際空港に到着。きれいな空港でちょっとびっくり。空港職員やイミグレの係官がフレンドリーで、荷物が出るのもとても早いです。気温は3℃、でも寒く感じません。

コソボ・プリシュティナ国際空港


8:50 デチャニへとバスで移動します。コソボは人口密度が高い国ですが、地方の風景は空間的にゆとりがあるように見えます。建築中の家も多く、復興途上という感じです。
煉瓦を積んで、外装はあまり気にしないので、むき出しのままの家が多いです。

コソボ車窓風景


9:35 NORAというスーパーマーケットでトイレ休憩です。大型のスーパーは見るのも楽しいです。激安のチョコとか売っていますが、よく見ると賞味期限が過ぎていました。早速、ビールとワインを購入しました。物価はかなり安いという印象です。

コソボのスーパーマーケット


主要道路は滑らかで快適な移動です。白い山並みの向こうはモンテネグロ、景色がとてもきれいです。道路際の線路は廃線だそうです。

モンテネグロとの国境の山々


さっきスーパーで買ったPEJAというコソボ唯一のビールメーカーの工場の横を通ります。ロング缶で55セントでした。

PEJAビール工場


10:50 デチャニ修道院に到着です。世界遺産に登録されているコソボの中世建造物群の一つです。入口で国連軍の警備があって、パスポートリストなどで入場許可を得てから敷地に入ります。高い塀でぐるっと囲ってあるのが分かります。

デチャニ修道院外観


修道院の門はなにやら一部修復中のようです。その前には国連軍の監視所みたいのがあります。田舎にあるし、危険な雰囲気などこれっぽっちも感じませんが、未だ国連軍の警備が必要な状況にあるという事なのでしょう。

デチャニ修道院入り口


中に入ると中央にきれいでかわいらしい教会が建っています。以前に見たセルビアのストゥデニッツァ修道院にちょっと雰囲気が似ています。

デチャニ修道院


周囲は宿坊などの建物や壁で囲まれています。その昔は100人いたという修道士も現在は25人だそうです。

デチャニ修道院


奥には小さな鐘楼のような塔もあります。中世セルビア王国のステファン・ウロシュ3世デチャンスキーによって1327年から建造されたセルビア正教の修道院ですが、保存状態がかなり良く、全体的にそう古いものに見えないのが不思議です。

デチャニ修道院の小さな塔


さて、鍵を開けてもらって中へ入ります。近くで見ると2種類の石の色がよくわかります。黄色ぽい石はオニキス、ピンクぽいのは地元の大理石だそうです。こういったソフィスティケイトな色合い、好きです。

デチャニ修道院の石


中へ入ると一面のフレスコ画が視界に広がります。ここは珍しく、フラッシュなしでの写真撮影OKです。内部には2つの大きな空間があり、手前の部屋は前室みたいな感じで、明るいイメージです。

ビザンチンブルーのフレスコ画でうまるデチャニ修道院


14世紀のフレスコ画が鮮やかに残っています。こちら家系図のフレスコ画。濃いブルーが印象的で、ビザンチンブルーと言って、1キロの色を作るのに1キロの金が必要と高価なものだそうです。

家系図のフレスコ画


頭上に目をやると天井はよりきれいに色が残っています。ビザンチンブルーの青がグラデーションの様に上に行くほど濃さを増すように見えます。

天井を埋め尽くすフレスコ画


部屋の角に置かれた卵型のものは洗礼盤です。そして柱を支えているのはライオン、だそうですが、見れば見るほどライオンには見えませんでした・・・。

洗礼盤とライオン


次回はデチャニ修道院の後半~ペーチをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR