トルコ・エフェソスアルテミス神殿~トロイ遺跡

2014/01/26 (13日目) 続き

12:10 エフェソス遺跡のすぐ近く、アルテミス神殿跡を下車観光、の予定でした。
いつもの場所は、雨でぐちょぐちょで歩けないからと、脇の方から一本だけ残る柱を見てください、とバスが止まりました。ちょっと遠すぎて、わからないんじゃ・・・。写真中央、木の間に立つ棒のような神殿の柱がわかるでしょうか?

アルテミス神殿跡


誰もバスを降りようとはしないので、ドライバーもドアを開けようとしませんでした。いくらなんでもこれじゃと、私は降りていいですかと聞いてバスを降りました。ちょっとズームしてやっとこんな感じです。ここ、世界の七不思議とまで言われたパルテノン神殿よりデカイ壮麗な神殿があったんです。でもバスからは他に2人しか降りてきませんでした。

アルテミス神殿の柱


エフェソス遺跡での豪雨ですっかりテンション落ち切っていたのと、濡れた靴を履く気分では全くなかったようで、柱一本にはもはや興味を示せなかったみたいです。
私はいつもバス用にサンダルを持ち歩いているので、こういう時にも重宝します。

12:20 SOFRAというレストランで昼食です。皆、昼食のために濡れた靴を履かなくちゃいけないのがかわいそうでした。食堂みたいな団体向けレストランで、メインはチョップシシ。ブロッコリーが大きいんじゃなくて、チョップシシが焼き鳥より小さいんです。

チョップシシ


13:20 昼食後は革製品のお店Kircilar Leather Artに立ち寄ります。トルコツアーでは絨毯、トルコ石、革製品はどこかで立ち寄ります。安いツアーのからくりのひとつです。
革製品のお店ではまずファッションショーがあり、その後ショッピングです。

革製品のお店でファッションショー


さて今回はこのお決まりのショーにモデルとして飛び入り参加してみました。舞台裏は暗くて、小さい楽屋みたいな感じ。適当なジャケットを着せられて、ポーズとか段取りを説明されて、すぐ出番です。盛り上げるためにわざとコミカルにモデルを勤めました。
ちなみに、ショッピングは値札から25%引きから交渉スタートで、そこからさらに30%くらいまけさせるのがコツです。モノはすごくいいですが、コートだと20万円くらいします。

14:00 アイワルクに向けバスで移動です。途中一度トイレ休憩を挟み
16:55 アイワルク、エーゲ海沿いのホテル、グランド テミゼル ホテルに到着です。この町は夏は人が20倍になるとのことですが、冬は静かな所で、周囲には店とか何にもありません。

アイワルク グランド テミゼル ホテル


一番奥のエーゲ海向き正面の部屋があてがわれました。珍しく冷えてるミニバー、ドライヤー、セーフティボックスあり。コンセント多め。Wi-Fiは無料(パスポート番号を登録してもらわないとログインできないので、設定に時間かかる)。

GRAND TEMIZEL HOTELの部屋


部屋からの眺め、すぐそこがエーゲ海です。夏なら泳げますね。ちなみに、屋外のプールは大きめなんですが、屋内にも小さな室内プールがあります(無料、22:00まで)。

グランド テミゼル ホテルの部屋からのエーゲ海の眺め


夕食までに時間があったので、砂浜の海岸を散策に出ました。ホテルの正面玄関出て、すぐ脇から外に出て、プールを横切って砂浜、という感じです。砂浜は延々続いていて、周囲には建造物などが全然ありませんでした。暗くなってくると、遠くの海岸線の灯りがきれいでした。

グランド テミゼル ホテル前の海岸


2014/01/27 (14日目)

7:30にホテルを出発し、トイレ休憩を一度挟みトロイへと向かいます。休憩するドライブインのような所は、お店の価格設定や、トイレチップの有無など良心的な所からぼったくりと思えるものまで様々なので、相場がわからないうちは様子を見るといいでしょう。

10:00 トロイ遺跡に到着です。残念ながら、雨、気温4℃。朝一だからか他に誰もお客さんがいません。入り口にはトロイの木馬、の復元模型があります。中に入ると隠れていた兵士の気分になれます。

トロイの木馬


まずは現地ガイドが木馬の脇で、遺跡図を示しながら遺跡の説明をします。もう何度も聞いた話なので、そこにいた猫ちゃんたちと遊んで待ちました。この子はゴミ箱(吸殻入れ?)が好きみたいです。ひざに乗ってきたりと人懐こいです。

トロイ遺跡の猫


最初は城壁沿いを歩きます。第6市の南東の塔とイースタンウォールです。トロイ遺跡の中で、最も状態のいい所ではないでしょうか。トロイは9層もの時代の異なる町が重なった遺跡なので、イメージしにくいですが、このあたりは3000年以上も前のものです。

トロイ遺跡イースタンウォール


遺跡は周辺から見るとちょっと丘のようになっているので、端からは眺めが抜群です。
昔はこのあたりまで海だったそうです。それにしても雨で気温も低いのに、高台のせいか風が強く、よりいっそう寒く感じます。

トロイ遺跡からの眺め


こちらは遺跡の中で唯一保護のために屋根のついた場所、第2市のメガロンです。壁が3つの層からなっています。ここは確か財宝が発見された場所です。

トロイ遺跡第2市のメガロン


ここはシュリーマントレンチと呼ばれる部分です。トロイ遺跡を発見したシュリーマンが掘ったトレンチで、今では考えられない乱暴な掘り方になっています。たくさんの層があるのがわかるトロイ遺跡の特徴を捉えた場所です。

トロイ遺跡シュリーマントレンチ


ここは見所のひとつ、第2市の城門の入り口です。入り口へと傾斜路が作られており立派な町があったことが伺えます。

トロイ遺跡第2市の城門


一番奥の方にあるのが第7市から第9市の聖域と呼ばれる場所です。生贄などをささげたりした場所らしいです。

トロイ遺跡聖域


遺跡を一周してから20分ちょっとのフリータイム。一応木馬にもあがって、トイレとか借りてギリギリの時間で戻ったら、皆は早めにバスに戻っていたようです。やはり雨が降ると極端にテンション下がるみたいですね。

次回はダーダネルス海峡~イスタンブールをレポートの予定です♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは!

ayaさん
旅には海外であろうと
カッパ・長靴は必需品です(笑) 重いってっか^^


ショーにでられたんですか
ポーズとかは?
「コマネチ」たけし風みたいなヾ(ーー )ォィ古っ

Re: No title

こんにちは!

長靴~持ってきている人は見たことないかも(笑)
スーパー袋みたいなので、靴カバーする人は見かけるけどね!

ショーはね、モデル風をチャレンジしながら失敗しましたって感じを狙いました。
ポーズで、通常出さない方の足出してみたりってね。コマネチまでは思いつかなかった!
ってビデオ撮ってる人いたから、あんまり恥ずかしいのも残してもね~
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR