トルコ・カラハユト~エフェソス遺跡

2014/01/25 (12日目) 続き

16:05 パムッカレの隣カラハユト村にあるサーマルコロッセアというホテルに到着です。カラハユトの端にあるので、むしろパムッカレのネクロポリスに近いホテルで、周辺には何もなく、村の中心までも遠いので散歩にも不向きな団体向けホテルです。

サーマルコロッセア


部屋に入ってみるとダブルだったので、ツインに変えてと言うと、隣の棟に連れて行かれました。いくつかの棟が廊下で繋がったホテルです。バスローブとスリッパは本来は15TLのオプションです。ドライヤー、ポット、ミニバー、DVDプレーヤーあり。Wi-Fiは10TL(パスポート番号の登録などが必要)。

サーマルコロッセアの部屋


さて、パムッカレのホテルでの楽しみはやはり温泉です。さっそく部屋で水着に着替え、温泉プールに向かいます。トルコのホテルは大抵スイミングキャップ着用が求められます(ここでは5TLで売ってる)。更衣室もあり、こちら温かい屋内プールです。

サーマルコロッセアの温水プール


上の室内プールをスルーすると奥には温泉があります。茶色いお湯で、ここは半分が屋外になっていて、アーチの下をくぐって外へ出るととても気持がいいです。プールは22:00までなので、夕食前に楽しんでおくのがオススメです(プール・温泉利用は無料です)。

サーマルコロッセアの温泉


このホテル、心なしか水道の水まで茶色い気がします。空調の効きがいいので、水着は一晩できっちりか沸きました。温泉設備や雰囲気はサーマルホテルパムの方が好きですが、ここも悪くないです。


2014/01/26 (13日目)

8:00 ホテルを出発し、エフェソスへと向かいます。雨が降っていますが、今日はカッパドキアは雪だそうです。雪のカッパドキア一度見てみたいけど、雨や雪だと気球も飛ばないし、散策もできないし、観光や移動がままならなくなるので冬季はリスク高いです。

11:10 トイレ休憩を2度挟み、エフェソス遺跡にやってきました。この遺跡では出口付近までトイレはありません。上の南の入り口から入場です。

エフェソス遺跡入り口


アゴラから見学、見学が始まると雨が止みました。
そうそう、昔、アマゾネスとか住んでいたのはこの辺りなんだそうです。神話になってる存在だし、大まかな話、ですけどね。

エフェソス遺跡上のアゴラ周辺


いつも同じあたりで写真を撮っているみたいですが、冬だと背景がまったく違って見えます。夏は暑いばかりで青空と緑がバックですが、今日は真っ暗な空です。いつ降り出すかハラハラ、観光終わるまでもってくれればと願います。

エフェソス遺跡上のアゴラ


こちら小さな劇場に見えますが、上の議事堂です。いつもなら勝手にカメラマンがこのあたりからぴったりとツアーについて回って後で写真を売るんですけど、今日は一人も見ませんでした。

エフェソス遺跡議事堂


クレテス通りを下り、ニケのレリーフまできたら、雨が降り始めました。このニケはあのナイキ(Nike)の名前の由来になった勝利の女神です。いつもならここで少し自由時間という感じですが雨が降りだしたので、先へ急ぎます。1/3地点くらいなので、もう降ってきたかと残念な気分です。

エフェソス遺跡ニケのレリーフ


クレテス通りは古代のメインストリートですが、この先からは見所満載です。というより普段であれば、ここから正面に有名なケルスス図書館が見えて感動する場面なのですが、雨で視界も悪く、図書館の影すら見えないほどです。

エフェソス遺跡クレテス通り


こちらトラヤヌスの泉。2世紀のものですが、修復されたものです。このあたりから雨が強くなり、ガイドすら口数が減りほとんど説明しなくなりました。

トラヤヌスの泉


土砂降りで、雷も鳴りすごいことになってきました。クレテス通りは坂道なので、雨水が濁流となって流れていき、歩く場所がないという感じです。私はカッパを着ていたので、手が空いていて防水カメラで写真も撮れましたが、もはや観光どころじゃないという空気です。

エフェソス遺跡のクレテス通りを濁流となって流れる雨水


ガイドも含めて、グループ皆のテンションがフリーフォールのように落ちていくのを感じました。足元と下半身はびしょ濡れ・・・。夏は日陰もないので、雨宿りも難しいわけです。モザイクや公衆トイレなどの見所も案内せず、丘の上の住宅の所まで来ました。ここは有料だけど屋根があるからどうですか、とガイドが問いかけましたが、皆さん放心状態で何も答えられず・・・。私は隣のオクタゴンを観察。ここはクレオパトラ7世の妹アルシノエ4世のお墓と推定されている八角形の建物の跡です。

エフェソス遺跡中心アルシノエ4世の墓オクタゴン


いつもならここで相当テンションがあがり、フリータイムが撮られるケルスス図書館ですが、今日は立ち止まる人さえほとんどいない状態です。ツアーの半分くらいの人はトルコ初めてだったはずでここは楽しみにしていたはずなのに、もうそれどころじゃないみたいで気付いたら視界には誰もいませんでした。

エフェソス遺跡ケルスス図書館


皆を追ってあっという間に大劇場へ来ました。紀元前5世紀くらいのものを増改築してきた大きな劇場です。いつも上まで上がり景色を楽しみますが、あれ、誰も来ない・・・。何回も来ている私がここまで上がっている間にみんな出て行ってしまいました。

エフェソス遺跡大劇場


出口に向かう途中で大劇場の全景を撮ることができます。ほとんどの人は早くバスに戻りたいという感じで一目散に出口へ向かって行ったようです。皆靴の中ぐしょぐしょで気持悪かったみたいですね。ガイドも急かすように出口に誘導し、あっという間に遺跡見学終了・・・。

エフェソス遺跡大劇場全景


見たというより通り抜けたというのが正解、40分くらいで駆け抜けてしまいました。通常ならば1時間と30-40分くらいかかるんですけどね。私がバスに戻るともう皆席について魂が抜かれたような顔をしていました・・・。

次回はアルテミス神殿~トロイ遺跡をレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ツアー客って、たかが土砂降りでせっかくの観光をあきらめてしまうんですね。
せっかく貴重な時間(仕事無い人が多いだろうから、そうでもないかな?)と大金かけて来ているのに、なんとももったいない話です。
私だと、下半身びしょびしょなら開き直って水たまりだろうと気にせずに突入するわけですけど、そういった発想の人っていないということでしょうか。

で、水たまりに突入しているかは知りませんけど、ayaさんは私と同類ということで安心しました。
大劇場の上に誰一人と上ってこないなんて、信じられません!

しかし、このツアーいいですね。ホテルも良さそうだし・・

コメントの返信でいただいた、
>安いので、客層は悪く、ツアーの嫌な面も多く見えてしまうかも知れませんので
という部分、
前に中国浙江省への激安ツアーに参加した時に十分見させていただきましたので、大丈夫でしょう。
人力三輪車の即興オプショナルツアー、参加しなかったのは私だけでした。躊躇していた人も、結局は右に倣え。
それ以外でも、鴨が葱背負って・・という局面をたくさん見て、激安ツアーが十分儲かることを知りました。
それ以降、ツアーには一切興味を持たなくなってしまったワケです。

Re: No title

この時の雨、まさにゲリラ豪雨って感じだったので、まぁわからないでもない状況?
それに13日目だったしね。ガイドもここまでの雨は初めてって言ってましたから。
むしろRさんや私の方がマイノリティなのかも(笑)
トルコあたりだと、安いし、直行便もあるしでまた来ればいいやと思った人も多かったようです。

トルコのツアーは安くても5つ星当たり前ですから、どれでもそんなに差がないですよ。
あ、でもこれ、冬場だったから、というのはありますけど。
中国のツアー体験している人であれば、それ以上ヒドイ体験はしたくてもそうできないと思います。
このツアーはコスパ抜群だったし、来年あったら私もまた行っちゃうかも、です(笑)

面白い記事に感謝

月並みな表現で恐縮ですが
「ローマ帝国sugeeeeee!」

Re: 面白い記事に感謝

エフェソスの遺跡はかなりの広さなので、古代の都市としても大都市だったことが伺えますね。
ローマの前から栄えていた都市ですが、クレオパトラやアントニウスが滞在したこともあるし、
聖母マリアの最後の地としても有名。まさに歴史の舞台、ですね!
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR