モロッコ・アイトベンハッドゥ

2014/01/19 (6日目)

6:30 電話が壊れているらしく、モーニングノックで起床します。何かしら普通じゃないのがこのパルムレというホテル。でも朝食のパンは焼きたてでおいしかったです。

8:00 ホテルを出発、ワルザザードの町を出てすぐアトラス・コーポレーション・スタジオを通過します。以前はPhoto Stopしましたが、皆の関心がないようなのでツアーから割愛することにしたのかな。ワルザザードは映画産業が盛んな町です。

アトラスコーポレーション


しばらく走るともう人工物が見当たらない景色になります。南部モロッコならではの自然の景色を楽しみます。道路は快適なので、ただの移動も楽しい旅の一部です。

ワルザザードからアイト・ベン・ハッドゥの車窓風景


8:30 世界遺産アイト・ベン・ハッドゥの全景が見える場所でPhoto Stopです。絵的にはこのちょっと離れたポイントからの光景が一番じゃないでしょうか。今は数家族しか住まない廃村に近い状態ですが、モロッコを代表する景色です。ここで、気温や風の強さをチェックして、上着などがいるかどうかを判断するといいでしょう。

アイト・ベン・ハッドゥ全景


写真スポットから少し移動してバスを降り、徒歩にて観光へ向かいます。村は丘になっていて頂上付近は風があると寒いこともありますが、今日は風もないので、上着は置いていきます。

アイト・ベン・ハッドゥはモロッコを代表するクサル、つまり要塞化された村で、ベン・ハッドゥは部族の名前です。3年ぶりに訪れてみると、なんとコンクリートの立派すぎる橋ができていました。以前は川をじゃぶじゃぶ渡ったのがいい思い出です。足が濡れる心配はなくなりましたが、ちょっと風情はなくなった気がします。

アイト・ベン・ハッドゥにかかるコンクリートの橋


橋を渡った入口は、以前川を渡って入った場所から見ると、左脇の方に当たります。一応地図なんかもあります。迷うほどの大きさではないので、地図など見ずにブラブラ歩いて全ての道を歩くのがいいんじゃないかと思いますが、ツアーで来た場合はここの観光はガイド次第です。丘の上まで案内する場合もあれば、ちょこっと入ってすぐ出る場合もあるそうです。移動の都合上フリータイムはほとんどないと思っていいでしょう。

アイト・ベン・ハッドゥ地図


クサルの中は一見迷路のように見えますが、丘に張り付くような村なので、実はそれほど複雑な所ではありません。以前にも増してお土産屋がいっぱいですが、日本人グループは時間がないのを知ってかあまりしつこくはないです。おじさんはお土産にかかった砂を独特な道具で取り払っています。

アイト・ベン・ハッドゥの道はお土産屋がいっぱい


建物はすべて日干し煉瓦や泥などで作られ、村中が砂色一色です。カスバの四隅には塔のようなものがあり、ベルベル人が作ったカスバの特徴でもあります。それにしても保存というか、頻繁な補修なしにはこの景観は保てないことでしょう。

アイト・ベン・ハッドゥのカスバ


壁は厚いですが、この通り、土と草だけが原料です。放って置けば崩れるのは自明です。以前、お宅訪問をしたことがありますが、中はかなり普通の家っぽくなっていました。実際住むには相当なメンテナンスが必要なはずで、私だったら不自由さにすぐに逃げ出すと思います。

泥と草でできた建物


少しずつ上へと上っていきます。家のほとんどはお土産屋などに使われていますが、現在でも数家族が住んでいます。家畜スペースなども垣間見ることができます。

家畜小屋


途中、まるで通路が家の中を突っ切るような所も通ります。そういった場所からも時々後ろを振り向くととても素敵な風景が見えます。

アイト・ベン・ハッドゥの素敵な景色


しばらく行くと、丘の中腹くらいの所へ出て、ここから上は建物がなくなります。
その辺りから通ってきた方向を見下ろすのがオススメ。間近に広がるアイト・ベン・ハッドゥの村が一番きれいに眺められるポイントだと思います。

アイト・ベン・ハッドゥを上から見る


丘の頂上まで上がっていきます。頂上部分の一番上は、かつての貯蔵庫が残っています。
この貯蔵庫を一周するような形で高台からの眺めを堪能します。天気が良ければ眺めは最高。小山のようなものは映画グラディエーターのロケの場所です。このアイト・ベン・ハッドゥはいくつもの映画の舞台に選ばれています。

上から見たアイト・ベン・ハッドゥとグラディエーターのロケ地


村と反対側の景色も見逃せません。雪山をかぶったオート・アトラスも見えます。今日はこれからあの山々を越えるのです。

アイト・ベン・ハッドゥ丘の上からの眺め


また別の方向を見ると、そちらは荒涼とした大地が広がります。360度どの方向を見ても素晴らしく、いろんな景色を楽しめます。もう日本で下らない事に頭を悩ませたりする自分がバカバカしく感じる、無になれる、そんな景色です。

アイト・ベン・ハッドゥの丘の頂上からの絶景


頂上で十分に景色を楽しんだ後は丘を降ります。途中から別の道を通ったりして村の雰囲気を楽しみながら帰りますが、この日日本のツアーが他に2グループも来ていました。最近はモロッコは人気が高まり、ツアーも増えたようで、日本人をあちこちで見かけるのがちょっとがっかりですが、多くの人に見てもらいたいと思う気持もあり複雑です。

アイト・ベン・ハッドゥの村並み


次回はティシュカ峠~マラケシュをレポートの予定です♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは!

>荒涼とした大地が広がります。360度
は凄いですよね~
海なら日本でも見えますが

人間って悩みはつきものなんですね~
返って悩みが無いのもよくないのかも?

広大な気分に私も浸りたいですヽ(*´з`*)ノ

Re: こんにちは!

こんにちは!
外から見てよし、中から見てもよし、すごい所に村があります~。

悩みがない人生なんてないんでしょうけど、吹けば飛ぶような悩みに
煩わされるのはバカらしいですよね!
この場所は一皮むけるの間違いなしです♪

No title

お久しぶりです。
モロッコに再度行きたいと思うので 拝見していますが
アイト・ベン・ハッドゥにコンクリートの橋、びっくりしました。
景観がグンと下がりますね~。 残念・・・
それに 土産物屋もあるんですね。 14年前は確か無かった!
住んでる家族も もっと少なかった気がします。
いずれにしても・・・変わったなぁと言う印象です。
頂上から見た 登りとは反対側の景色が 月世界みたいだと
感動したのですが そこは変わってませんよね。(笑)

Re: No title

お久しぶりです!

モロッコ、景観は変わっていませんが、とにかく日本人観光客がものすごく増えました。
もっとも3月までがピークだそうですけど。

アイト・ベン・ハッドゥの橋、かなりしっかりとしたものがかかっていて確かに景観的には
どうよって感じです。正面よりは左手奥ですが、なかった方がやっぱりいいですね。
高所恐怖症の私が安心して渡れる程度の橋で、どうせかけるなら吊り橋とか、木の橋とか情緒
のあるものが良かったのでしょうけど、川で流されてもと思って長年持ちそうなものにしたのでしょう。

エジプトなどの影響と、めずらしくモロッコ旅行の旅費が下がっていることもあって人気みたいで
観光客のあしらいは少し変わっているように思いますが、景色は変わらないと思いますよ♪

No title

初めまして。
モロッコと言えば地中海!リゾート!のイメージでしたが、
こういう一面もあるのですね。
海外のこういう町全体が一つの雰囲気で統一されている姿は美しいなぁ。

Re: No title

はじめまして!コメントありがとうございます♪

モロッコは他のどこの国とも違う独特の風景が楽します。
どこより自分が異邦人になった気分になれる国です。
似たような村はたくさんあるんですけど、ここは保存状態もいいし周囲の風景も素晴らしいので
ここだけで世界遺産っての頷けます!
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR